日々-引っ越しが趣味による日々の変化

引っ越しが趣味と言い始めてからはや15年。
住宅街(尼崎)→都会(心斎橋)→川沿い(京都)→山の麓(京都)→霊園(緑地公園)→商店街(東大阪)という変遷で。次は城(大阪城)の前というところ。
来月引っ越し予定。

昨年東京にもマンションを借りたので(錦糸町)、趣味がダブルで進行となり、これからも趣味が捗ること間違いなしである。
まあできれば事務所も適時引っ越したいんだけど、それはあまりにみんながハードだと思うので、今は辞めておこうと思う。

引っ越しを趣味と公言したのは、とある小説で人が変わる方法は3つしかない「会う人を変える」「住む場所を変える」「食べるものを変える」と聞いて、その説が面白いと思い、そこからこの趣味がスタートした。ただ僕はこの小説がどの小説だったか全然思い出せず、実は大前研一さんの名言、人間が変わる方法は「時間配分を変える」「住む場所を変える」「付き合う人を変える」という3つだという説を変な覚え方をしただけという可能性も捨てきれずにいる(その名言の続きで「一番効果が無いのは、俺は変わる!という決意だと続く。名言ですねー)

その説を支持するとして、では引っ越しで自分の何が変わったのか?と言われるととても悩むのだけども(比較できないので)少なくともその土地土地が自分の思考パターンに影響は与えるように思う。例えば京都で鴨川沿いに住んでて、日々常に大きな川とともにある生活というのは、とても心を穏やかにし大きなレンジでモノを考えられたように思うし、山の麓の生活は自然の厳しさを強く感じ、当時はわりとシリアスなモノの考え方だったように思う(夜の山が本当に怖かった。漆黒の暗闇)

そういえば書籍のホモ・サピエンス全史では農耕民と狩猟採集民を比較し、いかに農耕という生活が悲劇を生み、採集という生活が豊かな生活だったのかを説明した章があって、そこに書かれているのは、僕の引っ越しスタイルを説明するにとても適している。
ホモ・サピエンスでは農耕をすることで安楽に暮らせる新しい時代になる思ったが実際にはそうはならず、手に入る食糧を増やすことはできたが、食糧の増加は、人口爆発(生活の質の低下)と飽食のエリート層の誕生につながったと説き、平均的な農耕民は、平均的な狩猟採集民よりも苦労して働いたのに、見返りに得られる食べ物は劣っていた、そして定住することでまわりとの陣地の奪い合いのリスクと、定住場所で来月の食料がきちんと確保できるかという不安が続く生活が始まることになった。と結ばれる。

これは引っ越しにも言えることで、手に入る食料を目的(快適さや利便性)にするのではなく、常に移動を続けるという視座(この街の面白さを探す視点と次移動するという視点)、定住しないこと(逆に言うと定住したいと思える場所を探すこと)のどこに行っても心理的な前のめり感の獲得というメンタルを獲得することができる。
自分にとって何が大事なのか、日々何を考えたいのか、何を目的にしたいのか?というところである。
定住するメリットももちろんあって、それは目的にコミットできることだろう。余計なことを考えなくても良い環境(それぐらい引っ越しはストレスが高い)で、また好きな住居に長く住める(賃貸は良い物件が本当に少ない)

で自身のインプットの目的から引っ越しルールとして同じ環境には引っ越しをしないを徹底している。生活の安定や利便性よりは何か面白そうという直感を大事にし、常に違うインプットを受けるというのを目的にしている。
なお現在では、その直感を信じた結果、今は長屋住まいである。壁が隣と共有である。エコ!隣の人の鼻歌が聞こえてくる環境であります。へー男性だけどAiko好きなんだね!みたいな環境であります。
ただこういう環境の生活を続けると、変化には強くなっていく。どんな環境でも生けていけるな。という強い確信が自分に生まれる。
前回は往復3時間のところに住んでいたし、その前は駅まで徒歩35分のところに住んでおり、まあ家に虫が出ようと、冷暖房が無くとも、外の扉が閉まらなくても、風呂から上がってうたた寝したら髪が凍っていたり、天井の雨漏りで全部の書籍がダメになっても、まあいっか。の心境になる。
まわりの環境にキモチが影響されない人生だと人生イージーモードである。まあ図書館さえ近くにあれば、ぼちぼちハッピーみたいな感じな日々となる。

ただ趣味は捗ると書いててあれだけど、関西ではそろそろ引っ越し場所が見つからない問題がある。大体の環境に住んだような気もする。
あわせて昨年、子供が生まれまして、未来子供が大きくなると、引っ越しもしにくくて、そこらも趣味終焉が近いのかどうか。東京はまだまだありそうで、東京だけで引っ越しを続けるもひとつだ。
私的には海外に住みたいなあみたいなキモチもジワジワ出てきてるところで、まあとりあえずは次の城の前に住むという環境を楽しみつつ、趣味が継続出来るか探る予定だ。
城の付近に住むことで自分の思考パターンにどう影響するのか!?はてさて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。