Tips-アンガーマネージメント獲得への道

最近めっきり何も書いてなかったので、改めて。

何だかんだで日々イライラする事は多く、ボクもそうだったのだけど、毎日イライラしても疲れるばかりで生産性も悪く、アンガーマネージメントにチャレンジしてみようと半年前に思い立って、色々やってみましたよと。

以下。統括。

色んなテクニックを試して見た結果。

[俯瞰的にみる]
・これはどこでも言われてるけど効く。
例えば電車の中で、電話してる人とかさ、化粧してる人が居れば、まあイライラするんだけどさ、
このイライラ製造元の回りの乗客を見てると、落ち着くことは多い。苦虫潰したように化粧してる若い女性の顔を見てるおばちゃんとか、
電話の声に対して、ずっと咳払いしてる人が居たりで、それを見てると、どっちもどっちのように思えてきて、なごむ。

[イライラするところには近づかない]
・これが最強なんだけど、でもやっぱりそうも言ってられない。
オレは特に予想できることを予想してない人にイラつくタイプであり、
スーパーのレジで待ってるのに、財布用意してないとかに出くわすと、クラクラくる。
過去に一度でも「可愛いからお代サービス」などの恩恵があって財布を出さずに済んだことがあれば許すけどあったのかしら?と。
永遠の末っ子気分で出す習慣がまだ身につかないのかな?と。スーパーが好きでよく行くので、スーパーは困ったなと。

[俺に怒る資格があるのか?と問うてみる]
これは残念なんだけど、思いっきり「ある!!」と答えてしまい効果はなかった。

[本当のイライラの原因はどこにあるのか?考える]
俺が一番イライラというか目眩がするのは、ゴミのポイ捨てだ。
これが結構来る。後ろから鈍器で殴ってやろうかなって思うぐらい腹立ってしまったりしてまして、わりとポイ捨ての人に注意もしてしまうのだけど、相手も確信犯だったり、会話が成り立ちにくい人も多く、トラブルになることは多い。
で何度もトラブルを経験してきて、思ったことは「街が汚れることに苛ついてるんじゃなく、常識からの逸脱っぷりに腹がたってる」のだな。と。
ということでちょっと発想を変えて、社会の役割として、アイツはポイ捨てする役で、俺は拾う役だ。そう決めてから移動のさなかにゴミを見たら大体捨てるようにしてる。
これぐらいからあまり腹は立たなくなった。まわり持ちだよね。拾えば手は汚れるけど、心が綺麗になるんだ!って言いたいけど別にそんな純粋な動機じゃなくて、
自分が苛つかないためのアンガーマネージメントだ。でもさ、わりとキモチイイってのはある。安っぽい正義感だろうけど、カロリー過多の今、良い面は多いぜ。ゴミ拾い。

統括として
人間の数パーセントで逸脱者が交じるの仕組み上さ、仕方がないわけで、
全員が完璧だとそれはそれでつまんない。あと中国のごみ問題を見てると、人間がどうこうより、倫理は教育のたまものという所も多い気もし、
あとさ、昔はゴミ捨てる奴なんて居なかったとか言う人は居るんだけど、昔はもっと暴力に満ちてたじゃないかという事も思ったり、
だもんでまあ、あまり苛つかないように自制中、アホを愛せよ。

あとさ本質的な話としてさ、自分も誰かを苛つかせてるわけなんだよね。俺の書類管理能力は、誰かを苛つかせるために身につけたかと思うほどに鈍臭いのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。