Tips-最強の読書スタイル完成

あらゆる読書スタイルにチャレンジしてきましたがAmazonの本読み放題のKindle unlimitedにてようやく読書スタイルが完成。
自分史、最強の読書スタイル。
そのスタイルをご紹介。

読書で一番困ることのひとつが、未来の自分が一体何を読みたくなるのか良く分からない。ということである。
ビジネス書を読みたいのか?漫画を読みたいのかすら分からない。
割烹が良いのか、親子丼が良いのか、それすら決まれなければ献立など決めようが無い。
それをKindleが全て解決したのである。
これはunlimitedに関係ないけれども、適当に本を入れておけばOKという世界観の始まりである。
もちろん既に音楽はそうなっていたし、映画もそうなっていたし、なんだったらだいぶん前から本もそうなっていたんだろうけれども、僕は先日気づいたばかりだ。
凄い世界。

んでAmazonunlimitedは10冊の利用が可能で、いまの利用が以下。

Jpeg

Jpeg

直撮りで汚くて申し訳ないのだけども、これが7冊。直近で読んだ本が上位表示される。中韓の話なんかもunlimitedの効果発揮である。
こういう思想によって考えが大きく分かれるカテゴリは大量の本を読み込んで右と左のバランスを取りつつ、データを交えつつ読みたい。
それを本屋でやろうと思うと大きな出費だが、Kindle unlimitedならいける。「日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほど違うのか」も読み放題である。わりとそういう本もKindle unlimitedにあるので適当に入れて読んでやっていけば、中韓の思惑から日本の立ち位置からあるゆる角度で広めの構造やパースペクティブとして把握できる。政治に関わる本の読書スタイルとしては今までそうしてたんだけど、そういうスタイルが好きならAmazon読み放題はコスト的観点からオススメだ。

次に「必ず出会える!人生を変える言葉2000」なんだけども、これもまた良い。こんな本、本屋では買えない。そして電車でも読めない。
この本の使い方は寝る前に数ページを読んで、その中からおもしろいフレーズをピックアップして、それについて考えるというのをやってる。そんな暇つぶしをやってると知らずに睡魔に強襲され落ちるように寝ている。
昨日は「人間は親から貰った顔のままではいけない。(森鴎外)」というフレーズを反証してた。人の生きざまが顔に出るという話だとは思うのだけれども、これは整形した人のカウンターフレーズとしても機能するかもしれない。日本では整形した人の背徳さもありなかなか整形したかを教えてくれない。そんな世界に対し俺は整形肯定でいきたい。
一昨日は「拍手されるより、拍手するほうがずっと心が豊かになる(高倉健)」というフレーズで。翌日から誰かが会社に来るたびに拍手してみたのだけど、大体がだるそうにされ、まだ僕の心は豊かにならないが、もう少し試してみて健さんの境地にたどり着けるかチャレンジしたい。

あと「飛田の子 遊郭の待ちに働く女たちの人生」である。これは遊郭経営10年の飛田の経営者の苦悩本の続編である。
1作めはめちゃくちゃおもしろかった飛田新地では女の子をどのように集め、どのように集客し、どのように利益を上げるのか?という話で、
レビューを書きたいぐらいに面白かった。こういう本は仕事疲れで何も読みたくないなあってときにピッタリである。飛田の経営者の苦悩は人材の苦悩であり、経営の苦悩である。みたいに結局仕事に戻るのだけど、読みたくなるタイミングのある本である。2作目はまあその。

ひとつひとつの本を書いてと長いので結論から書くと、読みたくなる本がKindleでは大量に置いておけ、そしてその範囲をKindle unlimitedで拾える。ということである。自己啓発も自分では買わないのだけど、読んでると結構面白い「仕事は楽しいかね?」という本もとても楽しかった。仕事の楽しさとは何か?を追求した本であった(冗長すぎたけど)、飛んで埼玉は埼玉県民の苦悩を書いた漫画である。東京都民に虐待される日々であり、これは別に読みたいタイミングなんて無い。出落ちみたいなもんで、50%でお腹一杯である。あと猫背は会社の猫背率が高すぎるので、猫背を直すためにはどうすれば良いのか興味があったので読んでた。ただこれはKindleムキじゃなくて紙の本向きだ(トレーニングとかレシピとかの読み直す系は電子書籍は圧倒的に使いにくい)

 

Jpeg

Jpeg

2ページめの続編は、あまり読まないリストと言いたいところなのだけど、これは全て読んだ本である。ヒマなので再読したいときにピッタリである。再読は脳をあまり使わないので、2度め読んでも再度興味がある箇所を求めて読み、そうすると記憶に定着する。

後半は飽きてリストの紹介を端折ってしまいましたが、多様な読書に向く読書スタイルはKindle unlimitedであった。とても便利だ。Kindleunlimitedで読みたい本が無くなるまではもう少し続けて見る予定。同じような読書スタイルの人、月額980円なので一度チャレンジしてみると良いと思う。通勤がとても楽しくなっているところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。