仕事-20歳

毎日、コーディネーターを含め20歳前後の子と話す機会は多い。
なんだったら自分が20歳の時よりも20歳の子と話す機会が多いかもしれない。

当然ながらと言うべきか、日々彼らと話しながら自分が20歳の頃を思い出したりする。
有用なコトとか無用なコトとか色々。
ボクは学生ベンチャーという恥ずかしい肩書(俺が言っても良い肩書ではないような気がするが)からキャリアをスタートさせたので、20歳のころは既に仕事をしてた。
その当時を振り返ると薄ら寒い思いではあるが、どうしようもなく生意気で世間知らずでバカだったように思うのだけど、あまり細かい内容は思い出せず、バタバタと手を動かしてたように思う。
ボクは誰からもモノを教わらずに一人でやってきたタイプで、大量の本を読みながら(この大量の本を読むというのはボクが後天的に身につけた大事な資質の一つだとは思う)、頭をゴツゴツぶつけながら失敗を繰り返してきて今に至る。というわけで、自分でやったきたタイプの常であるように、人にモノを教えるのが極端に苦手だ。

もし神様が現れて20歳の自分に何か一言アドバイスを送っていいよと言われても思いつかない。
何を言うだろう。「あんま飲みすぎるなよ」とか「歯を磨けよ」とかそれぐらいしか出てこない。
うーん。何を言うだろう。
これまで大きなトラブルから小さなトラブルまで数えきれない色々が降りかかってきたけども、それらも必要な出来事と言えば必要な出来事だった気がする。

というわけで、ボクはコツコツ裏で仕事をしてますので、アドバイスみたいなのはなかったりするので「自分で仮設を立てて検証しよう」ぐらいしか思いつかない。そこに痛みを伴わないときちんと学ばないような気がするのだ。仕事でも恋愛でも。いやわかんないけど、たぶん。きっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。