日々-肉をあまり食べない人がラーメン二郎風ラーメンを食うとどうなるか?

答えは、36時間以上、食欲が減退し、目の焦点が定まらない。である。
俺のミスだけども、俺のミスでラーメン通に行くことになって(京都一乗寺)なぜか一番コッテリを食べることに。

事の発端は(事件の始まりは)先日、京都のある大学を視察し、視察の内容を元に打ち合わせをしよう。その前に昼飯でも食おうぜ。という段で、ちょっと僕が一度家に戻らねばならずで、それなら折角だし、井上家まで送って、みんなで一乗寺でラーメンでも食おうという流れに。ちょっとマズイ雰囲気だなあ。とは思うも俺の都合で家に戻って、俺に選択権など無い。
店の内装もノリもすごく啓発地味た感じで、その頑固そうな説教が好きそうなオヤジさんが出すラーメンを見て、震え上がってしまった。丼から具材が溢れ、汁は脂が浮き白濁し、トロトロのチャーシューが並べられてる。そのラーメンを食べる前に、僕のささやかな食欲は尻込みし、そんな食欲を何とか鼓舞する。「キミは昔、天下一品でコッテリラーメン食ったことあるじゃないか。汁はムリだったけど食った。まずは一口頑張ってみろよ。やれば出来る。ラーメンこそ漢(オトコ)のメシなり!!!」
・・・・やはりですね、こういうラーメンは、10人に1人ぐらいが最高のラーメンと評するラーメンであり、凡人には挑むことすらムリな代物である。
まず豚の匂いがダメな人間があのトロトロチャーシューは苦行である。何度かチャレンジして食ってみるけど(驕って頂いてるので・・・感謝!!!)ぐぐう。うっぅ。
外に出て、清涼飲料水を買って、一気で飲む。その後の車中からその日の夜、翌日の夜まで胃はグロッキー。
俺は男性メンバーでどこに行くにも断らないようにしてるのだけど、今後ラーメン二郎風のラーメンは断ることに決めた。いやその前に仕事中に自分の家に戻る用事を残さないようにする。それしかない。

そういえば苦難続きで、その前の日に神戸のIKEA周辺で仕事をしてて、周辺にメシ屋がなく、仕方なくハンバーグチェーンに。
俺は肉をあまり食べないだけで、嫌いでも無いのだけど、ハンバーグがなかなか(魚のミンチも少し苦手でつくねも苦手・・なぜだ)

ただね、このハンバーグチェーンは最高であった。ここはカレーが食べ放題なんですよね。あとスープも。
日替わりを頼んでハンバーグを残して、ご飯とカレーとクリームスープを飲むというワザにて楽しい昼食に。
そんなスゴい店はここなり。
ハンバーグ苦手だけどハンバーグ屋に行く必要が。という人にはビッグボーイをオススメ。
ほぼ肉ナシのカレーと、具が控えめなクリームスープという胃に優しいお昼を満喫できます。是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。