日々-消え去り感情と好奇心

00jjja

以前書いたように加齢による精神の変化は興味のあるところで、加齢が原因なのかわからないが、最近嫉妬と他人の興味が減じてることに気づいた。

もともと人に嫉妬しない性格だったのですが、昔に輪にかけて嫉妬をしなくなった。
例えば昔は知り合いみんなでホームパーティーをやったとか言われると嫉妬(嫉妬なのか)してたなら、今はみんなでセブ島へダイビングに行ったと言われても平気なぐらいになってるように思う。
あわせて他人の興味、も減ってまして、正確に言えば他人が何をしてるのか。何を考えてるかのネット上にある表明への興味、すなわち2次元マジ最高な人の必須ToolのFBやインスタに代表される向上心テキストや大体当人の同じ角度の画像を見たいと思わなくなった。
もちろん今でも、この人はこんな時に、どう考えてるなどの対人興味はビンビンでありますが(いつも質問ばかりして申し訳なく)前述した動機や感情は過去それなりにあったのだけど、今となってはどこへやらである。

以前Facebookに登録してたときも(日々のルーティンによろしい結果を起こさなそうで退会)みんなの土日な日々とかセルフブランディング的な啓発的な文章に興味があって見てたが、今だと友人の結婚式の写真や出産の写真であっても興味が沸かず見ないかもしれない。人として大丈夫なのか分からないが興味が無くなってしまったものは仕方ないのかもしれない。嗚呼、過ぎ去りし日々よ。

とはいえ、なぜ無くなったのかは不明だ。
加齢だと思ってたのだけど、40歳50歳のおじ様、おば様は若かりし頃よりも、他の誰かに対して自分が欲しいモノとか環境を持ってる人に大しての怒りやら羨望やら色んな感情を持たれてることで加齢との相関は低いという線もある。

あと思ったのは忙しさとか、そっちかと思って、というのも嫉妬やら他人の関心やらは、ある程度暇だから発展する類のモノではないかとあたりをつけるも(超忙しいけど毎日嫉妬してるって人って居るのかなと)でも毎日部活で超過酷な練習をしまくってて他人に嫉妬ダダ漏れな人は何人か思い出してしまい、そういうのとは違う性質のモノかもしれない。
いや、もしかするとこれが成熟なのかもしれない。でも無くなってしまうと、大事なモノが消えたようで少し悲しい。

というわけで、各位気にせずに僕に自慢話をしていただいても構いません。
平穏な心持ちで仏顔で聞くことが出来ますので、謙遜控えめに自慢多めの配合の会話を展開頂ければと思います、正は面白さのみであり、面白さを担保いただければ問題はありません。とはいえ本件は貶しとか、強いイジりに対する耐性が出来ているわけではありませんで、そこらは各自ご注意ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。