仕事-スタートアップに求められる能力は?

ツイート引用記事は書くのが楽過ぎるという法則を発見しました井上です。こんにちは、暑いですね。
準備期間のうちに、色々な事を(別の言い方をすれば、多忙を理由に見ないようにしてたコト)改めて、ひとつひとつ頭から再度考えなおしてます。
悩むのは辛いのだけど、苦心の中、遊びにも行かず、勉強にも逃げず、目の前の大量タスクをエクスキューズにせずに、徹底的に思考する。

というような毎日であります。あーしんど。
んで、そんな感じの日々だけども、スタートアップなんてその繰り返しだし、そんな環境下で必要な能力ってなんだろうと。スキルじゃないんですよね。なんだろうなと。
そんなことをツラツラ。

スクーけんしろさん
これはとても良くわかる。
サービスが想定数値より上手く行かないと「やっぱり置きに行こかな」とか「ここらにして、売上回そかな」みたいな理屈に自分のココロが引っ張られ、そして悩むと。
そうしてると、何故か「一般的に」とか「サイト的に」とか「ビジネスとして」みたいな文脈が力を帯びてくる不思議。

例えば広告クリエイティブを回そうとすると、
デザイン的に考えれば「カッコイイバナー」を作る必要がある。
でもですね。
スタートアップにカッコイイバナーを作るリソースはあるのだけど、カッコイイバナーを量産するリソースは無いのですね。
カッコイイバナーを作るのか?ダサくても響く文言のバナーを出しまくるのか?のどちらかしか出来ないのならば、サイトとどんなバナーがマッチするか分からない以上、出しまくる必要があるわけです。綺麗なパワポを作るヒマがあれば、パワポはテキストだけにして、ヒアリングとリアクションを徹底的に磨いて、相手が断れない状況を作るにリソースを投下したほうが上手く行くはず。パワポの出来が良くて契約したことは一度も無いけど(長いパワポほど鬱陶しいモノは無い)ヒアリングが上手くて、出来るだけ喋らされてしまって、つい契約してしまったことは何度もあり、それを判断するのは経営者の仕事だなと。
精度は後から上げればいいけど、結果は早く必要である。

nanapiけんすうさんのバージョン。
仕事をしてて、よくある構図が俺が入ると色んなところで混乱を起こす。
ただ俺が一番ビジネスを見てるという矛盾のなか、どう全体を組み上げるかという所。まあ難しい。
たださ、やっぱり混乱を招かないためには、ストーリーありきなんですよね。我々のストーリーは魅力的なスタイリストを作って、作り上げて、彼女とファンを繋いで、そしてお金を落としてもらうのですね。スタイリストが作るなら買おっかな。あの子のコーデは楽しいな。新しい自分が発見できて何だか楽しいなと。ワクワクするなと。
そのストーリーが増強することにのみ各自がコミットする。それを外すことは売れそうでも辞める。というのはなかなかそう思えないけど、思い込む必要があるのではあるまいかいと。そこに俺が合致してるかどうかの判断は要らないのだけど(それこそスピードが落ちる)誰が聞いても間違いない正論だけどストーリーを逸することにだけ、声を張り上げて止める必要があるのだと。

というわけで、声が通らなくて有名なわたくしですが、今年の夏は声を張り上げていっちょ行きたいと思います。
ストーリーを共有!それに沿った改善にリソース注入!を合言葉に。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。