日々-2013年最後の更新として

下書き整理という微妙な企画を年末のブログにて勃興してしまったのだけども、まあ全ての下書きを何とか処理できまして。これにて2013年最後の更新としたいなと。
本当に今年も皆さんにお世話になりまくりで、写真が無い人があれですが、やはり主要なのは2チーム。年賀状がてら。
スイマセン、年賀状送付という発想すら持っておりませんで。

2013-10-02 14.35.59
本当にお世話になった皆さん。
ようやくという感じで後半3ヶ月。来季は何とか楽しい感じでいきたいですね。と。
改めてありがとうございました。本当にボクのあれがあれで。とか書き出すと謝らなければならない限りで。写真枚数とか、色々と。

20131224_10437

後半三ヶ月のノリは彼ら三人の力が無いととてもとても。本当に力強くhidekiをフォロー。
来年もガツガツやってくれて、目上からの褒めなんていう文章じゃなくて、ほんとに感謝。
んでやっぱり彼らを探してくれてたあの人の感謝も含め。

いやー。最後のエントリーとはなりますが、本当に来季はマジで気合入れていきたいなと思っておりまして、年明けそうそうに引っ越しも検討しつつ。
あらためて色々とお力お借りする方も居ると思うのですが2014年もどうぞよろしくお願いします。

雑感-京都人がイケずな理由

京都に住んでもう5年。改めて京都いいけど、京都人ウーンな人の率高し=大阪に住んでた時の比較(正確に言うと京都の京都観光地付近に住んでる人ということになる)いちいち書いていくと角も立つので、辞めるんだけど、たださ京都人が何故ウーンなイケずな人が多いのかも京都住民として代弁してあげたし。
住んでるとイケずになるのは分かる。というのも、ほんとに観光客が鬱陶しいのだ。観光でメシ食ってるんじゃんと言われるかもだけど(清掃とか恩恵受けてるけど)我々一般人は混むのと汚れるぐらいで、恩恵はあまり無い。
そんな観光地に住む大変さを。

続きを読む

Tips-古本屋で買っても良いビジネス書

どの本で読んだか忘れたが、昔読んだ本で、古本屋でビジネス書を買ってるヤツにロクなの居ないという内容を見た記憶があり、改めて今、その言説に対して思うのは(そもそもビジネス書を読んでる人にロクなのが居ないって言い方も出来るのだけど)これは実にマジに合ってるような気がする。
風貌で人を判断するなんてもってのほかなんだけど、こうも風采って上げるの難しかったっけ?って思う人多々である。風采と敵対してる人と形容しても語弊は無い人が多い。多分投下すべき資本で本に対して投下しないというのは動機が薄いのかもしれない。(あまり日々本を読まないのなら、お金を払ったのだ!読もうというのは強い動機だ)

前も書いたとおり良本は古本の値段が落ちないというのはかれこれ何冊も書籍を読んできて思う感想なんだけど(大体新品との差が500円以内というのが良本の証明)、ただそれを考えても古本で買うべき本というのは、ビジネス書なのでは?という気がする。ほんとにビジネス書って駄本が多いので、ほぼ駄本(セルフブランディング系の本も多いのでがっくりくる)こんなのマジになって読むもんじゃないなーって思う、だからこそ古本が向いてる。というのもたまにコツみたいなのを書いてあってこれが結構役に立つ。ホリエモンとかカツマーとかも、このTipsが結構面白くて、今でも役に立ってることが多い、ホリエモンのメール処理術なんて、まんまパクらせて頂いた。彼の合理性はほんとに凄いのだ。んで、なるほどなあ。みたいな事も多い。基本的に処女作のみでOKで、あとは不要ということもポイントとしてお伝えしたい(あとは大体一緒)

というわけで凄い薄いTipsだけど、ビジネス書は古本で良いかもねと。ただ途中で挫折しちゃう人は新品にてお金を投下すべし。

日々-人の判定基準

hidekiのテスト撮影なんかで僕もテストで入り写真撮影をしたりするのだけど、
僕の写真をチームでやり取りする折、
「足の短い写真・・・あっ、いえ井上さんの写真送付します」みたいなことが何度もあり、
そんなイジり方ではね。みたいに思ってたけど、もしかしてイジりに属する話じゃなくて、本気の間違いでありミスなのではあるまいか?というエントリー。

続きを読む