物欲-久しぶりのマンガ

気づけば今月もまた明日から東京出張。
この2日にてお願いしたい事をまとめて投げつつ、出張時の打ち合わせ内容をまとめつつだが、帰ってきてからの脳を休めるための内容をまとめてなかったというわけでいくつか漫画をゲット。

なぜか毎度新刊にて買ってる何食べた。
が到着が12月3日だったので購入までは至らず。

たださ、なぜこの漫画を毎度買ってるのか分からない。
ページをめくる手が止まらんというわけでもないのだけど、「ゲイ」の視点に触れるのがとても楽しい。いかに自分が「ゲイ」視点を持ってないのかというの腹から理解する。性的な描写を排除してるので、そこらも読みやすく(ここまで排除すると、逆に気になるが=手すら繋がない)読みながら「なるほどー」みたいなことは多い。(例えば「ゲイは調味料の話が多い」とか「ゲイ受けしないアイドルとするアイドル」とか。イチイチ面白い)

南 Q太の母と子の描き方の上手さは一線超えてる。
ピンクペッパーとか本当に唸ったので、これは期待もてる。
ピンクペッパーはあくまで母からの視点であり、子と母の視点ではなかった(あくまで母のみ)
同じベクトルにてどのように描くのか。それも長編。楽しみすぐるということで発注。

この人は「どんな方向でも良いから圧倒的なまでに尖らせた人」を克明に描き、それに立ち向かう主人公というのが基本構図。
そしてその岸辺露伴というキャラは、非常に良いバランスの人物であると思う(信念は誰よりも強いが、思いっきり物事に動じる。そして最後はその信念に準拠する。というところで絶妙だ)
そしてそれは短編こそ力を発揮する部分はある
ただ彼の弱点として、その哲学というか見せたい方向へのまとめたい熱が高くて、後付ありまくりの結論(あれってどうやって勝ったんだっけ?みたいなの)があり、納得がしにくい部分があるのだけど、短編にはそんな感じを受けず。彼の短編はわりと好きだ。ジョジョでも物語中の登場人物の短いエピソードが好きだったりする。(それでも長編より短編のが面白いとは言わない)

というような楽しみまとめ。
さて明日からの東京もサクサクがんばろう。っと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。