日々-雪による日々の違い

関西のどこもそうだったと思うのだけど1月19日は雪。
鴨雪
朝の散歩に出ると、積もっていた。
雪による日々の違いはシンプルであり、
・とても新鮮で誰もがテンション上がってるように見える
・みんな写真撮ってる
・最初はいいがすぐに歩きにくさと寒さに気づく。
・犬も初めはテンション高いけど、次第に寒さに負ける。

さあ、帰ろうがいつもより5分早い感じ。
基本雨と一緒で足がベチョベチョになり、冷たさで感覚が無くなりで、雪による空気の爽快さはすぐに消える。

鴨川雪

んで雪でも気にせず走ったわけだけど、
雪と日常のランの違いもそれなりにある。
・見飽きたランニングコースも新鮮。
・ただ別に雪が降るからランニングしてて寒いってのは無い。走り始めが少し辛いぐらい。
・久しぶりの雪だと、こんなにも人は雪だるまを作るのか。
(10キロのランにて30個ぐらい見たような気がする)
・鴨とか鷺とか全然雪を気にしてない。何ら違い発見できず。雀は何か餌が見つけやすいようでテンション高め。
・雪がシンシンと降るなか走ってると、自分がとてもストイックな人間になったように思える。

そんないつもとちょっと違う日々ではあるが、たまには雰囲気が変わるので楽しい。
ただ走りにくいし、歩きにくいしで、たまにで良いかなという気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。