日々−久しぶりのブログ更新に何を書くのか問題

久しぶりのブログ更新において、どうしても何を書こうかな?みたいなキモチになり久しぶりのブログ更新はとても億劫なモノになる。何を書くのか気にせずに「いえーい、昨日焼き肉でカルビ3人前食べた!」みたいなエントリーの更新もアリとすれば、久しぶりの更新でも特に心理的負担は少ないかもしれない。
なんだったらそういうエントリーって会社の代表が書くブログとして新たな境地かもしれない。いわゆる代表者ブログで「食べた焼肉の種別と皿数を伝える」というエントリー中心。

あとそんな更新をするなら、もう一つ大きなメリットがある。それは「ヲチ」という大阪人を縛るあのフォーマットからの脱却ができることだ。
大阪人の会話において「起承転結」か「ヲチ」か「だれかの悪口」以外を認めない通天閣メンタリティからの脱却。
僕のような大阪府民の近くに生を受けただけで、この執拗な追求に心からウンザリしていた。

とはいえ、この何を食ったのかだけをエントリー化するという試みは失敗に終わるのは簡単に想像がつく。なぜなら「ヲチ」は回避できないからだ。「ヲチ」は「ヲチ」であり続ける。「ヲチ」は見えないとしてもあれば必ず存在するのである。
「ヲチ」は逆説の接続詞を用い、自分の姿が世に表出されるのを待っている。
表出のための手段も基本的には逆説である。「ヲチ」は「順接」を嫌う。もちろん「対比」や「並列」や「説明」も望まない。「ヲチ」を掘り出すのは逆説がベターなのだ。

たとえば、
「昨日焼き肉でカルビ3人前食べた、だからお腹が一杯だわ」という順接を一番に嫌う。
「昨日焼き肉でカルビ3人前食べた、なぜならお腹が空いてたから」という説明も意味不明である。
「昨日焼き肉でカルビを食べたか?それともハラミか?」と併設にすると、ただのクイズである。

もしくは「ヲチ」を表出するに使えるは否定である。
「昨日焼き肉でカルビ3人前食べてない」
へー。食べてないんだ?ってなる。そこからジワジワと「ヲチ」の全容があらわになる。黒々しい「ヲチ」のお出ましだ。ぎゃーとか、うごおとか大きめの鳴き声が似合う特大の「ヲチ」の立ち上がりが期待できる出だしである。プリンスで言えばパープル・レインである。あの弦の1音を聞くだけで、これから展開される音楽的構造の大きさにワクワクしちゃうのと同じだ。
もしくは松方弘樹のマグロ釣りと同じ・・・と言おうとしたが、それは違うな。撤回する。

これは多分ピカソが「赤を使わないとしても赤が必然であれば赤はそこに存在する」と言ったのと同じことが「ヲチ」にも言えるのであるまいか。
「ヲチ」を書かないとしても、ヲチが必要であれば、ヲチはそこに現れる」ということが言える。

そして僕は皆さんからの、この文章の「ヲチ」はどこに現れるのか?今のところ片鱗すら見えないが?という心の声は僕にもしっかりと聞こえている。
もちろん結論はSIMPLEだ。この文章にヲチは必然ではなかった。存在しない。今回は表出なし。以上だ以上!!今日は解散!解散!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。