日々-最近の読書

1_1280

日々、結構なタスクが降りかかってるなーと思いつつ気楽に捌いてたのだけど(タスクぐらいでイチイチバタついてられねーぜの心境であります)来月の末までにやればいいのかなと思ってた@1日1時間掛かるであろうタスクが1週間以内に必要とのことで、結構な量になりつつあるなと。そういってると顧客対応まわりの詰めだったり、新サービスのパワポ作れだの、ありがたいことにファッション誌に文章寄こせだの、役所へ走れだの、求人内容のチェックしろだの、諸々のロジック詰めだったり、書き出せば終わらないほどに毎日細かいタスクがドカドカ詰まれる。昨日も木曜は1日フリーかなと思ってたら、打ち合わせが計3件になってしまった。金も3件、土日も入りそうで戦々恐々。

と話が長くなったのだけど、それはさておき、そんな日々にも関わらず通勤時間の長さというのはスゴイもので、面白いように読書は進む。
だもんで、以前はビジネス書以外は読めない日々だったのだけども、ずっと読みたかった仏教界隈の書籍や、震災についての本、棋士についての本なども、きちんと読めてる。
1日1.5冊、年550冊ペース。超ヒマ全盛期の半分ぐらいのペースで読めているので、自分で言うのもあれだが、このタスク量で脅威の読書量に思う。日々アウトプットばかり出してるので、とても嬉しいサイクル。
たださ、やはりというか脳は疲労してるので、あまり頭には入ってこない感じもあり。そこらはとても悩ましい。
だけど、インプットの量が多いせいか、アウトプットはわりとスムーズに進む。
このブログもアウトプットがスムーズからバタバタでもつい書いてしまい(どうしてもインプットが多いと吐き出したい欲求高い)が、脳は疲弊しておりアウトプットの質はグズグズな日々である。
全てが上手くいくというのは中々に無いなと。そして本エントリーも昨日のエントリーも全然精査できてないのだけど、まあそれも備忘録と言えるはず。というわけで気にせずアップ。1日机に座って仕事がしたいなあっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。