雑感-日本人にHip Hopは違和感なのか?

巷で話題のあの人がHip Hopについて話してたので、Hip Hop大好きの僕としては(嘘)ちょっと思う所を書いてみよう。
というか誰かのひとフレーズを取ってきて、グリグリ反論しようという気はなくて、こういう視点というのは、以前からあるし、一度考えてみたいなと。
それ対するRHYMESTERの人からの反論がこちら。

違和感という感じで抽象的に書かれてるのだけど、そしてどこが違和感なのか具体的には描写されてないのだけど、最後に着物で締めてるところを見ると、合ってない/似合ってない/ダサい/滑稽/みたいなところと予想(幼少期の空気にHip Hopはあったのかしらん)。とはいえ自分も日本のHip Hopを聞かないのだけど、滑稽だから聞かないのだろうか。

hiphopとはそもそも、一定のビートの音楽に自分の思いを同じリズムで乗せるという音楽だ。日本人の場合は、自己啓発Hip Hopが多くて、一度キリの人生やってみろよとか、成功しなきゃウソだろ絶対みたいな直球が多く。俺は誰かにこうしろと言われると腹が立つので(やってみろよ。と言われると、やってるわと感じるジミー大西思考メソッド)日本のHip Hopを聞かない。そしてそれらは滑稽な試みなのか。

まあ前提はあると思う、滑稽の前に。
なにを言ってもHip Hopはアメリカの、それも黒人の音楽だ(元々は都会から始まったとしても)上述のリンク先の反論ではロックってあったけど、それはちょっと違うように思う。もともとロックは体制へのアンチテーゼであり、若い人たちの総意であったはずで、これは世界共通の若い人の思いである。それは体制にNOという人たちの声であった。(ただ何にYESと言ったかは分からなかった)別の言い方をするなら共同幻想であり、イデアである。ただHip Hopは違う。
アメリカの黒人(それもミドルレイヤーに属する白人的ライフスタイルを志向するインテリ層じゃなくて、ブルーワーカーに代表される貧しい人たちの)で流行した音楽である。どうしようも無い毎日のなか、鬱屈した日々を音楽に乗せて歌う。徒手空拳でとても切実な思いをもって、何とか生きていこうとする姿勢に思う。
Hip Hopであれば音楽的素養や勉強がなくても、一定のリズムに合わせて伝えたいことを伝える。彼らは今の生活が変わることを願って、もっと幸せになることを祈って、絶対成功すると信じてる。それを歌詞にして乗せる。彼らにとってはHip Hopというのは彼らを結びつけるひとつの物語であり、ひとつの象徴に思う。だもんで、まあ日本人滑稽というよりは、アメリカ発祥としてのリスペクトは要るように思う。ロックじゃなくて、これはジャズなんかに近いと思う。ジャズはやはりブラックミュージックなのだ。

話を戻そう。日本人にはHip Hopは違和感なのか?
断言できるが、絶対にそんなことは無い。
自分の思いを乗せるというツールに違和感なんて感じない。
そりゃ寒い歌詞は単純に寒いと言えばいいだけであって、音楽が批判されることは無い。
日本人なら演歌でも歌ってろはあまりにも偏狭だ。
別にそれがクラシックであっても、小説であっても、踊りであっても何でも良い。
自分の思いが伝える手段は常に開かれておかねばならないと僕は思うのだ。

こういうのはひとつの作品を出すのはシンプルな話なんだけど、継続出来るのかとても難しい。
フォームや手段を批判するのはイマイチな話で、それよりも継続性を見る必要がある。
日本はダメだ。とか声上げろ!日本人!とか言っても当然ながら変化はなかなか見えず、朝はまたやってくる、アンチクライマックスの連続である。
ヒッポホップのようなPVみたいなアゲアゲな一体感のような日々は続かない。何について声を上げるのか。問題はそっちにあるんじゃないかなと思う。音楽の是非を語るよりも、本当に語るべきことがあるのか?ということですよね。安い右的な思考はあまり聞きたくない。そして頑張っても報われない日々に対してどうするのか。はとても難しい問題だ。それでもガンバレよと声を上げるしか無いはずで、その声を上げ続けることが出来るのか。そこに日本人的文脈を持ち出すと話が別の方向に言ってしまう。Hip Hopの歌詞であれば若い人はわりと落ちるので、それは違和感じゃなく今後力を発揮するフォームに思う。


雑感-日本人にHip Hopは違和感なのか?” への4件のコメント

  1. ロックはチャックベリーとボーディドリーあたりがはしりですよ。。

  2. たぶん為末サンは日本人の身体的能力について語っていると思う。日本のhiphopの25年の歴史?以前の話として声が変だったり言葉が聴き取れなかったりする。そしてそれは為末サンの本業であるスポーツ関連の話題と共通する部分があったり。それらの分野では昔からアフリカ系とヨーロッパ系の人種の功績が目立っていて、アジア系・太平洋系・アメリカ先住系が振るわなかったり。

  3. ロックンロール!GOGO!
    それはそうとして、ロックとヒッポホップの系譜はちょっと違いますよね。大人は信じるな的ムーブメント。Hiphopが違和感なら、ロックも欧米文化で違和感感じろ!という上記の反論ツッコミは、ちょっと違うのではあるまいか。というところで。

  4. 為末さんは身体的なツッコミなんですか。聞き取れないというw
    ちょっと文章からは読めなかったですね(着物と同義に捉えてたし)
    彼はジャズについても日本流のジャズで行けばいいじゃんみたいな(ちょっと出るのでバタバタで文章が適当でスイマセン。遅刻しそうでw)事をツイートしてて(その後の為末さんのツイートをどうぞ)、
    そういえば美空ひばりさんもジャズメドレー(フランク・シナトラだったかな)を出してて、それがおもいっきり日本流で(間というかコブシが入る)これこそ違和感。日本人が聞き取れるからOKなのか?
    まあ難しいところだけども、彼の流れを読めば、それなら日本のみんなダメみたいになりそうですね。ただ違和感というが少しふんわりしてるので、もう少し掘ってくれると助かりますねーっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。