日々-年をとるということ

ボクはなぜか昔から年齢と考えの変遷について強く心が惹かれる。
同じ作者の20歳で書いたエッセイと40歳で書いたエッセイがあれば迷いなく40歳に書いたエッセイを選ぶ。可能ならふたつとも読んでどの考えが消えて、何を捨てて何を拾ったのかを考えてみたい。
人は30歳を過ぎるとどうなるのか。人は40歳を過ぎるとどうなるのか。みたいな設問に興味がわく
ただ1歳年を食うだけだよというのもクールな見解なんだけど、そこは大きな分水嶺のように見える、そこを超えるには何かを捨て、新たに何かが見えるようなそんな境目のような。

そしてそんな50歳だの60歳だの人たちの本を読み、そしてその人達がボクと同じ年に書いた本を読んでると思うことは本当に色々ある。
とはいえ、それらをコツコツ雑感として文章に書いてエントリー化する気合と時間は今ないので、こんな消化不良なエントリーでタイプを終えるのだけど、上手い年のとり方をしたいなとは思う。ボクは早く年を取りたいとずっと思ってきたタイプの人間だけども、それでも年をとる数が増えるにつれて、年を取るのは色々と辛いこともあるんだなーと思うことも増えてきた。これからもドンドン年を取るだろうし、しっかりと年を取る準備はしていきたいなと。ちと年寄りクサイエントリーだけども。うまく年を取るのは(40、50歳の人を見てて)非常に難しいことのひとつなんだろうなと思うのだ。

日々-ブログを書くと、ささやかだけど効果があること

朝起きて5分以内に仕事モードに突入したいとは思ってるのだけど、人の常でありましてなかなか脳が思考するモードに変わらないことがある。
そんなときは、わりとブログが効く。
何も考えなくても、こんな風に適当に書いてると、知らない間に仕事モードに入ってることが多い。

たしかサマセット・モームが書くことが何も思いつかなくても、取りあえず椅子に座って何かを書くようにしてると言ってたんだけど、これに近い感覚で、書くという行為を通じて、仕事という長くて遠い神経細胞までつながってる感覚。タイプするごとにシナプスが結合する。かどうかは知らないけど、ボチボチ効果あり。

ただデメリットは2つありまして、
ひとつは、俺のメールに返信もしないくせにブログ書いてやがる。と思われることと。
もうひとつは、エントリーのクオリティがこんな感じで徹底的に落ちるってことだよ。ったく。

さあ仕事モードになってきたし、仕事へ。

仕事-仕事をしてて疲れる瞬間

基本的な方針として、
・誰かの事を示唆(そして相手が気づく可能性が少しでもある)
・ダルい話や文句

を書かないというのが、本ブログの基本方針であり、それは今後も続けるのだけど、それとは別に仕事をしてて疲れる瞬間。
これは誰かに対する文句じゃなくて、俺の本心はここにあるので、仕事を高速で進めるのがボクの何よりの目的なので、
変に反応いただかなくて大丈夫ですよ。というエントリー。
というわけで仕事をしててダルい疲れる瞬間。
続きを読む

ヒマ-盆でまわりもあまり仕事をしてないので、朝の散歩を書く

そういえば、お盆でまわりが緩かったので、叙情的な文章で日々の散歩を書いてみるとか一人でやってて、結局アップしてなかった。
というわけでお盆でも無いし、お盆の空気感も終わったなか、お盆の文章をアップ。
お盆に朝起きて散歩して思うこと。

続きを読む

仕事-適正な仕事時間を考えてみる

ブログというのは書いてると毎日ゴリゴリ書くんだけど、書かないとさっぱり書かなくなってしまう。
で前回なに書いたっけって思って見直してたら、結構気合はいったエントリーを書いてるなと。
頑張り屋さん風味。

基本的な座右の銘として「頑張らずにパフォーマンス」を考えてて、それと、じゃあ最大にパフォーマンスが出る適正な仕事時間は何時間だろう。という仮説も。
以下にて。
続きを読む

雑感-やりたいことがあるのなら

リンカーンの言葉を借りて、ブログをブランディングするなとか言わそうなので、漫画からも好きな言葉を。

ちょっとヤンチャアピールのようでお恥ずかしい引用でありますが、
漫画で印象に残ってるフレーズは、これは即座に思い出したのだけど、たしかジョジョ5部(マフィア編)でグレイトフル・デッドが、
「“殺す”と心の中で思ったならッ!その時スデに行動は終わっているんだッ!」

というもの。いやー、いいっすねー。まあ本当にそんな人が居たら、とても人間社会では生きていけないのだけども、心構えとしては凄く良くわかる。
そんなことを。
続きを読む

雑感-長く人を騙すこと

ぼくはわりとエイブラハム・リンカーンの言葉が好きで、折にふれて思い出したりする。
そのなかでも特に好きな言葉が、

少ない人を、ずっと騙すことはできる。すべての人を、少しの間騙すこともできる。しかし、すべての人をずっと騙すことはできない。

この言葉が凄く好きで、僕自信もこのワードをもっていろんな事柄に考えてみたんだけど、だいたいがその通りになってる。
ってなことでも。
続きを読む

仕事-あたらしい事がやりたい

自分の特質として誰でも出来る仕事はあまり盛り上がらない。時給をもらって仕事してるとしても、多分時給からやりくりして、やってくれる人を探してきてでも作業はやんない。この作業をやんないデメリットは色々あるんだけど(言ってられない仕事もたくさんあり)もう自分の特性として諦めてる。

そして新たな事業をするときも、その特性が頭をもたげてしまう。
どうしても誰もやったことが無いことにシフトしてしまう。
ただ基本的に誰もやったことないという事業は
・ニーズがない
・先人の誰かがやってミスった。

ことがほとんどで(感覚としては85%)もしくはニーズがあれどそこにお金を落とす習慣が無いことが多い。
まあそんなことはわかっていても、、ついチャレンジしたくなってくる。

続きを読む

Tips-そうめんの食い方

夏になると素麺を軽く扱いはじまる人や素麺について軽はずみなことを言い始める人が居るんだけど、素麺への態度を改めてほしいので以下にて。
「なんか面倒だしそうめんにする?」とか「食欲無いしそうめんじゃない」とか言ってる人、見えてなさすぎだ。やっぱ以下にて。

続きを読む