日々-年をとるということ

ボクはなぜか昔から年齢と考えの変遷について強く心が惹かれる。
同じ作者の20歳で書いたエッセイと40歳で書いたエッセイがあれば迷いなく40歳に書いたエッセイを選ぶ。可能ならふたつとも読んでどの考えが消えて、何を捨てて何を拾ったのかを考えてみたい。
人は30歳を過ぎるとどうなるのか。人は40歳を過ぎるとどうなるのか。みたいな設問に興味がわく
ただ1歳年を食うだけだよというのもクールな見解なんだけど、そこは大きな分水嶺のように見える、そこを超えるには何かを捨て、新たに何かが見えるようなそんな境目のような。

そしてそんな50歳だの60歳だの人たちの本を読み、そしてその人達がボクと同じ年に書いた本を読んでると思うことは本当に色々ある。
とはいえ、それらをコツコツ雑感として文章に書いてエントリー化する気合と時間は今ないので、こんな消化不良なエントリーでタイプを終えるのだけど、上手い年のとり方をしたいなとは思う。ボクは早く年を取りたいとずっと思ってきたタイプの人間だけども、それでも年をとる数が増えるにつれて、年を取るのは色々と辛いこともあるんだなーと思うことも増えてきた。これからもドンドン年を取るだろうし、しっかりと年を取る準備はしていきたいなと。ちと年寄りクサイエントリーだけども。うまく年を取るのは(40、50歳の人を見てて)非常に難しいことのひとつなんだろうなと思うのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。