物欲-cardゲット

図書カードを頂く。

通常本を買うのはAmazonであります。
すなわちフローとしては、本を検索して、そこからレビューと発売年を見ながらポチポチ発注。
日常であればこれはこれで大丈夫なんだけども、
この方法だと範囲外の本に出会いにくい。

だもんで定期的に本屋に行くわけなんだけども、リアルだと欲しい本があってもレビューも見ずに3000円もする本をスラスラ買っていけない。
Amazonだとスラスラ買うくせに、リアルだと途端に手が出ず、動きが鈍り、そして澱む。

というときのための図書カードだ。チャレンジな本で失敗しても全然OKな感じが楽しい。
なお実際はレビューなんかよりも自分で判定した本のが良い本に出会うことが多い。
(ちなみにアマゾンで良書かどうかの判定は中古の値段が落ちてないかどうかだ。落ちてるものはたいていイマイチ)

なお現在東京駅に居てまして、時間が20分ぐらいあるちゃーある(早く行かない)
やるか。東京図書カード。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。