雑感-面接官は面接で求職者の何をみるべきか?

19n

何度か「面接官の面接のフォロー」をしてきた。具体的に言うと「面接質問リストの質問をしてるだけの面接官の面接」を会社の目的に沿って再構築する。
まあ別に大したことをやってるわけではないのだけど、誰かの役に立つかもという思いから言語化。

まず面接経験の少ない面接官には
「どんな人が欲しいのか明確にしてくれ」と言ってる。

よくあるのが「コミュニケーション能力を持ってる人が欲しい」というのだけど、それは具体的にどんな代物なのか決めましょう!そしてそれを面接前に共有化しておきましょうと。「しっかりと相槌が打てれば良いのか?」「沈黙を打破するドリブル突破力なのか」「クレームが来たときに瞬時に対応出来る「反応 反射 音速 高速!」な何かなのか」そしてそれを面接で判断するために(の前に、それ本当に業務に要ります?ってのも聞く)どのような質問をするべきか?どのような答えを求めてるのか。を共有させて貰う。

続いて。
「相手に話をさせるオープンな質問をしてほしい。どっちを回答しても良いという質問が良い質問」
新しいことをやるときに何から取り組む?とか(別に情報から取ってもいいし、チームセットからしてもいいので)コツコツタイプとかガツガツタイプとか?
基本的に多くの求職者は「面接に受かる」のを最終GOALにしてる、こちら側は「一緒に同じ目的で働けるチームメンバー」を見つけるのをGOALにしてる。微妙に面接のベクトルが違うので、その差分から質問と回答を俯瞰&割り引いて捉えておく必要がある。と言ってる。
あと面接が不慣れな面接官は求職者の回答を誘導する質問をついついしてしまうこともあるので、そういうのにも気をつけると良いですよと。

んで。
「過去なにをやったか?なぜやったか?その時にどう感じたか?」を聞きまくる。
何をやったか/どんな行動をしたかぐらいしか彼の仕事遂行力はは判定出来ず(学生なら部活でも)そしてその時に何を考えてたのか?今それらを思い返してどうなのか?ってところを聞く。
あとストレスを感じるポイントは色んな質問の仕方で掘り下げる。楽しいと感じるポイントも軽くは抑える。

最後に
「ノリ」を判定してください。と。
どこでも会社のノリはある。同じノリの人だけ集めると暑苦しいのだけど、根本的にノリ違いが居ると会議のひとつひとつ何かもスピードが落ちるので、優秀な人でもノリが違う人は避けたほうが良いかもしれない。

いまエントリーを読んでるのが「面接初心者」なのか「求職者」なのか分からないのだけども、求職者向けに言うと、
「面接終盤に面接官が最後の質問を探しまくってる」という光景に出くわしたら、ほぼ採用なんだけど、最終の自信がもてない時だ。全体的に良いんだけど決め手に欠くなあああー。って時の合図である。
ここで採用後押しに求職者から質問を入れても良いが、墓穴を掘る可能性も超高いので、自信に満ちた顔でニコニコしておこう。

あと面接するときは絶対に、その人が採用になったときの「直属の上司」と一緒に仕事をする「同僚」も入れてくださいと言ってる。
人は自分で採用を決めたなら、みんなその人に責任を持つので(じゃないと後々文句を言ってくる)一緒にチームメンバーとして仕事をするのがGOALなので、そういったこともきちんと抑えておく、採用となって入る人にとっても入社後とてもやりやすくなる。面接官は入ってから仕事をしやすい環境作りを考えてあげるのも大事な仕事である。
面接で求職者の力が分かるのか?これは分かる部分と分からない部分がはっきりしている。是非とも分かる部分は面接で見極めて欲しい、まあ言うまでもなく面接官自信も相当にレベルアップする必要があるのだよなーという部分である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。