仕事-来るべきと有吉さん

up

結果論で喋るなと言われる小話をひとつ。
僕はテレビに元猿岩石の「有吉さん」が再び出てきた時に(猫男爵じゃなくて、毒舌のタイミングで)ダウンタウン登場並みのインパクトだと、まわりに言ってたのだけども、そしてみんなから強い反発を受けたわけなんだけど(アホかとダウンタウンの凄さ知らないのかと)それでも彼のインパクトというのはこれまでのパラダイムチェンジであるというのはすぐに思ったのですね。

素人が笑い論を語るほど厚顔でもないのだけど、当時すでに視聴者に尺の長いコント番組を見る素養もなければ体力も残ってない所で、短尺である1分弱のネタ番組が興隆を極めつつあるも次第に飽きられつつあるなか、全体のバラエティの方向性として番組内コントを模索してる所であり、そこに番組内コントにおいてMCから走らせ、芸人のキャラを活かしたイジりが勃興し、誰かがそれに強く反応し、ガヤが補強して(別視点を付与させたりして)、当人のリアクションがあり、MCが再度ツッコむという構図がお決まりの中、有吉さんがやったのは、そのひっくり返しである。吉本のノリ飽きたであり、先輩後輩の下りもういいっすであり、キャライジりなのかイジメなのかよくわからないのはもう勘弁であり、番組内コントの枠が新喜劇的な収まりで行くかと見えたところの変化である。
これに一番ビビったのは当然吉本である。特に島田紳助さんのようなタイプはとてもこわかったはずだ。

当然補足プレイヤーの存在を抜きに語ることは出来ない、ダウンタウンのごっつであったように、シュールな飛び出しが上手い板尾であり….

ってゴメン、厚顔ではないとか言いながら調子に乗った。さまぁ~ずの上手さととんねるずは有吉について回るべきという話を展開し、バラエティ対して見てないくせに調子に乗った。

いやね、何が言いたいってやっぱり仕事が無かった時期の有吉さんの詰め込み期というのは、とても大事な足腰を鍛え直す基礎トレになったと思うのですね。だって猿岩石の時に性悪として番組的に面白かったけど、彼が面白かったという記憶はあまり無い。そして売れなくなった時に腐りつつもそこを耐えこつこつ改善をしていった。彼にとって売れない時の芸人からの評として「有吉って仕事ないけど、面白いな。仕事ないけど」という評価は(芸人から面白いと言われる芸人は必ずいつか売れるの法則)は彼のココロの支えになったはずだ。そして貯蓄はあったのでバイトをせずに時間があるのは大きく、その時間をフルに投下してコツコツで猫男爵やら有川翔を練り上げた、恨み一杯でテレビを舐めるように見たのも今に活きたはずだ。多分彼としてもまだ自分は芸人としても戦ってないというのは原動力ではないかなとおもう。

ええっと、何が言いたいかと言うとですね。
想定の数値が出ない、動きたいけど完成もう少しという時こそ、徹底的に足元を見た改善が大事なんだよなーと思う。自分の強みと弱みを見極めつつ基礎改善に限る。僕は長距離ランナーなので、長丁場の人生においてこういう時こそ、一番気合入れてやるべきだと本能的に思ってしまう。遠くを見つつ足を前に動かすということだ。ジタバタしない。そうしてると急に目が変わる。その時に戦っていけるか。
ここで大きく改善を掛けたがる経営者は多いのだけど、そうではなくて、徹底的に足元を見る。小さなユーザーの声から全体のユーザーを想像する。彼女たちが当サービスを使うストーリを想像する。ひとつひとつのマテリアルを取り敢えず手に取ってみる。変えるのが悪でもなく強み弱みからの取捨選択である。そう言いつつ出来るだけ長いレンジでモノを考える。のが大事に思う。
そんな事をこの三連休でやってたら、なぜかPrinceばっかり聞いてた。
彼もとても長くやってる。苦しい時期は長くあったけど、彼はどこまでもオリジナルだ。
有吉さんとPrinceを見習って俺もコツコツ頑張ろっと。Purple rain, purple rain.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。