仕事-なぜアナタは英語を学ぶのか?

Z45

飽きもせずに自身の営業戦略の続き。僕は英語を勉強しないとユルく決めてる。
営業戦略の基底にある指針として、何をやるかじゃなくて、何をやらないか?である。
そして僕は今まで英語を勉強してる人に「なぜ英語勉強してるのか?」と聞いて、納得な答えを聞いたことが無い。
とはいえ「え?英語とか学生でマスターするモノじゃないんですか?」という人は速やかにブラウザを閉じて、もっと役に立つ英語ブログに行って、切磋琢磨したり、翻訳して良き情報を日本語になおして行って欲しい。こんなダメブログ見てる場合じゃない。

んでさ、たまに聞く英語を学ぶ理由として
「外人とコミュニケーションが取れる。世界が広がる」みたいなモノなんだけど、そんな時に「そんなこと言う前に日本人ともっとマトモなコミュニケーションを取れるようになって欲しい」と思う。日本語でろくにコミュニケーションを取れなかった人が外国語を学ぶことで急に実のある話が出来るようになるとは思えず。話の内容は英語であっても日本語であっても薄い人は薄い。ということはホンワカ思ったりするので「英語でなに話したいの?」って聞くと「世間話とか」って、英語の必要性をビタイチ感じない回答を頂戴するという。本当にそんなライトなコミュニケーションなら中学英語でイケる。俺はわりと日本に来てる外人なら話しかけて困ったことない。Google翻訳最高!

「今の時代、英語ぐらい出来ないと」
これも納得感抑えめ。そんな受け身な発想で、世の中渡れるのか。誰かの時代提言に乗ることほどリスキーなモノは無いように思う。そしてそんな貧弱な動機で本当に英語が学べるのか謎だ。そんなキモチで日本語を学ぶフランス人が居て、こちらと同等の日本語スキルの(仕事に耐えれる)コミュニケーションが出来る気せず。言語ってもっと切羽詰まって、もう使わないと生きられないぽ。ってぐらいで覚えるモノだと認識してて、力士でもセインカミュでもそうである。

あとさ、私的に気になるのは「英語勉強してる。って言えば誰も突っ込めない」空気がヤダ。
英語やってるってだけで、俺スゴい感あり。軽く突っ込んだら、「今の時代さー」って当たり判定強めのカウンターが飛んでくるという。
もちろん仕事によっては(外国の人向けのサービス業とかさ、外資とか=知らないけど、論文読みたい人とか)必要というのは分かる。だから別にそれがどうってのは無いんだけど、ひとつの手段に過ぎない英語を、そこまでドヤられるのが一番引っかかってる部分なのかもしれない。書道とかペン字教室並の扱いなら問題ないのだけど、あのドヤ感が辛い。申し訳ない!英語なんて勉強しちゃって!ほんと日本人の風上にもおけない人間でスイマセン!みたいな顔をして学んで欲しい。

というわけで、みんなもうすうす気付いてと思うけど、結論行くよ。

やっぱさ。英語が出来る人って何だかカッコイイ
色々書いたけど結論はこれだと思う。今までただの嫉妬だ。正直俺も「英語?ああ英会話は苦手やけど、文字読むぐらいなら」とか言いたい。
あと俺のツボとして「英語学ぶ知的好奇心知らないとか人生損してる」とか、新たな言語を覚えることにより「日本語というフレームワークを超えた発想方法」とか言われると速攻参考書買いに行っちゃうので絶対言わないで欲しい。俺はある程度納得行く知識を得たらコツコツと写経とかやる予定なので、多言語の誘いはマジでやめて欲しい。ほんとにお願い。


仕事-なぜアナタは英語を学ぶのか?” への1件のコメント

  1. ピンバック: 仕事-経営者って幸せなのか? | IGOUE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。