雑感-たくさんの女性を見て思うこと

街角で数万人ぐらいの人間をジーっと見てきて一番思う一番は、
なんだか退屈だな。ということだったかもしんない。

 

若い子でよくあるのかがロングコートにミニスカートでロングブーツか、
年配の方は、ロングのダウンジャケットに地味なニットという感じが多い。
色は茶と黒とグレーしか存在しないかのようないでたち。
日本人なんて髪が黒いんだから、色入れたほうが楽しいだろ。と思うのだけど、
いかに外さないか?が人生における重要必達事項のように見える。外すと強烈な
罰ゲームが待ち受けてるようなそんな世界。
いや、俺が分かってないだけで、すげー冒険してるのかもしんない。どうなんだろう。

ただそれを見てバカにしてるのか?と言われると全然バカにしてないのだけど、
主流がそうなってくると、やはりそれを着用するほうが友達はできやすいし(好
きなモノの共有による同属判定は楽だ)はっきりと男受けもいいのだと思う。で
もそれだけでいいのか?と。

 

モテたいし、友達が欲しいの分かるんだけど、こちら側にその人がうまく伝わってこ
ないというか、この人の何かを知りたいという思いも沸かなければ、まずこちら
に迫ってこない。ヌルい温度の薄い味のお粥を食べてるような感覚。
これオレ食わないといけない?みたいな。

力強さでも、鮮烈さでも、陰影でも、何らかの感情をこちらに想起させてくれれ
ば凄く興味が沸くのだけども、興味が沸かない。

 

人が生きるって、
もうすこしアクティブなものじゃないかなという気がする。
決してファッションをパッシブな手段として使うべきじゃない。
その人にアイデンティファイされてないと全然ツマラナイ。
もっとイキイキとしてくれよ。とパッシブな自分は思います、ええ。

 

 

ただそんなパッシブな自分が真っ赤なセーターと真っ赤な靴でクリスマスパーティーに行ったら、ずっとそれをいじられるという。

でも僕らはもっと自由でいいんだ!もっと多用でいて、もっと複雑でいい。
効率と合理性だけと求めると、どんどんやせ細っていくぜ!
・・・とかこんなこと書いてると、
あーだから中学のとき、バンダナ巻いてたんですか?とか言い始める奴が居るんだけど、そういう奴はマジで爆発しろ。
だから真夜中なのに黄色のサングラスつけてたんですね。とか言い出すヤツ、家族全員前歯だけ虫歯になれ。帰れ帰れ!!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。