日々-ブログを書くと、ささやかだけど効果があること

朝起きて5分以内に仕事モードに突入したいとは思ってるのだけど、人の常でありましてなかなか脳が思考するモードに変わらないことがある。
そんなときは、わりとブログが効く。
何も考えなくても、こんな風に適当に書いてると、知らない間に仕事モードに入ってることが多い。

たしかサマセット・モームが書くことが何も思いつかなくても、取りあえず椅子に座って何かを書くようにしてると言ってたんだけど、これに近い感覚で、書くという行為を通じて、仕事という長くて遠い神経細胞までつながってる感覚。タイプするごとにシナプスが結合する。かどうかは知らないけど、ボチボチ効果あり。

ただデメリットは2つありまして、
ひとつは、俺のメールに返信もしないくせにブログ書いてやがる。と思われることと。
もうひとつは、エントリーのクオリティがこんな感じで徹底的に落ちるってことだよ。ったく。

さあ仕事モードになってきたし、仕事へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。