日々-大きく出ない

今年の後半ぐらいから心がけてる事がある。
それは、「大きく出ない」ことである。
大きく出ることによりメリットよりも(例えば大きめ案件が受注できるとか、業界で注目される)よりも、大きく出ることで自分も相手も疲れるということが多い。

自分の仕事のやり方は、目標だけはブレない(ビジョンでも何でもいい)ようにしつつ、目の前のことをコツコツやる。プロセスを楽しむ。(プロセスが楽しくないならやりたくない。続かない)というような考えだ。あれー気づけば、わりと進んでんじゃん。みたいなのが好物である。
仕事としてプロセス自体が楽しいので、責任者として数値は見るけど、ベースの考えは、そんなのである。まあ今まで仕事で頑張った経験なんてあまり無いのだ、もともと。大体毎分毎秒プロセスをコツコツがベース、である。

そこに大きく出ちゃうと、とっても疲れるのだ。経営者ビッグマウスは飲むと言っちゃたりするので、これを無くそうとコツコツやってる。

ちょっと以下の写真を見て欲しいのだけど。

IMG_1287

IMG_1340

これは東京にてコツコツやってる新規事業であり、
もう大きく出ないホトトギスってなもんで、超静か。

つい大きくは出たくなるポテンシャルを秘めてるとしても、こころ静かに。
見てる人から言えば、知ったこっちゃない。というのは大きい。建築現場?ぐらいが反応だろう。

あとね、大きく出ないもうひとつのメリットとして、新規事業としても自分の本領が出てきて無くて、何かペースもまだ出せてなくて、モヤモヤが続くが、それもやっぱり仕事へのエネルギーなんですよね。大きく出ちゃうと、それを言っちゃうことで、まだ何ら達成もしてないのだけど、満足しちゃう弊害もあり。大きく出ないことで、そういうモヤモヤを心に抱えつつ、コツコツとやるのが大事なように思う。特に自分にとっては。正解じゃないとしても、性格として。

いや、ほんと何が言いたいのか分からないエントリーなんだけど、俺はコツコツ目の前のことを。長いレンジでモノを考えつつ。ひとつずつ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。