仕事-仕事は楽しいものなのか?

若い人たちと話す機会が多く。その流れで再考してみる。
ボク自身、寝る前に「早く明日にならないかな」と思ってるタイプなんだけど、誰かに「仕事は楽しいか?」と聞かれると「楽しみな事もあるけど、基本楽しくはない」と回答するように思う。以下

このへんは説明が難しいのだけど、ワクワクして寝れない日なんかも実際あるけど楽しいかと言われると回答に困る感じだ。
ちなみにだが「仕事を考えてワクワクしてる状態」が良いことだとは思っていない。

というのも、基本的にワクワクしてると寝られない。遠足の前日寝れないように寝れず。
これは長期的なレンジで考えると、あまり良くなく、当然ながら時間が経過しテンションが落ちるとパフォーマンスは下がる(永久にワクワクしてたら、ただの睡眠障害だ)他にも弊害があって、最悪なのが旅行だったりで、そのモード時の旅行では「旅行とか行きたくないなあ、仕事したいなあ」みたいなことになる。

というわけで、そこまでテンションが上がらないように、23時移行はあまり仕事をしない。寝る前にビジネス書を読まないようにしてる。適当な小説を手にとって適当なページをタラタラ読んでると、仕事モードにならず気持よく寝れる。

うーん、でもさ何がそんなに仕事で楽しみなのか?と問われると凄く困る。
細かい部分で色々あるんだけど、おおきい部分で言うのは難しい。基本的に仕事は大変だし、緊張もするし、プレッシャーも多いし。面倒なこともイッパイあるし。
でもさ、それらの中にもコアな部分で、仕組みというか総体として楽しみな何かがあるのだと思う。具体的に何か分からないのだけど。

それは退屈で理不尽なRPGをやってるような感じに近いかもしれない。
人によっては「クソゲーやめーた」となるかもしれないけど、ボクの場合「バランス悪いけど、魔法のエフェクト格好いいな」とか「レベルアップマゾいけど、雑魚戦白熱するな」とか何かを見つけて楽しんでしまうところがある。そしてクソゲーのRPGでも慣れてくれば楽しいし、レベルが上がれば楽しいし、知らないことを知るのは楽しい。自分の戦略とか編み出したりもまあ楽しい。
そういったおかしみをいくつか見つけて、適当にそれらで楽しんでるような気がする。。さすがにもう少しバランスの良いRPGをやりたいなと思わないことでもないのだけど。

とはいえ、リーダーのポジションに居る人間が仕事が楽しいからどうだとか、楽しくないからどうだというのはあまり関係なく、求められるべきは成果なので、まあそこは適当に成果に一番近い道を探りながらやりたいなと。
楽しいとかはまわりのスタッフとかパートナーが思ってくれるのが一番で、それらのコミットを通じて全体の成果に繋がるサイクルを作りたいなと。
というわけで、成果たいして出てないくせに、仕事楽しみやがってと石を投げたりしないでいただきたい。楽しくて、そして力もついて、仲間も増えるような場となるよう引き続き頑張ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。