hideki_翔ぶために必要だったもの

hidekiシステム開発会議では「それ、イキってないっすか?」
という、調子に乗ってるのか?どうかの判断が大事なポイントだったのだけど、
オッサンが集まりファッションについて語ってるうちに、気づけばイキる/イキらないで話さなくなっていった。

いつしか我々は「貪欲にイキるべきなんじゃないか」という思いに変わっていった。
そのはじまりはとある帽子屋さんの打ち合わせルームの写真から。

いただいたのは当然、

ポートスタイル株式会社の会議室。
なんとすべてマックブックエアー、MBAであります!!
MBAを2台を同時に見るなんて経験を皆さんはされたことありますでしょうか。
僕は無い。アップルストアでも見たかどうか。。。それぐらい、違いますでしょうか!

そして、その写真を共有したおり、クローバー社小山さんが
「足りないPEACEそれや」と吐くように呟いた。

翌週には即効でヨドバシ梅田に買いに走る小山さん。10年ぶりに食べるチョコレートの銀紙を破くように封を開ける小山さん。
なぜMBAではなくハイスペックのMBPが必要なのか分からないが、小山さんが買ったのはMBPだった。MacBookプロ・・・。

「井上さんのは、Windowsやったかいな。」という言葉を挟み、


MBPを起動させると、会議室に
「MacBookへようこそ」のアナウンスが爆音で流れる。

そして開発チーム全員が瞬間的に理解した。
MBAじゃなくてMBPを選択したのはこういうことだったのだ。と。
人はパソコンをスペックで選ぶかもしれないが、
小山さんは違うのだ、システムをもう1段高めるためにMBPを選んだのだ。
それこそ開発は翔ぶのだ。
そう、その心意気に開発teamは翔ぶのだ。

丸まってレチナの画面を見る小山さん、違い分からん・・。と小さく呟いた。
へへっ違いなんてどうでもいいんだろ?僕らみんなは根底から理解してるんだ。
ということで、PEACEは揃った開発team。ご期待ください。


hideki_翔ぶために必要だったもの” への1件のコメント

  1. ピンバック: コーディネーターhidekiとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。