日々-線香

IMAG0536

毎度の日曜ゆるエントリー。
日々、ヤマ・ムシ・オオイであります。
毎日羽アリにアタックされてます。まあまあカワイイのでイヤではないです。はい。

とはいえ害虫なるGよりもキライな蚊が来るので、そこだけは対策をせねばと殺虫の蚊取り線香でもしようかなと思ったのだけど、家の軒下に足長蜂が巣を作ってまして(20匹ぐらい居てるぜ、これもまあまあイケるぜ)、あと何だか蝶も多いし、殺虫は可哀想かなーっと。というわけで虫除け用の天然線香なるもので運用してるんだけど、いやあ効かないのなあ。
コレ本当にどこで使うんだろう。全然効かない。線香とは夏ですなあぐらいの余裕感を持った虫たち。嫌がれ。そして慄け。

あと家の庭に沢蟹が出没するようになりまして、食えるのかとても興味津々です。
虫の話題しか存在しない自宅からは以上です。


日々-線香” への2件のコメント

  1. 線香までLOHAS!!!!!!

    LOHASを妥協する時はあるのでしょうか。。。

  2. Sさん
    ロハスという概念は、逆説的に反健康なんですよ。
    線香までロハスというのは逆に言えば、虫なんて殺すに値しないんだぜ。という圧倒的な虫への侮辱であり、侮蔑であり、軽視なのね。好きの反対はキライではなく無関心。というように、そういう意味合いで俺は虫を圧倒的に蹂躙してるのです。ひとつの具体的な叩き台としての戦いです。
    昔、トルストイが、ロハスとは、戦いの保証への要求である。って言ってたんだけど、そういうことなんですよ。つまり。と、必死ですか。そうですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。