Tips-見栄を張らないための方法

日々、つい見栄を張ってしまうことが多くて毎日困ってます。

自分として見栄を張るポイントはシンプルで
・カテゴライズされないために見栄を張る。
というのが一番多い。

例えばどんなところかと言えば、
「好きな本は何ですか?」と問われれば
「小島信夫が好きですね。第三の新人は良く読みます。」とかそう返してしまう。
何だったら「漱石は良く読みますね。」だとか、恥ずかしすぎる。。。

いやいや別に読むんですけど。普通に「夏目漱石」と「司馬遼太郎」だったら読んだ本数は
絶対に「司馬遼太郎」のが多い(本の冊数が違うのだけど)
「小島信夫」も好きだけど同じカテゴライズで言えば「村上春樹」の方が5倍は語れるのにも関わらず、
つい色の薄い方を言ってしまう。
いやあ村上春樹って言うのって抵抗ありすぎる。

これはですね。漫画でもあるし、音楽でもあるし、クルマとかもある。
カテゴリの色が薄いモノを言うのは抵抗が無いのだけど、レッテルが多く張られてるモノを言うのを凄く躊躇してしまう。
何が困るって。話が止まるんですよね。
「お、、、おう」みたいな。んで僕も「う、、、うん」みたいな空気感になる。

こう色が付いてるのを言う抵抗感があって、この思いの源泉はどこにあるのか自分でも謎だ。
簡単に分かられたくないという思いなのか(恥ずかしい)

自分でもその性格が面倒すぎて、いま性格修正中。

好きなロックのアーティストは誰ですか? →Radioheadです!(おお)
好きなゲームは何ですか? →ドラゴンクエストです!(うわあ)
好きなお笑い芸人は誰ですか? →ダウンタウンです(きゃあー)

多分こういうコミュニケーションって世間話にすぎないので相手が好みそうな話題を提供した。
KPIは「相手が乗ってきた回数」。

というわけで皆さん
・好きなジャズ
・好きな料理
・得意料理
・好きな自己啓発
・好きなJPOP
・好きな冒険漫画

など何でも聞いてください!もうありのままをお答えさせて頂きたい。
「嗜好凡庸」と言われるのを2016年の半分の目標に精進する予定。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。