仕事-戦うマーケット

Market

2年を超えて建築系の会社をフォローしているのだけど、フォローをしてると建築というマーケットの大きさを感じる。
大きな市場の場合、一定のシェアがあれば、小さな改善や細かい効率化、それらを使った時間の掛け方を変えただけで、とても大きなパフォーマンスとなる。
そのパファーマンスによって、そのフォローしてる会社の利益は去年も結構な水準だったが、今期も非常に高い利益率であり、利益額である。自分の力アピールではなくて(どの観点から考えてもありませんで)担当者ひとりひとりのパワーの結果ではあるが、それでも建築マーケットの大きさも感じるのも確かである。

何が言いたいかというと、僕としてはこれまで大きなマーケットで勝負した仕事の経験がなくて、市場が大きいとこのような力学が働くのか初めて知った。この動き出しで、このように作用して、こんなに大きな力になるのかと。ひとつが色んな所に波及して連動する。とても楽しい経験だ。
そして次に我々がチャレンジする業界はとても大きなマーケットなので、そういった観点からもチャレンジが楽しみなのである。

ネットで軽く拾った情報なので、正確性は皆さんにお任せするとして、
以下の様な物が市場規模である。

2013年の家電小売の市場規模は約7兆4,400億円
縮小が続いてたブライダル関連市場規模は 2 兆 6,060 億円
国内ゲーム市場4,936億6000万円

なんとなくな市場規模がこんな感じであります。
もっと書けば、伸びまくりのソーシャルメディアの市場規模は2,005億円と言われており(広告は別。ゲームが牽引)、アイドル市場が500億円ぐらい。
そして今回チャレンジさせていただくのが、
「国内アパレル総小売市場」であり、12年の前年比101.3%の9兆1,645億という市場規模になってる。
(年間均して9万も買うのか。。)

当然合切のグロスであり下着やスーツなども含んだ額だとは思うが、とても大きな市場だ。
我々がチャレンジする市場はアパレルの中で小さめにセグメントされた市場だが、それでも数千億という大きな市場であり、(国内ゲーム並だ)何とか少しでもシェアを狙っていきたい。
それからも最終はその国内アパレル総小売としての存在感を示したいと考えてる。それは自分らがどうこうより、この試みによって、誰かにとって良い場所になってほしいと運営チーム全員が願っているからだ。ファッションが好きな人たちにとって、良い場所にしていきたい。そう出来るかが全員のチャレンジである。
オープンは6月24日。
やるぜ。と。

ヒマ-にわかサッカーファンから見た日本代表VSザンビア戦採点

1m

にわかサッカーファンが騒ぎ出す時期がやってきましたよと。
にわががサッカーを語るとどうなるか?そう、鼻につくのであります。
あれ、こんなに鼻につくんだっけ?ええ、まさかのレベルで鼻につきます。

大体まわりにはサッカー愛好家ばっかりが居るわけなんだけども、全然気にせず語る。「斉藤うまいよなー」とか言ってきたら「あー足元は安定してるよなあ(どやぁ)」とか言っちゃう(日本代表しか知らないのでプレイ見たこと無いけど)、にわかは全方位ドヤりが正解であります。

というわけでザンビア戦もすぐに見るのを辞めましたが録画して、あとあとコツコツ見ましたよと。
にわかのモットーは「結果が見たいんじゃない、プロセスが見たいんだ(どやぁ)」であります。宜しくお願いします。
なぜワールドカップだけ見るのか?日本代表じゃないと集中がモタナイし、ぐらいしか変遷知らないんだYO!

というわけでザンビア戦の面白かったところ。

・点決めすぎwww
にわかは点に敏感!点にしか感心がないからにわかである。
なんで日本代表こんなに点が入るんだ?ってぐらいに点入る。2点取られた引かれて無理ゲーwwwって思ったら崩す崩す。どんなに弱いチームでも引いて守られたら点取れないって俊輔が「察知力」で書いてたのに、なんのその、入る入る。動き出しが戦略的に感じる。有機的でステキ。

・内田、点決められたのに格好よすぎww
点決められてすぐにソックス直しててめっちゃカッコ良かった。にわかとしては怒ってもいいポイントなのかしらん。と思いながら彼を見てたが「怒ってはならない」という結論に達した。あんな笑顔怒られへんやん、イケメンイジりはアカンやん。

・誰が相手に付くべきか?
にわかが分からないポイントは、誰がついとくべきなのか?ってところがよくワカラン。1点目は華麗なサイドチェンジをザンビアにばしっと決められて、中央に切り込まれてゴタゴタのなか、みんなが交代ばんこで足出して、誰もザンビアの彼を止められずで、右サイドからザンビアの選手が走りだして、そいつがほぼフリーでのびのびプレイ。これだれのマークなんだ?と。にわか震える。
2点目なんてコーナーからニアに合わせられて、ほぼフリーで決められて、だ、、、誰が悪いのか!!戦犯を!!!!解説って大体どうしようもない関係の無いこと言い始めるので、戦犯判定つかず!教えて詳しい人!というわけで、でもさ、あのスルーにあんなにバッチリ引っかかるのもちょっと凄い。彼が戦犯なのか・・・ただあの豪快に引っかかった人も正直誰かワカランから怒れず。

・日本ってこんなに走れたか?
と思ってるんだけど、これ前回Wカップぐらいから日本超プレスが早くなった印象ある。めちゃくちゃ走れる。その意識は岡ちゃん発信だと思ってるのだけど、合ってますかね。ただ今回はプレスはあまり効いてなくて、スカスカノビノビな感じもしたけど、でも走れるチームには変わりない。ザンビアがヒーヒー言ってても走る走る。途中ザンビア全然チェックに来てなかった印象。前回は最後バテバテだったぽいが、それも調整してきて、よく走ってた。好感のモテるチームだ。

・サイドチェンジってこんなに効くのかYO
これが一番のにわかの収穫。
にわかとしては前から「サイドチェンジってあんま意味なくね?」って思ってたんだけど、スペース云々より、マークがずれやすくなるのね。そして日本代表の弱点かもしんない、ザンビアのサイドチェンジが芸術的に決まっててしびれた。にわかは「今のサイドチェンジで位置ずれたな(どやあ)」を獲得。

・にわかが思う微妙な人
というのはすぐに感じる。足元悪い奴とフィードズルズルなのが一番にわかNGである。今回は柿谷微妙、遠藤微妙、内田(好きじゃない)が一番感じたところだ。
あとさ、にわかが知りたいのはFWを変えたら、戦法まるがえ(日本代表ワントップだし)なんだろうけど何をどう変えようとしてるのか知りたい。全然わからん。柿谷なら・・・大久保なら・・・。これがハーフナーならまだ分かった。ファーに入れて落としてズドンみたいなことをしようとしてるのね。みたいな。大久保・・・ムキムキ。ソフトモヒカン・・。ゴクリ。ぐらいな印象。

・森重うっめー!
こう身体が強いのはとてもワクドキします。ドキワク!
んで最後のフェイントも落ち着いてる!んでジャストで本田!かっけー。

・動き出しがものごっそ良い。
本当に良いんですよね。日本代表は長友のオーバーラップが起点になるんだけど、そこに香川絡んでみたいな流れなんだけど(たまに遠藤で溜めてみたいな)そこで見えないのだけど右も良いのですよね。すなわち岡崎が裏取り凄くする、カワイイ。んでスペースが空いて、本田が活きてみたいなことになる。昔の最強本田みたいに、本田に預けてたら取られないし、引きつけてラストパスいくのであります、みたいな神がかった動きがなくなったのだけど、本田ってどっかに居るんですよね。そこに居た!みたいな。もう過去のあの強靭なフィジカルさは無いし、精度もイマイチなんだけど。居ます、彼は。んで走る!
途中から入った大迫も凄く動いてた。(健気に毎度ファーに動いてた)
いやー面白いなあ。スペースが空くので、見てて今っしょ!みたいな瞬間が多い。バックパスひとつとっても意味があることが多くて、意図を考えるのが楽しい。

・でもなんでこんなに点取られるんだろう?
誰が悪いのか全然わかんないけど、しょっちゅー相手フリーなんだよね。俺の師走並にフリー。にしてもさ西川も一本ぐらい止めてくれよー。みたいには思う。うーん。もう使われないよね。何か良いところが見えずで。日本の失点パターンを見てると、色んな人が上がってガチャガチャされてスコンと入れられるか、ワンツーでスピードについていけずに入れられるか、吉田さんのいつものステキプレイで入れられるかの3つを思いつくのですが、これはどうすればいいんですかね。まあでも面白い試合連発だし、まっいっかなー。こんなチームなら毎度応援するなあ。ラストの大久保へのパスなんてクラクラきてしもた。そしてきちんと決める強さ(大久保ミスも多かったけど)面白いなあ。本戦も見たいなあ。

というわけでにわかの採点は100点!もう楽しい!
出来れば次戦もアナタの鼻ににわかをお届けしたい。届けにわかの想い!今後ともよろしくお願い致します。

Tips-ギャンブルに負けない方法

t440
確か500戦無敗ぐらいの戦績で・・・<中略>
(暇な時にギャンブルの勝ち方でも書きたい。)

エントリーを書いたあとに調子に乗ったなと後悔してたので、きちんとテキスト化。
というわけでギャンブルに負けない方法。
優秀な経営者の多くが昔ギャンブルが強かったという話を聞くことは多いと思うのだけど、これは市場原理とギャンブルのやり方が近いことにあるのではないかなと、というわけでそんな考察をしつつギャンブルに負けない方法を書いてみよう。

ギャンブルに負けない方法を一言で言うなら、
・対人戦のみにすること。ROI(投下資本利益率)が低いならやらない。

に尽きる。
胴元が居るギャンブルはやらない。
対人戦のギャンブルのみである。(いちいち断るのが面倒だもんで、合法な範囲のギャンブルである、負けたら掃除ぐらいを想定してくれれば)
これは何のゲームかというと、まあ恥ずかしいのだけど大富豪というトランプゲームである。これが500戦無敗である。

ギャンブルというのは運の要素とテクニックの要素が絶妙な配合でないとならない。テクニックの要素が高すぎる将棋とか囲碁なんかでは誰も勝負に乗ってこないし、逆に言うとクジだと運の要素が強くあまりおもしろくない。その絶妙な配合がポイントである。大富豪は、そうだなーテクニック5割、運5割ぐらいの配合かなーと長くやってて思う。
そしてそのようなゲームにおいて負けない方法というは、

・ひと勝負の流れを読むこと

である。

弱い人に多いのが、自分の手が弱いとブーブー文句を言うことである。
「こりゃダメだ」とか「運わるー」みたいなことをブーブー言ってるんだけど、そのエクスキューズで得をするのは、自分は下手じゃなくて手が悪いだけなんだからね☆という周知以外はない。そんなことを言っても、まず得をしないので、自分の弱い手でも勝てるシナリオを粛々と練る。
大富豪というのは大貧民にならなければ次もチャンスが訪れるゲームであり(大貧民のみ強いカードを渡すというローカルルールだった)大貧民を避けるのが長期的に勝つ方法である、相手がこうやって、こうやってくるタイプの打ち手ならば、俺が3位だなというシナリオを打ちながら何パターンが作っておく。基本的に初めの流れを意識して、途中で考えをブラさない。ただ流れによっては乗っても戦えるなと思えば乗る。そして弱い手で勝負には行かない。静かに富豪か貧民を狙う。自分が弱いときは守る。強いときは行きまくるのが大事。

クエスチョン:絶対に勝てない手の時はどうするか?

大富豪というのは、絶対に勝てない手というのが存在する。
これはどのような方法を使っても負けるなというのが途中で分かることがある。
こんなときは、その勝負を捨てるのだけど、タダでは捨てない。自分という人間が一番記憶されるように負けるのである。
すなわちここだというタイミングで、相手にダメージを与える方法を実行する。
大富豪でも他の対人カードゲームでも、いかにブランドを構築するのが大事である。
その折に、きちんと相手にダメージを与えることが出来ると、次の勝負で井上とやると戦いが始まるとなると引いてくれたりする。
セルフブランディングはギャンブルにおける鉄則である。井上恐ろしい子・・・・。と思われるかどうかである。

・一喜一憂しないこと。
これもギャンブルが弱い人の特徴なんだけども、一戦一戦でとても一喜一憂するのだけど、勝負というのは単発勝負じゃなくて連続した勝負の累積が勝負である。そして一喜一憂するというのは体力をとても消耗する。一晩中ぐらいやったりするので、一喜一憂せずに、長いレンジでモノを考える。(基本的に一喜一憂は会話を楽しむ。ゲーム時の会話って本当に面白いし盛り上がる)

・出したカードを記憶しておく
これをやってない人が多い。誰が何を出したのが記憶する。
そしてその人の手札と戦略を想像する。1枚出しで常に場に出すカードが高い人は、被ってるか、何かを狙ってるか、ものすごく強いかのどれかである(それはすぐに分かる)狙いが革命っぽいと分かったら、急いで革命の準備に取り掛かる必要がある。ただ取り掛かるといっても、弱いカードにするんじゃなくて、カードを均しておくイメージである。(2を使って6を捨てるイメージ)常に大貧民にならない最善手を探っていくのが勝負だ。

・相手のスタイルを記憶する。
相手がどのようなタイプなのか、イケイケなのか、慎重なのか、勝負師なのか、安定なのか、3カードで革命狙ってくるか、狙わないか、どんな打ち手なのか頭に入れておく。そうすると最終の勝負の時に、どのような打てば良いのかわかってくる

・相手がどこからカードを切るか見ておく。
うー。これは途中でフェアじゃないなーって思ったので辞めたが、これをやるとまじで負けない。相手がどこからカードを切るか見てると、どれぐらい相手の手札が強いのかすぐに分かる。カードの並べ方って大体だれも似たりよったりなので、どの場からカードを持ってくるのか。分かれば相手のカードの戦力と2枚揃ったカードの多さなんかが分かる。というわけで、初心者の人は後半はカードをシャッフルすると良いです。

・リスクと期待値を考える
例えばここで勝負してハマれば大富豪で、ここで置きにいけば貧民か大貧民だなという勝負があって。その期待値が高ければ勝負すべきである。僕としてはふたつ順位が上がる勝負で且つ期待値が70%ぐらいあれば戦いを挑む。

書き出せば、まだまだある。
所詮はゲームなので楽しむのが大事として、途中からそこまで勝負にこだわらなくなった気がする。
ただ一番勝負で僕が負ける確率が高いのが、初心者との勝負だったりする。これはセルフブランディングが通用しない/セオリーがない(強いカードでもバンバン切ってくる)/反則を知らないので、何をしてくるのか読めない/スタイルがさっぱり分からない。
みたいなもんで、初心者3人とやると、俺が誰かとのバトルで消耗しつつ、その上を誰かにかっさらわれて、あまり勝てないことが多い。慣れてくると置きに来る人が出てくるので、1人ずつブランディングを仕掛けていくと勝てる。

ちなみにだが他の運の比率が高い対人ゲームもあまり負けたことがなく。要領は同じであります。
あと統計を学ぶ(初心者レベルでいい。ざっくりと数値にする訓練をする)のは本当に良くて、期待値がどれぐらいなのか?というのがあると使える。
たださギャンブルを仕事に置き換えて書くとかいってて、普通にTipsを書いてしまった、仕事に置き換えたいところだが。営業の仕事と絡めて書けば良かったのかもしれない。そういえば俺は営業でも負けたこと・・・・はありますね。失礼しました。

雑感-経営者に一番必要な資質はなにか?

4455HJ

そういえば、気づけば14年近く経営者としてやってるわけで、経営者の平均年齢が55歳前後らしく、年齢としてはひよっ子だけど経験年数で言えばベテランである。
困った限りだが。

自分としては、改めて自分が経営者に向いてるのか?と問われると、経営者に向いてはないかもしれないが慣れはしてると思う。頭をゴチゴチぶつけながら都度修正しつつ覚えつつやってきたので(なんというか大体のトラブルは巻き込まれたきたように思う)いくつかのポイントは理解出来たんじゃないかなと思う。

経営者に必要な資質を言えと言われれば、
・決断するのが得意
・未来のことを考えるのが好き
・動機が無限

の3つを上げると思う。

上記は色んなところで言われてるので、それらを読んでもらって(俺も思ってることは同じだ)
そこにプラスαで鈍感さみたいなものが経営者に必要な資質だ。
経営者になると、言動と行動の不一致がどうしても起こってしまう。
サッカー元日本代表監督の岡田さんが言ってたんだけど「コーチとして好き放題言ってるうちは凄く楽だった、トップになったらこんなに大変なのかとびっくりした。」ということを言ってて、「監督とコーチの立場の違いは、コーチと選手との差より大きい。」という発言をしてた。

これはまあ何だと言うと、トップになったら相反することが多くなるわけです。すなわち「良い人」と言われ続けるわけには行かない。例えば誰かの給料は上げて誰かの給料は下げる、誰かに自分の失敗を棚に上げてでも厳しいことを言わないといけない。「みんな苦しいけど頑張ろう」って言っときながら自分は高級マンションみたいな感じになると、労使レイヤースタートであります。でもそれを良い人になりたいからと説明していくと、なかなか時間も足りない。仕組みで何とかするというのもあるが、所詮便宜的なシステムである。
そういう相反する部分にイチイチ傷ついてしまうとなかなか仕事が前に進んでいかない。
(ただそれでいて不満をすぐにキャッチする感知力も必要である)

あとですね。やっぱり会社が苦しいときに、みんながキャキャウフフやってると腹立つんですよね。25歳ぐらいの頃、自分1人だけ夜中まで仕事してて、全員は普通に帰って行くわけで、何だこりゃと。未来の売上伸びる施術取らないのか?と。でもまてよと。自分としては楽しい環境を構築するのが強い動機であり、みんなが楽しいのなら良いのかしらん・・・。という思いもある。んで俺が怒っても話にならないと思い。苦しいときこそ笑顔で、キャッキャウフフしつつ売上を上げねばならぬ(まあムリだから、飛ばすんだけど、飛ばすと萎縮させるわ、みんな疲れるわでむちゃくちゃなり)そこらを含めて鈍感力が必要であり、わりと自分は鈍感力を身につけてこれたのではないかなと。売上苦しくても、所詮お金如きであるとスルーしつつ、未来を見据えて、日々決断しつつキャッキャウフフ出来るような鈍感力が経営者に一番必要な資質かもというのが今思うことである。あとさ、経営者が続くと完璧に見れなくなるのはキャッキャウフフのクイズ系バラエティ番組だったりする。(アホで開き直るあれを見てると、かなりクルモノがある)

日々-説明責任

一応アブク続き。

IMAG0502

手前の急須とティーポットをゲット。
べつにブッてるわけじゃなくて、本当に困っておった。
奥にある何年使ってるかわからんヤカンに少量のお茶っ葉を入れる日々。何でこんなに熱伝導率の高いどでかい物質でちょっとのお茶を飲まねばならないんだ。という感じで。

スイマセン緩いエントリーで申し訳なく。今日も1日オープン前作業中。昼からロングランしたかったので、超見たかった日本代表も開始5分で消して(ちょっと見たのを弱さと取るか、すぐに辞めたのを強さと取るか、それはキミの良識に委ねたい)セコセコと作業しておった。んで近所の雑貨屋で欲しかった上記をゲット(あとチリトリも買った)ニコニコしながら引き続き作業に。
仕事モードが続くのでなかなかこういう方面に頭が回らないのだけど、まあ良い気分転換に。有難うございました!

あとさ、机にあるのはかのジャンクフードである。激辛スナックであり、胃へのダメージは測り知れず。全食い完食のファックロハスのブルシットベジタブルファックオフであります。お間違えなきよう。

雑感-アブク銭の良さ

11n

僕としては基本的にモノを貰いたくなく(誕生日がとても苦手だ)今回引っ越しの自宅の引越し祝いも断ってたわけなんだけども、あまりに断ってたら、ならということで現金を頂戴しまして。
こう現金を頂くとポケットにしまうわけにも行かずに、恩義として何かを買って、これ買いましたー!ありがとうございます!というメールぐらい送らねばならない。というキモチになり、では何を買おうかなと思ったわけなんだけども、改めてこういう使い方が楽しいのかもと。

これを買おうかなと。BALMUDAのサーキュレーター
消費電力がべらぼうに低い。ステキ。

そしてこんな超高級扇風機なんて自分じゃ、どれだけお金を持とうとも買おうとはしないと思うので、こういう機会しか無いよなあっと。
何というか普通に稼いだお金だと自分の金として捉えず、誰かが使うかもしれないお金として認識する(これぞ経営者マインド)となるとプールするしかなくて、別に何も使わない。
それがアブク銭だと、何か買おう。それが礼儀だ!みたいな思考になってお金が使える、

図書カード5000円分とか貰うと。どうせアブクだし、あんな本とかこんな本とか買ってみようかなみたいな思考になって、とても楽しい。これはお金のありなしより性格によるところに思う。俺とかの有名な経営者を比べるの申し訳ないのだけど、世界一お金持ちのビル・ゲイツも自分にお金を使わないことで有名だった。カシミヤのセーターを買って何日もニコニコしてたという逸話が残ってるぐらいだ。

というわけでアブク銭が嬉しいなーという話で。
そういえば俺は、昔あるギャンブに凝ってて、それがめっぽう強かったのですね。(合法ななー)
一戦、一戦では負けるも、その日のトータル収支ではマイナスになったコトが無かった。
確か500戦無敗ぐらいの戦績でこれもアブク銭がとても楽しかった。
(暇な時にギャンブルの勝ち方でも書きたい。)

普通のお金ならイヤだけど、こういう時はみんなでメシ行くぜーみたいな感じがとても楽しい。
「おし、全部俺がおごってやるから、全員俺に敬語な」みたいな感じで。

こういうアブク銭システムを会社にも取り入れると面白いのかなーなんてことを思ってる次第。イヤラシイのはイヤだけど、緩い範囲でなら楽しいですよね。
・・・ってか。扇風機でいいのかなー。一人がけのゆったりソファーも欲しく。
こんな機会は少なく悩む(仕事します)

日々-新サービスの名前とロゴ

新サービスのロゴが決定しました。

 

anna

これがロゴであります。
とても気に入っておりますが、いかがでしょう。

 

ファッションが好きで、シニカルなんだけど、実は人が好きな感じがとても良く出ているなと思うのだけど。
ただ三頭身キャラでファッションが好きそうな情報とシニカルなトーン、それでいて人が好きそうなイメージを内包させるのはとても難しかった。ほんとデザイナーさんの力であります。
人気が出て色んな人に認知されて欲しいところだ。

 

 

 

 

foot-anna

そしてサービス名が「スタイリストAnna」。
「コーディネーターhideki」に引き続き「スタイリストAnna」にて。
両輪のようなサービスであり、補完しつつ高めあいたいなあ。っと。

 

他にも情報を載せたいのだけども、取り急ぎはこんな感じにて。
応援いただけると有り難い限りであります。

 

 

 

IMG_4278

あと2週間ちょい。ぬるぬる行くぜ。

仕事-新サービス着々

何の情報から出そうかなと思いつつ、悩み中。

今週中には新サービスのティザーサイト(新サービスの情報を少しだけ公開したりするプロモーション用に作るサイトのこと)をオープン予定にしてます。
取り急ぎ現場からの情報をまとめて紹介。

20140524_179895

日々厳しいコーディネートの追求もあり、切磋琢磨しつつ、

20140531_190057

新たな気付きや閃きも生まれつつ、

20140503_147940

それなりに緩くやりながら、

20140417_124968

時には厳しい顔で頑張ってますよ。

と。

まあゆるゆるキビキビ頑張ってきてまして、オープン間近。
俺もバタバタ極めり。細かいところまで練りに練られており、とても良いサービスだなあと思う次第。色んな人にとってとても良い場所になると良いのだけど。
まあ次回にはちょっといくつかの情報も出していければと思いますよってに。

日々-お金持ちになったらその2

IMAG0491

昨日の「お金持ちになったら俺すんげーきーぼーどを買うねん!カナ入力のおっしゃれなきーぼーどを買って世界中の言葉をたいぽするねん!」というエントリーに引き続き、お金持ちになったら買っちゃいたい物は「高級海苔」であります。

ある人が買ってくれたんだけど、ホクホクな日々スタートである。
なんというかさ、海苔で頭に来るのが「みりんの塗りすぎ」「砂糖つけすぎ」の甘すぎである。なら味付け海苔なんて食うなと言われそうだが、海苔を活かすための調味料であってくれというささやかな願いなのだ。俺は世界に望み過ぎなんだろうか。
そして高級海苔の多くは海苔の風味を活かしつつの味付けにしてくれるので、とても嬉しいのだ。

ちなみにだが毎年百貨店の海苔福袋を買いあさって、高級海苔を試供がてらに多品種少量食べるという誰にも言えない楽しみを生きてたわけなんだけども、それが4月に切れてしまい、あと8ヶ月砂糖ベタベタな海苔で頑張るぜという時の高級海苔。900円もするのだ。というわけで今から2ヶ月はまともな海のコケと共生なる日々。

Tips-月曜日を憂鬱に感じない方法

551280

以前はあったのだけど、最近月曜日を憂鬱に感じたことが無い。
今日も感じなかったし(今日の朝考えたのは、今日も天気良いと嬉しいなあと今週の会議楽しみだなあ。ぐらい)一年前も感じた記憶は無い。(我々は月末が憂鬱なのだ)
とはいえ牧歌的に月曜日を楽しめてる俺サイキョーみたいな話を繰り広げたいわけではない。

これはコツみたいなものがあって、
・土日にあまりに楽しいイベントを持ってこない。
・土日に休みすぎない
・月曜日にイヤなイベントをつめ込まない。出来るだけ木曜とかにする。
・月曜日を感じさせるモノを見ない(笑点、さざえさん、鉄腕ダッシュ、情熱大陸)

その中に土日休み過ぎないというのが一番に思う、
逆にいうと平日頑張り過ぎないというのもひとつだ。平日の頑張りを少し下げて、土日に休み過ぎないように注意する。学校の授業も予習をすれば楽しかったように(やったことないけど)土日に事前準備をしてるとわりと楽しいのではないかなーっと。別に準備したこともないのだけど、日曜日でも水曜でも金曜でも、毎夜に、あー明日も楽しみだなあって思ってるので、これはわりと楽な人生である。(そりゃ憂鬱になることも多数あるが、軸は仕事とか休みではない)

そんなに時間がないので、軽い文章で申し訳ないのだけど、わりと訓練次第で何とかなりそうな気もする。そんなことよりあのクソな上司と顔を合わせるとか。何も理解しないしやらない丸投げ結果論でクレーマークライアントと喋ることが苦痛なんだよ!みたいなことがあるのかもしれない。ちょっとそういうのを考慮せずすまないんだけど。

でもさ、俺としては一緒に仕事をしてるチームなんかの環境はそんな体制を作りたいなーと思うところだ。楽しいというのもそうだけども、何だか大変だけども、ぼちぼち良い感じです。みたいな感じ。まあチャレンジしたいなと。全員が楽しそうな場が作れると、僕としては良い場が作れたなあと。自分としても少しは満足できるような気がするので、何とか頑張りたい。(でも既にみんな楽しそうだが、ハード過ぎておかしくなってるのかもしれない)