Tips−スタートアップの人が守るべきFacebookの使い方とマナー

photo-1461360370896-922624d12aa1

最近人に会う機会が増えたのでFacebookを再開。
その中で自分なりのFacebook使い方とマナーを学びつつある。というわけで今の気付きをメモ。

▼自慢とPRの境目
スタートアップの実情は厳しいモノで、その厳しさの裏側を書くべきか華やかな表側を書くかは悩ましい。
とはいえ、イケてるスタートアップ感を出す必要があり表を書くことは多い。載った、喋った、会ったの3PRだ。
ただ私的な性質としては「代表取締役」の肩書さえ自分に乗るのが煩わしく、3PRをすると胃がキューっとなるが役割上仕方あるまい。可能であればはあちゅうさんみたいな強力タレント性のある広報ほしい。
なのでSNSでキラキラアピールを見てもキャラ付けのために頑張ってるのね。と生温かい目で見守ってくれると嬉しいが、別に人から「自慢乙」と思われて構わないな。各自判断にお任せしたい。

▼人の悪口めいたことは書かない
これは本当に注意すべし。
これをしちゃうと誰かと会う際に気を使われ(相手からすると粗相をすればSNSにあげられる・・・という恐怖あり=僕はよく粗相をする)やめたほうがよさ気と認識。目と目を合わせて相手に要望や苦情を申立てるが大事。

▼リア充アピールをしない。
リア充はリアルが充実な人なのでそこは自由にアピールするよろし。
でも仕事以外のリアルでは休日は古本屋しか行かない僕がリアルを克明に、あの古本屋って古本の品揃えだけじゃなく本の配置のセンスが良い!とFacebookに投稿しても心からいいねと思う人は存在しない。ただ私的に大学に囲まれた京都三条のブックオフと、スモッグに囲まれた尼崎の東難波ブックオフの品揃えがどれぐらい違うかは本年度中に書きたくはあるが、Facebookエントリーじゃないなということで。リアルは控えめで。

▼かといって過度に謙遜しない
過度の謙遜はFacebookでは美徳にはなりえない。イラストをあげる → 誰かれから「ウマすぎ♪」 → 「全然ですよぉ(T_T)」みたいな流れ。
もちろんコミュニケションに生産性はいらないのだけれど、なんだったら会話キャッチボール回数こそSNSの充実KPIなりなこともあるのだけど、自分の立ち位置としては褒められたら(スタートアップに対してわざわざ!)褒めた相手をキモチヨクする精神を持ちあわせたい。
というわけで、皆さん僕をガシガシほめてください。必ずやあなたをキモチヨクしますのでよろしくお願いします。
そして当サービスの「ファッションレンタルサービスleeap」を皆さんのSNSや口コミで褒めて頂ければ、きっときっと来世でいいことあると思います!オススメ!

▼妹の旦那の投稿が凄い勢いで滑ってた
妹の旦那のFacebookの投稿が毎度ものすごい勢いで滑ってるのだけど、本人全然気にしてなさそうでかっこいい。
Facebook界の幕の内一歩のよう。見てると凄いほっこりする。
先日は「スレンダートーンで腹筋を鍛えようと思ってます」と言って滑り、いいね鉄板の子供の写真を載せて、いいねが嫁と嫁の友達しか無かった。
妹の旦那に「あんなに滑っても平気なの?」って聞いたら「僕が見てるモノってもっと先の未来なんっすよね」とのこと。
彼のメンタルを見習い、僕もSNSを頑張ろうと思いました。

▼過去の恥ずかしいPR写真や元カレとの写真をいいねして発掘すると嫌われる。
ダメ!絶対!

Facebookは仕事時間減りまくるという思いを持ってましたが、友達申請されると嬉しい!のキモチの萌芽ありです。
不慣れSNSではありますが、アピール強めで頑張ります。
ってなわけで、メンズの新しいファッション体験、違う自分に生まれ変わるでお馴染みのleeap、leeapを皆さん、どうぞ、どうぞよろしくお願いします。

Tips−スタートアップの人が守るべきFacebookの使い方とマナー” への1件のコメント

  1. Mi è riarrivata il 21/12…Mi ero già informato su questo blog un paio di anni fa. Ripasso l’info a chi me l’ha mandata con l’appello di cancellarla e non inoltrarla più.Bufala dura a morÃse…rari  la diossina nel sangue?;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。