日々-朝、家を出る5分前に言いたいこと

あと5分で家を出るんだけど、何かブログを書きたい。
5分で書けることを書くか。5分で伝えたいことを書くか。
どちらを書くか。

5分で伝えたいことを書こう。
それは最近の漫画ダンジョン飯からの二番煎じの多さと、駄作の少なさについて書きたい。
ありえない場所でメシ食う漫画多すぎてうんざりって言いたいんだけど、なぜか駄作の少なさに驚く。わりとどれも面白い。
いや、そもそも料理漫画というのはある程度安定する題材なのかもしれない。って書こうと思うも。
これを書くには過去の料理漫画の系譜を探り、ダンジョン飯の新規性を語らねばならない。予想するに30分は掛かる。

というわけで調べる時間は無いので、
・料理漫画って長寿漫画が多いはず(予想)
・料理漫画が長寿になるのはネタのバリエーションの豊富さである(思い込み)
・その料理漫画と何かが組み合わされば、例えば強面パパだったり、鉄鍋をもったバトラーだったり、可能性は無限である(適当)
・その着想からの「食べられないモノ」を料理のプロットに放り込む×「シチュエーション」というのがダンジョン飯の着想(そのまま)
・なぜダンジョン飯が滑らないのかというと・・・(時間切れ)

と結論なしでタイプを辞める。
元気があれば書き直す。で、これまでの時間7分・・・遅刻。遅刻してまでこれが言いたかったのか。結論は出ない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。