雑感-年を取るということ

1280

もしアナタが今から富士山を登頂するとして、どのような準備をするだろう?もしくはエベレスト登頂なら?
防寒着やピックを用意するかもしれない、当然水や食料も必須だ、アンダーウェアや雨用のグッズも必要かもしれない、怪我や病気を考えて応急グッズなんかも持っていくかもしれない。
天候や気温や重量など、自分の能力を考えたうえの準備をするに違いない。
サンダルと短パンで登頂狙いますというのはパフォーマーかバカのどちらかに思う。

多分それぐらい念入りに準備をするだろう。エベレスト登頂というのは生半可なモノではないのだ、多くの困難や苦境は想像に難くない。

そして最近、人生においてエベレスト登頂並みの困難が「うまく年を取ること」だと感じてる。
もちろん人はダラダラと年を取れる。ただダラダラと上手くの間には、とても大きな壁が存在してる。

ボクは昔、1人飲み屋ハシゴというの半年ぐらいしてたのだけど(1日で3軒心斎橋の飲み屋をハシゴする)その折に色んな人に出会ってきて、そのなかで何人もの上手く年を取ることが出来なかった人に出会ってきた。
彼らと話していると、とても落ち着かないキモチになる。
彼らが話してることと、彼らの行動が、しっくり来ないことがある。理想と日々の行動がごっちゃになってるような話が多い。
Aという道をたどってた話は、当然Aという行動に結び付けられると思っていたら、Dという行動に出たり、決意表明という結果に落ち着いたりということが多い。

そして、彼らの多くが、かつて幸福であった日々を懐かしんだりしてる。
当時は普通に得られてきたモノが、時間を通過することにより、「理想」となり、「ストーリー」となり、「憧憬」の対象とすらなる。
社会学では、昔の自分と比較して(他人でも)今を不幸と感じることを「相対的剥奪」という。
そしてそれは客観的な話ではない、あくまで主観的な自分の視座からの過去と自分と幸福のヒモ付だ。
そして原因は常に「他」にある。自分にはない。
言うまでも無いのだけども、その原因と結果の因果関係は誰にも分からない。彼がそう思うのなら、そうかもしれないね。という話となる。

うまく年を取るということの難しさはここにある。富士山登頂ならば、またアタックすれば良いのだけども、年を取るということは、基本的に後戻り出来ない。不可逆的な進行であり、ある分水嶺を跨いでしまうと、もう後戻りは出来ない。とても残酷である。

ボクは彼らと話していて、とても生きにくそうだなーという感覚を覚えるのだけど、その感覚はうまく言語化できない、
それらは彼らの痛みとなり、執着してしまう何かとなり、彼らの心に消化できない何かとして収斂されていくようなモノとして見える。
そして彼/彼女は一般論化の道を辿ることになり、それらは何かの行動によってそれらが具現化される。とても歪な道を経て、それらが具現化される。
それらは横で聞いてて、気持ちのよいものではない。ただ日々まともに生きるにはそれしか選びようがないから、それを選んでるように見える。
心から楽しんでいるのかボクには分からないのだけど、少なとも全て楽しいのではないのだろうなというのは推測される。

出来ることなら、そのような年の取り方はしたくないなと思ってしまう。過去を憧憬して日々を生きることだけは避けたい。
そのためには今を頑張れなんて結論に落とすつもりは無いのだけども、出来るだけ頭を働かせて、年について想像をしておきたい。
ボクがうまく年をとることで参考にしてるのは、ミック・ジャガーだ。
彼は「40歳を超えてもサティスファクションを歌ってるくらいなら、死んだほうがマシ」と言ってたと聞く。そして彼は60歳を過ぎた今でもサティスファクションを歌い続けてる。とても一生懸命。そこに上手い年の取り方をヒントが隠されてるような気がしてならないのだ。
年を取ることによって何かを捨てる必要がある。そして形ある何かから、形のないプロセスにシフトさせていく必要がある。うまく年を取れなかった人たちは形を追い求めてることが多い。
プロスポーツ選手と同じだ。今まで楽に勝ててたものが途端に勝てなくなる。いくら努力をしてもさっぱり勝てない。その折にプロであれば引退という道を辿ることになるのだけど、僕らは引退という選択肢は持ちあわせていない。その折に、何を考え、どのように行動するのか?それが大事なような気がする。まだあまり結論めいたことは出せないのだけども、ただそれに関して、高い難度なんだろうなとは予想がつく。出来るだけ今から入念に準備をしていきたい。年を取るというのは全ての人にとって初めての経験に違いないのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。