日々-自分の特技と健康と

改めて自分の特技はなんだ?と言われると(誰にも言われないけど)
・自分の考えを高速で言語化できる。
ということだと思う。
当然言語化の精度や深さについては一切考慮せずにだけども、ある程度のまとまった文章でも早く書ける。
書いてる最中の感覚的な話をすれば、息継ぎなしで、ファーストドラフト@10分ぐらいで原稿用紙一枚分ぐらいは書け、それを10枚ぐらい繰り返すのは何ら苦にならない。
ただその書かれた文章の読みにくさ稚拙さ、構造の甘さをこれでもかと露呈しちゃうので、あまりやらないのだけども、まあそれは特技ですねと。

何が言いたいかと言いますと、
広告マン兼コーディンガーとなりつつあるアサヤマンより何故健康になりたいか?という質問をされて、それに回答しようと思ったのだけど、スーパーで買い物の一幕(多分)だったので、その時間が無くて言語化できなかったこと高速言語化にて処理しとこかなと。
まあその前振りによって獲得するはエクスキューズと自分のポテンシャルの演出である。

なぜ健康になるのか?について、アサヤマンは「お腹が痛くならなければOK」という論を展開されたのだけど、自分で思う健康について思うことは。
・現在の健康
・未来の健康
・誰かのための健康(健康だけじゃないけど)

の3つから健康は語られるべきじゃないかなと思う。
だいたい健康の話になると「そこまで長生きしたいかー?」みたいな話を仕掛けられるのだけども、長生きだけが健康の軸ではないのだ。

まず「現在の健康」について言えばですね。
「お腹が痛くならない」がそこに該当するわけであります。
もう少し広義で書けば「身体に症状となってすぐ現れる健康被害=お腹痛いとか、下痢とか、ニキビとか」と「体調を左右する健康被害」のふたつがあります。
何だか井上=ロハス=健康大好きみたいに思われますが、俺としては体調を左右するかもしれない部分だけ凄くデリケートで(別にお腹がいたくなっても構わず。腐りかけとかよく口に入れてみる)、朝起きて、何かダルいなあとか、起きたくないなあとか、頭痛いなあ、とかなると負けであります。
こうなると、遊んでても、仕事してても、本読んでても、何も楽しくないので、これだけは全力をあげて阻止したいなと。

あと「未来の健康」の代表例はガンですよね。ガンに始まり様々な症状を引き起こしたくないための健康意識。
ここらは若いうちはあまり気に出来ないし、過度に気にしても結果分からないしで、まあ好き好きにやれば良いのかなと思います。
正直全然気にならず。

最後を意識してない人が多いと思うのだけど「誰かのための健康」であります。
まあ足腰悪くすれば、誰かのフォローが必要だったり、感情で言えば愛する誰かのために長く生きようとかさ、負担を掛けないでおきたい。とかさ。そういう感じであります。ここらも書きはじめると色々あるんですよね。国民のために健康保険使わない!とかもあるかもしんない。
あとですね、脳と身体を分けて考える人が多いのだけど、色々な文章を読んできた感想を言いますと、健康を害すると精神もそれに強く影響を受けるであります。
有り体に言えば落ちるでもいいのだけど、まあまわりの影響が大きく出ます。

上記のような観点から健康について思うこと色々であり、ただ俺は朝ダルいなあを一番ウンザリしまして、俺は元気よくゲームをしたいのであります。
というわけで、ファーストドラフトの早書きであります。
あと電車まで10分。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。