日々-カネ無いけどメシ奢る必要に迫られた折に重宝するメシ屋

結論から言おう。

Jpeg

王将である。
後輩たちが遅くまで仕事をして、疲れて、メシ行きたいっすわー。気管に詰まるぐらいメシ食いたいっすわー。という折にオススメ。
写真はあかりちゃんより「チャーハンと餃子のペアってサブちゃんとジョージに匹敵する」との。
サブちゃんとジョージは師弟ではあるまいかと思ったが、後輩たちが満足なら何も言うことない。
「おう。」という返答だけで場が和む。
そして、最後のデザートとて、ごま団子も食べていいっすか?で締めて1000円ちょい程度の話である。
ラーメン屋に行かなくなって早3年。人生でほぼ餃子を食べることが無くなった今王将の機会は貴重だ。
あとケチと思われたくない人は、予防線として「麺系かメシ系か肉系どれがいい?」と聞き、みんなが選んだ店=王将という図式を採用するよろし。

Jpeg

ちなみに、これは新サービスに向けてみんなで撮影して、終わってから8人ぐらいでメシ行ったおり。
モデルたちも居た手前。王将というわけにも行かず、近所のバルチックな店に行ったのだけど、こんなにイマイチな店って世にある?ってぐらいの店で。帰り道全員からブーイングの嵐で4万弱であります。王将ならいくら飲んでも2万は超えまい。

もし王将流れるつもりで中華を嫌がられたら「大阪名物いっとこか」でたこ焼フルコースもわりとオススメ。いくら食われても2000円は超えない。だったらお好み焼き屋は?って思ったキミは、甘すぎる。お好み焼き屋は居酒屋と同義である。もしくはイタリアンと同義である。フレンチと同義といっても過言ではあるまい。あれは一見粉物に見せてサイドメニューが充実しすぎで気を許せば一人樋口一葉の壁突破可能性ありである。安飲み一択時は後輩の胃に炭水化物をダンクせよ。はセオリーであるが、お好み焼きは注意されたし。もちろんカワイイ後輩のため出来れば出してやりたいところだが、世は色々あるわけで、たまの厳しい折りのメシ屋チョイスは覚えておかれるよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。