日々−メマグルシ

先日、古参のスタッフと昼飯(エビフライ)を一緒に食ってたんだけど、そのスタッフに「サービス当初はわたし1人で社内勤務とか普通にありましたよねえ」といってたが、それも半年前で(別に開発チームは仕事場が離れていただけだけど)気づけばチームは10人を越えた。

DSCF9529

もちろん順風にビジネスが進んだわけじゃなくて(順風な経験なんてひとつもなく)、たりないことばかりで、ダメだったことを書き上げれば20は軽くあるんだけど、ひとつ有り難い進展は良いサービスを作ろうと思っているスタッフが徐々に、そして確実に集まっていることだ。
そこが一番苦心してたので、本当に有り難い限りだ。

まだお披露目されてない隠し玉なんかも居て、また一緒に机を並べて仕事をしていないけれど遠隔でワークしてくれてる凄腕たちも多くて、力強い環境ができあがりつつある。

ただ今の一番の不満は、チームの中で自分のパフォーマンスが一番不出来なようにも思えており、そこを、もうちっと頑張りたい。
頑張るところはシンプルで、みんながもっと仕事をやりやすく、パフォーマンスが上がるような環境作りをすることだ。ここに僕が力を割くことでレバレッジが効いてチームメンバー全体のパフォーマンスが高くなるはずだ。成果に繋がるところに彼らの力が割けるようにすること。

そして一番成果に繋がる大事なタスクにメンバーが集中して、結果お客さんをもっと楽しませたい。願うはそこであります。
コツコツと頑張ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。