Tips-コンディションの整え方いろいろ

日々のコンディショニング方法をば。
生活にて結構優先してるコンディションについて。

僕としては健康はそこまで優先度の高いテーマではないのですが(あまり実感もないので)
コンディションは毎日パフォーマンスを高めたく、それを軸に設計してる。
調整ができてないとキモチ良さ、不快に対する耐性、やる気の全てが目減りする感覚。

ということでコンディション調整は何やってるかを。以下。

 

まずコンディションと言ってもいくつもあって、
俺は[筋肉疲労][内蔵疲労][精神疲労]の3つから身体を捉えてまして、
その3つとも方法が別にある。

基本すべて疲労が出たら休息するのが一番なんだけど、
どのように休息を入れるのかというのをポイントに。

 

[筋肉疲労について]
・筋肉は1日ハードに動かして、1日軽く動かして、1日普通に動かして、1日休む。
というのが大体のサイクル。
本当のピークへ持っていくコンディションは多分違うと思うのだけど
(疲労に疲労させて、そこから負荷を緩くしていって当日にピークを持っていくと聞く)
日々のキレを出すなら、このサイクルでいける。

・ハードの折は負荷を高めるか(キロ4分で走る)、時間をとるか(2時間走る)。
筋肉痛を感じるのがハードの目安。

・そしてポイントは軽く動かすなんだけど、これは全体を満遍なく小さく動かす感じ。
それぐらいだと身体が回復してような感覚がある。
通常キロ5分で走ってるならば、キロ7分ぐらいで走る(早歩きぐらい)
それを8キロぐらいダラダラ続ける。終わるとダルさだけ抜ける。時間がたつと疲労はまた元に戻ってきますが。

・あと休むときは、同じ部位の筋肉は使わないように注意する。その筋肉は修繕中。動かし注意。

 

[内蔵疲労について]
・古来の日本人の食べ物の習慣から思うのだけど、日本人は油を消化、分解する能力が低いように思う。
僕の場合、油を取り過ぎると明らかにダルい。欧米メニュー連打きつい。
もともと肉がそんなに好きではないのであまり食べないが、イタリアン続きで油増えると、がっつりとキレが落ちる。
あと出張帰りも必ずキレ悪。

・そんな時は油抜きをする。
油が入ってるかどうかを精査して、入ってないものを中心に構成する。
大豆製品がお供なんだけど、それをベースに色々と。24時間ぐらい油を抜くとキレは戻る。

・あとお酒はここ2年ぐらい節制しており、一日飲めば一日空ける。昨日までの3日連続飲みが最高に体調悪し。
家飲みは缶ビール2本半。外飲みは生5杯を基準(当然飲み過ぎることも)あとは水もがぶ飲み(効果あるか不明)
外飲みの場合は可能ならば2日空けるようにしてる。
それでも酒飲むと午前中のパフォーマンスは落ちる(特に集中力が落ちる)
酒飲まない方針も考えたがハードな負荷をかけたあとのBEERのブラックアウトしそうになる旨さはなかなか。
ただ焼酎、日本酒、ワイン、ウイスキーはどれも好きだったのだけど体調のために、全て日常では封じた(半年に一度ぐらいにしてる)

・全て満遍なく食べるのがキレの一番。
ただ肉は週一ぐらいしか食べないので、動物性たんぱく質は魚から。
とはいえビタミンB12とタンパク質が取りにくいので、
2日に一度プロテイン摂取。不味いんだけど、優先のために・・・。筋肉回復速度も違う。
ムキムキになるのがキツイが。

 

[精神疲労について]
・基本的な自身の能力として、環境適応能力とコミュニケーション力が低く、
出張などのインターバルが無くテリトリー外の時間が続く環境が辛い。
新幹線3時間がまず苦痛で、そこから打ち合わせ連打と飲み会にて10時間は会話し、
酒と油で内蔵もダメージがあり(行く前にかならず走ってから新幹線に乗って、前日から油控えてるのだけど)
ホテルでも環境に適応できず眠りも浅い、翌日もずっと打ち合わせ。
にて帰りの新幹線、グッタリ。他のおっさんは旨そうにプレミアムモルツを飲むが、飲まないルールにて酒は飲めない。
この精神困憊をどうするか?

・新幹線ではムリだけど、日常ならば外界との接触をシャットアウトして(テレビも電話もメールも)
内省的な書籍でも、アホみたいな漫画でも読んでれば回復するのだけど、
(4時間ぐらい没頭してると復活してる)出張だとそうとも行かず。あと誰とも喋らずに走ってても回復。

・これを帰りの新幹線にて構築できた。
帰りの新幹線では内田光子ピアノ・リサイタルを聴きに来たと思い込もうと。
ということでMP3プレイヤーにてインナーイヤフォン装着にて、インプットの情報が入ってこないようにし(脳内にてイメージだけ作る)
内田光子のシューベルトのピアノ・ソナタを爆音で聞いてる。
車内の揺れという不快さもノリながら聞いてると思えば不快ではない。
いやーこれが本当に良い、京都駅に着く頃には精神疲労がだいぶ抜けており、家でゆっくりとしてると、翌日にはキレやや戻り(精神のみ)

という感じの3段にて、
もう少しいろいろやってるのだけど、
イメージとしては、日々回復するというターンをどこかに設ける。ハードな負荷を入れたら食事は豪勢にしてエネルギはーしっかり取ったりと、
いろいろやる。
また精神の疲れは当日に取るサイクルを構築するのがポイントであります。

ここまでしてキレをキープする必要があるのかは悩ましいのだけど、
俺としては以前の起床後のダルい感じな日々はもう結構という想いもあり、もう少しいろいろ練りたし。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。