日々-物件検討

引越しの準備もしてまして、契約解除の申し込みを書いてたら申し込みが2ヶ月前までとのこと。
ほんと書類管理がヘボすぎる。

先日のエントリーにて住居のソフトは気にしないとか言った手前、とことん気にしない物件にしようと思ってまして、これに決めよかなと。
町家。築60年。最高のハイクオリティ物件であり、風呂とトイレが外にあるという完全なるセパレートであり、玄関のポストと家が繋がってるというシームレスな設計(郵便受けから家に手を入れれる)であり、廊下のひとつは窓がないという酔っ払って鍵をなくしても安心の構造となり、家の裏手は特大のお寺という幽霊対策もバッチリの物件だったのに。あんなことしてこんなことしてとか考えたのだけどなあ。あー夏の楽しみが・・・。
更新料払ってさ、すぐに引越しというのはアホすぎるので、暫し現在の家に住みます。

んで今の家はあきてるので、屋上をオレに開放してくれと家主に聞くも断られ(屋上をカフェ&農園にしてみようかなと)、今の家でも楽しい何かを考える予定。どうっすっかなー。

仕事-広報活動1.2.3

あまり仕事について書いてないのですが、色々やってるなか、最近はネタ作りと広報多し。今回、オレは大したことしてませんが、アルカナの騎士の広報をお手伝いしており、オープンしましたよ。と。
アルカナの騎士
昨日リリースしてappランキングでも5位まで来ており、何とかうまく行って欲しいなと。
正直に白状すると、今回の広報のために生まれて始めてソーシャルゲームをやりまして、スゴイ練りこまれてて、長く続くための仕掛けをしっかりと構築されていて驚くばかり(とはいえアルカナのappストア内のレビュー点数が凄く高いのでアルカナがしっかり作られているのだなと)

そしてプレイしながら思ったのだけど、ソーシャルでのゲーム性を入れ込む量というのは非常に難しいのだろうなと。
運の要素とテクの要素の比率がゲーム性と定義するのであれば、カジュアルゲーム全盛の今、その配分は難しい。
少なすぎると運ゲーと呼ばれ、入れすぎると難しいと言われ投げられる。そういう観点からアルカナは良く出来てる。

一本全体のバランスを取りながらゲームを仕上げるという作業は非常に難しいと思う
部分部分を作るのは出来ても、それを切り取り、配合し、まとめあげるのは大変だ。
何とか広報としても引き続きがんばり、もっと色んな個人サイトの方たちとも交流が取れるように進めていきたい。

無料でじゅうぶん遊べるので、一度ダウンロードしてみて体感してくれれば。hidekiでお馴染みSHIBUYAの匠っぷりも発揮されてますよってに。

日々-映画の感想と気持ち悪さと色々と

久しぶりに映画を見る日々。
何かをしながら見てる(じゃないと集中持たずで見れない)ことがほとんどだったが、
ながらが功を奏し結構スマホで見た(ネットでの映画鑑賞の技術革新っぷりがスゴイ)
ぐるりのこと、問題のない私たち、アヒルと鴨、ゲロッパ、パッチギ、ボーイズ・オン・ザ・ラン、ゴッドタン、チュートのコント、さくらん、仁義なき戦い、進撃の巨人、以外にもいくつか。
でダントツに面白かったのが「桐島」だった。いやー面白かった。

「桐島、部活やめるってよ」
続きを読む