日々-カレーの日々

会社に行くまでの時間でいかに楽しむかの会を勃興中。
日々仕事をしまくってる感じなので、そのなかでもいかに楽しむかみたいな視点は大事だなっと。
というわけで昼飯を早く食べるという生活に変えて(11時ぐらいに食う)なんだとアタック。

休日の日は京都カレーの会にアタック。(興味ある人はニョキニョキ カレーで検索してみよう)
京都のカレー店が集う感じ。好きなインド食堂タルカも出店とのこと。

出町柳から電車に乗るあいだにあるので、立ち食いカレー的に即効で食えるなと思いアタック。

IMG_1474
いろんなカレー店がひしめき合う。混沌の中。変わり種カレーばかりで、わりと悩む。
出来れば料金半分ちょっとで量も半分みたいなことをやって欲しい。色々食べたい。

そしてカレーで思うのだけど、カレーほど嗜好性が高い食べ物って無いように思う。
友人から、このカレーが絶品なり。と言われて実際に食べて満足することはあまり無い。
5にひとつぐらいであるまいか(俺は船場カレーが好きなんだけど、人に話したら、どこが旨いねん!と)

これは家のカレーの味が理想なんだろうか。僕はカレーが好きではない子供だったので、特にカレーに対する思い入れはない。ただ好きなカレーの嗜好性はしっかりとある。
どういう経路でカレーの嗜好性が決まるのか分からないのだけど(家のカレーの味ではないのではあるまいか)
そしてどこで食べても毎度これじゃないんだよなー。ということを思う。そしてたまに、そうそうこれこれカレーに出会う。
そう思うと、我々は自分に合うカレーを探すためにカレーを食べてるとも言えるのかもしれない。
人生とはカレーを探す連続した過程、そして毎度のコレジャナイカレーを食べながら、また新しいカレーを探していくのだ。自分の理想のカレーを求めて。
そうならば、このカレーがマズイなんて言うことは出来ない。それは僕にとっての合わないカレーなだけであり、決してダメなわけではない。その経験を通じて僕はまた理想のカレーにひとつ近づくわけだ。

IMG_1478

そして今回は自分の理想のカレーであったのか?
いや、全然違った。理想とは遠く離れたところにあるカレーだ。
ターメリックライスと豆カレー。彼女が作る豆カレーは理想ではなかった(作ったのか知らないけど)

そして別の屋台でサモサもゲットし、奥のテントの中でカレーにサモサを乗せて食べつつ。
テントの下で、立って食べてる外国人3人グループ、横に座ってるのは男性2人組。目の前に家族4人連れ。
その間の席に座って豆カレーを食う俺。暑いのと香辛料で汗がだくだく出る。

そして横の男性が時折「うーっほおーーー!」と雄叫びを上げる。
雄叫びが入る合間に、男性が目の前の家族連れの子供に向けて、「美味しい?」って質問してる。子供は一言、「暑い」と答える。
「カレーで暑いってそのままやないかーい!」とその男性がシャウトする。そしてその雄叫びの後、静寂がある。その静寂の中、僕は一口豆カレーを口に入れる。「これじゃないな」と思う。

また男性が「太陽の黄色とカレーの黄色、そのままやないかーい!!!!!」と太陽を指さして、叫ぶ。一瞬の間が空いて、静寂が訪れる。
今度の静寂では目の前の家族連れのお母さんが、スープカレーを口に入れる。もしかすると僕の理想のカレーは目の前のスープカレーだったのかもしれない。
僕は最後の一口、豆カレー食べる「だから、そうじゃないんだ。そうじゃないんだよ」

※お詫び
最後まできちんと書きたかったのだけど、出発の時間となりました。下書きに残して、後日書くほどの内容でもないため、ここにアップ。
本日は開発会議、朝11時より中津であります。9時15分ギリギリなので、そろそろ出ます。各自続きは適当に。先が気になる方はお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。