日々-どこかで聞いた曲

この前、とあるクラブミュージックを聞いてて(もちろんYouTubeで)
あるDJが流した曲が「あれこの曲聞いたことあるな。誰の曲だっけな」と。
そしてそれも凄く好きな曲だったな。と。

誰でなんだったっけなと。

そしてようやく見つけたのですが、これ。

でも僕は、このアーティストあまり知らないんですよね。
なぜ好きな曲だったのかというと(それを思い出したのはPVから)あの映画の主題歌だったんですね(音楽だけで分かりますか?)

上の動画で映画のPVが間に挟まれると思いますので、あれです。
世界的にヒットした(しすぎた)あの船で抱き合う映画の主演の彼が100本のオファーから選んだと言われる映画だったんだけど、とても酷評された(と記憶してます。。)あれ。13年前以上で筋も大体しか覚えてないけど、凄く好きな映画と記憶し、その流れで音楽も覚えてたのだなと。美しい曲だなあと。

この流れで思い出したのが、この曲もそのカテゴライズでありまして、同じ理由でこの映画も好きで。
その曲
コレも17歳ぐらいに見たような気がするのだけど、ポスター持ってたもんなあ。今でもこの曲を聞くとおおお。となる。

というわけで、みんなどこかで聞いた曲ってどうやって見つけるのかというエントリーを書こうと思ってたのだけど(YouTubeのURL握りしめて、Yahoo!知恵袋アタックでOK)
上の映画ともに本質的に同じカテゴリだと思ってて、いわゆる「青春映画」的な構造が自分は、当時凄い好きだったのですよ

青春映画の楽しさというのは、現実と幻想の人の揺れ動きもしくは心の変遷にあるんですね。それもわりと多くの。
例えば「青春」を描くときに、「青春とは」なんてやっちゃおしまいで、「青春は最高だ」とかやっちゃうと、ただのリア充の自己アピールになってしまって、それだと物語にならない。青春を書くには、青春の幻想をいかにリアルに肉付けしていくかにあって、その肉付けで重要なのが、「青春の終わり」なんですよね。

the beachならある種のユートピアがあって、そのユートピアはとても居心地が良いのだけども、それが期間限定のユートピアである。というのは主人公は薄々わかっているのですね。そしてその現実がジワジワとユートピアに侵食してくるわけですね(細かい筋覚えてないけど、例えば病気とか妊娠とか食料とか)そして一番はユートピアをキープするための住民の品質担保が大事で、それはユートピアの(beachの)機密性にあるんだけど、それが外部にバレてしまうのですね。すなわち現実に追いつかれてしまった瞬間なんですね。そこから彼らがどう動いてどう感じるのかと。
trainspottingなら、あの追いかけている警官は「現実」であり、「システム」であるんですよね。悪童たちの悪い行いは、現実に追いつかれないために常にBETしつづけるしかない行いであり賭けであって、薄々とこんなことばっかりやっても(ドラッグとか暴力とかセックスとか)仕方ないぞ。というのはわかってるのだけど、やめてしまうと現実に追いつかれてしまうので、続ける必要があるわけで、なんだろうな、僕はその青春を享受してるとき(終わりだとわかりつつ、それを見ないようにして)の感じとか、現実が忍び寄ってくるあの感じとか、そこから追いつかれてしまうときとか、たまらなく好きだったのでっすね当時(20歳のころ)

いま改めて上記を見てもグッと来るのかちょっと見てみたいところだ。
話が超脱線しましたが、青春映画をダラダラ見るぐらいの時間が欲しいという結論でひとつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。