日々-小沢健二

ウトウトしながら、ラジオみたいなのを聞きながらテキスト制作。
そうしてると、 小沢健二の愛し愛されて生きるのさが。

っもう20年前とかビックリですが。
改めて聞き飽きてないなと。彼の歌。
僕は思う!この瞬間は続くと!いつまでも。なんだろうなと。ずっと続いちゃってるんだろうなと。ウトウトしながら思っちゃいましたよと。

たまにJPOPを聞いてると思うのだけど、音も良い感じだし、アレンジもスマートだし、オシャレーだなあと思うし、テクもとてもレベルが高いし、クルッと良い商品としてまとまって包まれてると思うのだけど、なぜか長く聞けないんですよね。
毎度の感想は「うむ。上手く作ってますね」で話が終わってしまう。長く聞ける曲もあるのかもしれないのだけど、出会う確率が本当に低い。

ただ彼は違うんですよね。歌もなんだかなあだし、歌詞も字余りな感じなんだけど、残るんですよね。情景が立ち上がってくるんですよね。
最近聞く回数は少ないけど。やっぱり聞くんですよね、全盛期はちょっと凄い。
多分さ、みんな小沢健二を聞いてると、誰かが完全にはしゃいじゃってた日々を思い出しちゃうのかもしんない。そしてキミの住む部屋に急いじゃてたことを思い出しちゃうんでしょうね。多分きっと。
暖めますねーっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。