仕事-場を作るということ

1_1280

昔、自分は「飲み会」開催のたびに「どうやったら飲み会が盛り上がるか?」というのを考えてから、飲み会に参加してた。
あのメンバーならこの話題が盛り上がるな。とか、落とした方がいいかな?お題やネタで跳ねるほうがハマるかな?とか、メンバーのメンタリティから考えて、飲み会の方向性を練ってから、飲み会に参加してた。
その折の成否判定として、

・井上さんって、めっちゃ面白いですね。と言われたら負け。
今日の飲み会って、何かめっちゃ楽しかったと言われたら勝ち。

という基準でやってた。
これは「いい音と言われスピーカーは2流。いい音楽と言われるのが1流のスピーカー」というところから。
なので、俺が喋るのじゃなくて、喋りすぎな人(自慢ばっかりしてるとか、ウンチクばっかり喋る)をセーブさせつつ(止めると怒るので、セーブ)喋ってない人も楽しめる話題や方向に場のベクトルを向けていく感じ。

なぜこうしたのかと言うと、自分としては「個人が面白い」と言われるのも嬉しいのだけども、それよりも場が弾けてみんなが楽しそうなほうが楽しいことに途中から気づいて、そっちにシフトしていった。「何かわかんないけど、めっちゃ楽しかったー」となると、ボクはとても嬉しい。まあボクの力なんて微々たるものだと思うのだけど、それでもその試みを続けたのは、とてもためになった。

そして最近は飲み会の楽しさよりも場作りをコツコツ頑張ってる。
これも先ほどの成否判定と同じであり、
・井上さんって優れたリーダーor経営者ですねと言われたら負け。
優れたチームですね。と言われたら勝ち。

というのでやってる。
別に優れたリーダーなんて言われた経験も無いのだけども、まあそれでも自分の目指すべき方向は場であり、チームである。

俺の自己顕示欲なんてとんと無いので、何とか場作りやら仕組み作りやらにコソコソ頑張って、優れたチームですねと言われたいもんだなと。
井上?あー社長だっけ?ぐらいでOK。誉付近は一切不要。自分でモチベートできるので、可能ならまわりの人達が賞賛されると良いなと。
ってわけで、みんなが「この会社orチームが好きなんっすわー。」言えるような、言い合えるような場を作りたい。
それでいて、それなりに高い給与+以前言ってた1年頑張ったら丸々1ヶ月休めるような仕組み(面白いアウトプットを出すために人とは違うインプットをすべしというのは基礎的な考えとしてもってる)何かも導入したい。
俺は誰かにとって楽しい場を作ることを仕事にしたいので(今ならファッション好きが活躍できる場つくり)そこだけさせてくれれば、特に文句はない。

そしてこんなことを考えつつ、みんなが楽しくて、勝手に頑張って、頑張った分だけ返ってくると(報酬だけじゃなくて仕事でも=新事業かってにやっていいとか)どんどん成長するような気がするのだけども、上手くいくか。はてさて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。