日々-散歩

先日近所を散歩してると、愛犬写真家に写真を撮られる。

「犬の写真を撮っても構いませんか?」と言われ、写真を撮られ、用紙を渡され、犬のプロフィールを書かされる。
カメラマンと気の利いた会話をしたいとは思うが、それよりなぜオレは寝ぐせをつけ、こんなダルダルのトレーナーを着て犬のプロフィールを書いてるのか。そして汚い字すぎて、自分でも上手く読めない。「何か汚い字でスイマセン」と謝ってしまい、相手も恐縮し、爽やかで楽しいコミュニケーションを望んでるであろう相手の空気をぶち壊してしまう。どうすればよかったんだろう。多分ボクは、もう少し締まったトレーナーを着るべきだったんだ。アメリカンでカジュアルで陽気なトレーナーと、シンプルでラフでファンキーなチノパンを合わせるべきだったんだ。またいつか訪れるであろうチャンスに向けて努力をしていきたいと思う。


日々-散歩” への2件のコメント

  1. そういう時便利なサービスがありますよ、シーンに合わせたコーデを見つけれるサイトが。

  2. へー。面白いサービスだなあ。でもコーデ丸ごと購入だと高いんだろうなあ。
    2アイテム5000円ぐらいのサイトがあれば便利なんだけどなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。