hideki-コーディネーター紹介-kanaeさん

帽子を使ったコーデをhidekiに提供してくれるkanaeさんであります。
神戸国際会館の14+という帽子専門店にて働いております。

以下にて。

kanaeさん連想ワードを並べるとするなら
「らんらん」であり「るんるん」であり「わんわん」じゃないかなと思う。
別の言葉を並べるならば、
「もふもふ」であり「ふかふか」であり、「はむはむ」じゃないかと思う、
話してるうちに、まあhidekiもバタバタしてるけど、
最後は何とかなるのかもしれないな。というキモチになってくるから不思議だ。

「kanaeさん、14+の店長がふんわりって言ってましたよ」と伝えたところ
「え~わたしとしてはキビキビしてるつもりですけどね。へへへ」であります。

緊密は緩和され、重力はひとつ目盛りを落とし、色はひとつ彩度をあげる。
話してるうちにまわりの色はピンクがかり、枯れた草木も心なしかみずみずしさを取り戻したように見えた。

すぐれたストーリーテラーが聞き手に向けてワクワクドキドキするようなストーリーを語ることができるみたいに、
優れた帽子コーディネーターはファッションの楽しさを伝えることができるのかもしれない。
もっと帽子でENJOY!というるんるんでらんらんなkanaeさんのコーデによって。


hideki-コーディネーター紹介-kanaeさん” への1件のコメント

  1. ピンバック: コーディネーターhidekiとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。