雑感-理想の仕事環境

深夜になんだと情報収集してると寝れないなというところで、ブログ更新。
身体は眠いが、頭はいくつかの部位だけ冴えてるというブログを書くに全然向いてない感じ。
いつものブログはつい内容を置きにいってしまうのだけど(で昔のブログのが面白いと言われるという、試行錯誤してんだよ!ほっといてくれ!)こういう状況は、(文章も内容も)判定する部位が寝てることが多く、グズグズした感じが多く。翌日後悔が常であります。と言いつつエクスキューズはこれぐらいにして適当更新。

いやね。こう仕事をしててつくづく思うのは、自分の仕事をする目的って、いかにゴールに向けて動くプロセスが楽しいのか?どうかが大事であって、そのプロセスがツマンナイと本当にやりたくないんですよね。常にプロセスが楽しい環境に居たいし、居てるときはHAPPYだし。自分がここにコミットしたい。ということを感じられるかどうかが大事だなと。俺は偽善であろうとギャンブルであろうと、人に迷惑を掛けない限り何かに本気でコミットしてる人を見てると羨ましいし、俺もそうありたいなと。すなわち仕事の目的は、これがこう、という固定されたモノじゃなくて、その目的にあわせて遷移していく自分のスタイルの動きとか変化にあるように思う。具体的に言えば、自分が高校球児として甲子園出場が目的じゃなくて、甲子園出場に向かうための自分のココロの遷移や動きのパターンにこそ目的が潜んでるのではないか?という問いですね。そして出来ればステキなチームメンバーとそれを達成したい。性格的に個人主義だけど、僕は出来ないことが多すぎるので優秀な人たちに囲まれて仕事をしないとその環境を構築できないので、チーム環境じゃないとフルコミットで仕事が出来ないんですよね。1人だとまず些事に囚われて全然進まず、飽きる。

でもそんなことを思ってると、そうやって一緒に仕事をする人とのフィーリングとか感性の合う合わないというのはとても重要なコトだなと。
今はとてもめぐまれているのだけども、この人達と仕事をすると楽しいだろうなーという人と一緒に仕事が出来る環境をいかに作るかというのが、自分の目的であり、そこは手をゆるめちゃマズイんだろうなとは思う。そのプロセスの先に色んな人が活躍できるとか楽しい環境とか作れると嬉しいなと。

そしてこう今のようなサービスの狭間の待ち状況で、グリグリ仕事を遂行してる人を見るとほんとに心強いのですね。
良い時に頑張るのはだれでもできるので、こういう待ちの状況でフルパワーでイケるのは僕と思いも同じならプロセスを楽しむという部分も似てるのかもしれないなと。
ただ今は成果も必須だもんで、早めに成果出してその環境構築にドンドンリソースを投下していきなと。そんなことを日々おもってますよ。と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。