Tips-良い文章の書き方

tumblr_ms9n0ted0Z1st5lhmo1_1280

こんな感じで日々文章を書いてるが、改めて自分の文章を見直すと、ガックリ来ることは多い。
日々、まともな文章が書きたいなあという想いである。
自分の下手な部分を明らかにするのは、避けたいところであり(そうPDCAを回しているのだ)
どんな文章が良い文章なのか考えてみる。

良い文章とは、

「読ませる文章」

と考えてる。
構造も用法も気になるところはあっても、グイグイ前々へと読ませる文章というのはとても良い文章に思う。
彼は一体なにを語ろうとしてるのか?伝わり、そして最後まで読ませることに成功してるのであれば、文章の目的を果たしてる。
そりゃ読ませても文章として理屈は破綻してたり、少し視野が狭いかなと思わないでもないが、それとこれを分けるとすれば、読ませたいことを読ませるが良い文章と考える。

というわけで、どうすれば読ませる文章になるのだろう?ということを何度も考えてきて、今思うところをまとめてみる。

1,書き過ぎない文章
これは長く文章を書いてると分かるのだけど、自分の意図をきちんと伝えたくてつい補完的に文章を埋めてしまうことがあり、とても冗長な文章になることが多い。
それによって読ませるに大事な空白や間の多くを損なうことになり、読ませない文章になる。ある程度捨てるという考えが大事。既に3年ぐらいこれにチャレンジしてるが、効果が出てるのかとても謎である。まあ文章は短くなったが、試みはまだ継続中であり、日々書き過ぎないようにと注意してる。

2,テンポのある文章
説明が難しいのだけど、文と文とのつなぎ方というか(接続詞ではなくて)送り方というか、リズムのある文章というか、そういう文章はとても読みやすく、読ませる。これは出来る人には出来るし、出来ない人には出来ないの領域に思う。著名のブロガーさんの多くが持ってたりする。

3,威張らない文章
何というか背伸びした文章というか、それが透けて見える文章は、別の感情を想起し(この言葉どんな意味で使ってんだろうな?誰かに当てた自己ブランディング的な文章かしらんとか)読んでると疲れる。そんな修飾は無しに自分が伝えたいことを自分が持ってる言葉で自分のフォームできちんと伝えるのが大事に思う。あとさ、この単語を使われると辛いというのもあって、文学系で言えば「コンテクスト(文脈)」とかさ@真顔で言われるとクル物がある・・・。ビジネスで言えば、なんだろうな。でもビジネスは何だかカワイイのだけど「ディシジョン(決定)」とか「イシュー(課題)」とか、ええっと(まわりに使ってる人はいたら怖いが聞いたことはない)。いや別にね説明で抽象化する際に横文字を使うのはそれが概念だと伝えるために有効な手段であり、いいのだけど、以外の部分で(概念として使わないのに、んで流れも無いのに)出てくると、背伸び感満載であり盗んだバイクであり、ライムがリリックでフレーバーであり、駆けつけのオンザロックであります。とはいえ俺も昔爆裂に使ってたなと。昔のそれは「コアコンピタンス」だと思う。いま書いてもキツイ。10年前言ってたなあ。コアコンピタンスって、辛いなあ。コアコンピタンス、語感から感じるところありますよね、コアコンピタンス。

というのが出来ているのが読ませる文章と考えてる。
やはり一番大事なことは、自分が伝えたいことがあり、それを伝えようという意思である。
よくあるのは構造もしっかりしてて、文章も整合されてて、理屈も破綻無いのだけど、退屈な文章というのは世の中に大量にある。

こういうのは音楽でも同じで、とても洗練されてて高いテクニックを持ってるのだけど、この人何が言いたいんだろう?みたいな音楽というのがあり、それは最終的に誰にも何も伝わらないように思う。アートでもそうだし、もしかすると仕事でもそうかもしれない。この人、知識もあるし、技術も経験もあるんだけど、一体なにがしたいのだろう?というような感じ。あるのかな。わかんないけど。

まあ結びとしては、40歳になるまでにはまともな文章が書けるようになりたいなと。いうところだ。目標があるのは自分としても望むところだが、遠い目標であり、なかなか大変である。20代の頃もそう言ってた気がするので、早く人間になりたいなあの心境であります。本ブログでもコツコツ涙ぐましい努力を続けていきますので、凡才の軌跡をご確認いただければ。よろしくどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。