雑感-何を捨てるのか?

「欲しいモノがあるなら何を捨てるのか。」

僕が風来のシレン(SFC)から学んだ重要なことのひとつである。
白紙の巻物が欲しいなら聖域の巻物を捨てなくてはならない。そうですね?

まあ巻物同士で上位互換ってのは、例としてはイマイチかもしれないけれども、朝の脳なんてそんなものである。絶妙なツボと等価の杖を思いつくほどのパワーは起きたて酸素と糖分欠乏の脳には無い。ただ等価の例は思い浮かばなかったのだけれども、限定されたリソースにおいて何かを欲せば何かを手放せという生きるうえの原則である。
その対価が時間なのかお金なのか物質なのか感情なのか分からないのだけども、多くの事柄はそうだ。
そして僕が今、アホみたいに毎日毎日、考えてるのもそんなことである。

いまのサービスと未来のサービスの形と、考えて今何が必要なのか?今何を捨てるべきなのか?
というのはとても難しい問題だ。
当然サービスを回すためのリミット的な時間もそうだし、工数もそうだ。何でも出来るわけではない。
これはやらない。これはやる。これはやらないけど、後々やる。これはやるけど、すぐに辞める。これは一生やらない。やってしまったけど辞める。辞めると見せかけてやる。
などなど、ベースは何を捨てるのか?それでいて何を捨ててはならないのか?

いつも一緒に仕事をしている、まわりの人たちは僕よりも優秀で(謙遜じゃなくて本当に)「それは捨てるべきじゃないですよね?」とか「それは時間掛からないので実装しちゃいますよ」とか「まえ井上さんが言ってたのをやるってなると、データベースは同じにしておくべきですね」とかそんなことを言われつつ、うむむーと考える日々だ。

例えばね、
スタイリストとユーザーを結ぶコミュニケーション機能を実装しようと練り練りしてるときもそうだが、その目的は何なのか?スタイリストの目的は?ユーザーは?情報は貯める?流す?どう見せる?通知は?どこに見せる?など実際の機能にオンするという他との絡みが少ない機能であってもそうだ。この機能を入れるために、何かを捨てなければならない(別のやる機能かもしれないし、従来ユーザーに見せるべき情報かもしれない)

上記は開発的な部分だけど、以外にも運営にもある。
あまりボール磨き的な仕事は増やしたくないなーという思いを持ちつつ、当然全体から考えて全部作業無しというのは考えてないけども、大事な仕事にリソースを集中させる環境を作っていきたい。これも何を辞めるか?という話である。これは目的から外れてるコトなんじゃないか?という所の洗い出しである。

まあこのへんは性格的なこともあるもんで、いま未来の体制を洗ってると、やはりエキサイティングだなーという気がしてて、そのなかでやるべきことを外さないようにする。そのために捨てることを明確にする。という日々である。たまに間違って、大事なモノを捨てちゃいそうになるけど。それでも。

日々-社長の自己顕示欲なのかマーケの一環か

なかなか判断できず。
IMAG0584
マダム系に代表される企業系の自己顕示欲のなれ果てなのか。
高度なマーケティング戦略なのか。
確かにビジネスホテルの説明をされても記憶には残らないが、これはわりと記憶する人は多いかもしれない。
全国4万室を目指すというのも知らんがなの極めではあるが、やはりそこも記憶には残る。
高度なマーケなのかもしれないな。神田系マーケの香りにも似たマーケ戦術。

あと御堂筋線の心斎橋駅でのシャッター音がこれだけ注目を集めるということも記憶に残した方が良い。
変質者が近くに居るみたいな不穏な空気になり、これを車内でやった日には駅員呼ばれても仕方ないレベルである。
ただ不思議とスクショの音はみんな平気だったりするので、それらもあわせてご記憶頂ければ幸いです。
推敲なしにてアップ。今から堀江向かいます。

雑感-仕事ができる人とは?

仕事が出来る人って一体なんだ?というエントリー。
色んな自己啓発本では「逆算思考」とか「数値的感性」とか「チームプレイに徹する」とか色々あれどスタートアップではただひとつ。
これであります。

IMAG0582
※スラムダンク24巻より引用。

流川が豊玉高校戦で相手のエース南に言った一言。
「日本一の選手」というのは「チームを日本一に導く選手」。

いまチームhideki&Annaに居る学生チームがとても優秀でありまして、彼らは学生という枠のなかで,とても優秀に感じる。
彼らは基本的に目的を話せば、話が伝わる感があり、とても楽をさせてもらってる。

そんな風に彼ら3人は優秀なんだけど、そこは学生という枠の中の話なのか?社会人という枠での優秀なのか?という議論が必要に思う。そして僕の意見を書けば、僕は彼らを学生だと捉えたことってあまり無い。ということから考えると、彼らは湘北で言えば、小暮が入部した時と比較するんじゃなく(公立の新人としては優秀)即戦力であり、エースの流川と比較すべきなのかもしれないなと。

というわけで、流川と比較するならば、彼らはまだまだ足りない上述の流川のように。チームを日本一に導く選手(チーム)が優秀なわけだ。
そして、あの名言「俺達は強い!」に繋がる。キミたちなら出来る!!に。

なら俺は日本一に導かれる存在に。
安西先生とはちょっと違うかもしれない、たぷたぷの無い安西先生なんて、巨乳じゃない熊田曜子みたいなもんかもしれないけど、がんばるからさ。たぷたぷは無くても、座ってるだけで安定感あるよね。みたいに言われるようお菓子とかめっちゃ食うからさ。
ということで、本当に優秀ならプロセスじゃなくて結果にフォーカスし、チームの結果を出すを考えてほしい。流川にしか出来ない思考であり基準。
何卒俺を安西にのし上げていただけますよう(軍団の野間でもいいけど)
面白い企画が連続しており、何とか生産体制が構築したい、まずはチームの一番の結果はそこだ。

雑感-自信を持つにはどうすればいいか?

珍しく、誰かに向けたエントリーでも。
日々色んな人に色んな強度で話をしてるので、口頭は辞めてテキスト化。

me

僕のまわりには自信が無い人が多くて「自信をつけたい」という話を聞くことが多い。ということで自信とはなにか?というエントリーを。
自信というモノは「今日は自信持ってこかな?」とか「明日から出張だし、自信置いとこ」のような荷物みたいな話でもなければ、「今日会議あるし自信入れとくか」みたいなエナジードリンク的なモノでもない。自信がある人はあるし、無い人は無い。という代物である。
自信が持てない人にとっては自信ってどこに行けば売ってるの?ってモノのように思う。

話のまえに、まず「僕は自分に自信があるのか?」考えてみたのだけど、多くの人と同じく限定された小さいなところではあるが、ある領域には自信があるし、無いところは全然無い。話は仕事に絞ると、僕は自分がやったことが無いことに対して、あまりネガティブに考えたり、「出来ないだろうなー」と考えたりしないので、そういう観点で自分に自信があると言えるのかもしれない。

もし自分が自信があると仮定すれば(人からは自信が無さそうと言われますが)
僕はどこで自信を持ったのか?と考えてみて、思い出すのは、
小学校低学年の時に、近所を自転車に乗ってたら、近所に住む年季の入ったトレーナーを着た、歯が成人男性の平均本数には明らかに満たないであろうおっさんに呼び止められ、僕の自転車の泥除けに書いてる名前をみて「いのうえだいすけか。オマエ、大物になるよ。」と力強い口調できっぱりと言われた。
とても強い口臭だったことをあわせて記憶してるんだけど、これは僕の自信の源になった。
「そうか。俺は大物になるのか」と迷いもなく、そのオッサンの話を信じてしまった。それから自分は大物になるんだー。と思いながら行動することになる。

僕はこれが自信の本質を表すと思う。
そもそも自信というのは、こんな風に「根拠の無い」モノなのだ。
何となく「自分は出来るんだろうなー」と漠然と思えるかどうかが自信である。

ただこれは、僕は元々幼少期から他人に否定されずに生きてきたからオッサンの一言を100%受け入れたわけで、幼少期からまわりの人に否定されて過ごしていくと、なかなか自信が持てない人に育ってしまう事は多い。

そういう人へのアドバイスはシンプルである。
「根拠の無い自信」によってドライブされるは「出来るか分からないけど、取り敢えずやってみよう」と思う気持ちである。
はじめは出来なくても、出来るまでPDCAを回せば、多くのことは最後は達成できる。出来る出来ないよりも、合理的にまずやってみた方が良い結果になる確率的に多いということになる。そして何らかの達成がされると、その自信が「根拠のあるモノ」に変わっていく。自信が無くて「この行為を達成できた」という事になる。その繰り返して、自信の有る領域を人は増やしていくのだ。
そうなると幾分生きやすくなる。自分の生き方に確信を持つようになる。

ただそれと同時にアドバイスするならば、その自信は「限定された領域の能力」に紐付けるのではなくて、「未領域のチャレンジした自分の行動」に紐付けてほしい。ある領域だけの自信だと、常に新たなチャレンジが出来ない。出来ないことにチャレンジすることこそに自信をもつ。その繰り返しで自信の領域が増える。そうなると新しいことのチャレンジが楽しくなる。

僕はまだ道の途中なんだけど「誰かの超楽しいコーデって、絶対売れるやろ?」という何の根拠もない思いつきからスタートしたチャレンジにアタック中だ。

とはいえさ、
誰がなんと言おうと、やっぱり上手く行くような気がするのだよね。間違いなく。

ヒマ-内田光子さん

皆さん、内田光子さんは好きでしょうか?
僕は結構好きでして、まあクラシック全然詳しくないので、気に入ったのを色々と入れてるわけなんだけども、モーツァルトのいくつはほぼ内田光子さんだったりしてます。

そしてたまにYouTube見ながら仕事もあり、先日初めて内田光子さんの演奏してる所を発見。
内田光子さんのモーツァルトの弾き振り。(弾き振りする指揮者って珍しいですよね。バーンスタインぐらいしかイメージ無い)
にしても内田光子さんのすごい。東洋の魔女に見える、3桁ぐらいの魔法は扱えるような。低級魔法ぐらいならツインで使えそうな勢い。彼女の超絶な安定感は魔法なのかもしれない。行く所行かない、抑えるところ絶対抑えるみたいなシステマティックな演奏は。

顔の表情も指揮のひとつのツールだとは思うのだけど、これは凄すぎる。
梅干し食った顔→ブリザド→私のプリン食べたやろ?→ちょっとだけ静かにして→何か生まれる→生まれたモノを見て笑う→梅干しというループ。開始15分ぐらいでコンマス笑うという。それぐらいの破壊力。14分ぐらいを是非。彼女は指揮をしながら目を瞑ってるけど、間違いなく全てが見えてる、多分三人称視点で斜め上からホール全体を俯瞰で捉えてるんだろうと思う。

いやあ、結構好きだったのに、くそー。大ファンになってしまった。コンサートなんてとてもじゃないけど取れないんだろうな。
内田光子さんのコンサート行きたい。

ヒマ-女性が好きな店

先日はてブ眺めたら、増田の記事で。

「飲食店の評価は「男性は加点主義」「女性は減点主義」らしい。
男性は「うまい」「安い」「量が多い」など、一つでも長所があれば、他は短所だらけでも、その店を評価する。
一方、女性は一項目でもマイナスポイントがあると、他がいくらプラスでも、全く店を評価しない」

引用:男性は加点主義、女性は減点主義 (お店の評価も、異性の評価も)

というのが。
なるほど。面白い、ふむふむ。
これまで、僕はわりと女性に囲まれた生活をしてきており(別にモテとかじゃなくて、環境として)生活の中で女性と接する機会が多かったように思う。
難しいジェンダー論は置いといて、確かにこれはあるのかもしれない。ラーメン屋で並んでる人も吉野家も、場末の居酒屋も、スナックも、基本的に女性はあまり居ない。
改めて自分でまとめておきたい所だ。
全然結論もまとめも無い内容でスイマセンが、ちょっと女性が好む店という視点が無く、あまり考えてなかったなと。
常に思う視点は、いかに差異があるかどうか?どこがオリジナルの仕組みなのかどうか?であった。

京都に住んでて、なぜこの飲食店に並ぶ?って店が何軒もあって(まわりには良い店が一杯ある)それも上記から紐解くと。たしかになあという事は多い。
女性はステキ環境と安全が担保されていてからのメシの味なのかもしれない。楽しくお喋りしてご飯が食べられるかどうか。男性はそのメシ屋が圧倒的に旨いかどうかを高いプライオリティとして設定する。
トイレが和式だったりとか、ちょっと不衛生だったりとかで、店主が昭和頑固な感じだったりなど。どうでもいいことだと思ってたりするのだ。

日々の会議をしてて、会議のあり方や物事の決定はロジカルであり、ロジックと改善が紐づくわけなんだけども、そのロジックに、女性特有の論理は必要なのかもしれない。
ただ私的なことを言えば、女性特有マーケは凄く苦手で(女性向け家電の女性開発チームみたいなの)薄い話のように思える。
Aというコンセプトだからここはパステルカラーにしよう。という話は理解できるが、女性向けサービスだし、パステルカラーカワイイし、女性パステル好きだし、パステルカラーにしようは、納得がいかないモノだ。ただですね。ただただ視点は必要なんだろうなと思う。(Annaも男性が作ったサービスっぽいと言われた)
というわけで、以下の通勤のために毎週の購入本にて。
今回はコピー系の本を買うのを辞めて、女性マーケ的な本をゴソゴソ購入。

彼女はなぜ「それ」を選ぶのか? パコ アンダーヒル
「ワタシが主役」が消費を動かす?日野 佳恵子
彼女があのテレビを買ったワケ?男がわからなかった 女が商品を選ぶ本当の理由 木田 理恵
どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?―現代将棋と進化の物語
もしドラえもんの「ひみつ道具」が実現したら タケコプターで読み解く経済入門

上2つは大体読めて、視点として無かった部分は結構あった。
女性が求める家電量販店とか。女性がもとめるホテルのあり方とか。
そんな所まで意識しないと。だ、、男性がベルボーイなだけでウンザリするとか。。
暇があればまとめよう。ふむふむ。
後半はおもいっきり趣味の本を購入。2.0梅田さんって知らない間に将棋の人になった感じですねっと。

日々-暇つぶし

危ない趣味のように思える、最近の暇つぶし。
何というかカテゴリかわからないのだけど、リズムにあわせて無意味(に聞こえる)な単語のみを繰り返す音楽ってあるじゃないですか(ひっぷほっぷのことかああああ)

例えばダフトパンクで言えばharder better faster stronger
PVをリンクにしようと思ったけど、こっちのが分かりやすい。

仕事で疲れた帰りの電車で「あーもう何も考えられない、本を読むパワーは無い。でも覚醒してて眠くもない」という時に、daftのこれを。
このリズミにあわせて何かに縛った単語を繰り返すという暇つぶし。
これは古今東西をするんじゃなくて、リズムにあわせてタイミングよく単語を入れるという感じ。
例えば「色」で縛るとして、音楽に合わせてタイミングよく「赤、赤、青、赤」を言う(脳内で)。そしてたまに赤とか青のベースカラーに「むらさき」とか入れる。そして自分で「このタイミングで「むらさき」入れるって、俺脳が疲れててもセンスあるな。」とか「レッドって。英語て。京阪で英語て。」とか1人脳内でやってる。

まあ怖いってのは認めるとしてもね。
これわりとやってると回復するというか、何か頑張ろうみたいなポジティブな感情になるんですよね。これ。
ちょっと難度を上げるなら、タイミングで言う単語は「寿司ネタ」なんかもいける。別に「巨人の選手」でも「元素記号」でも何でもいい。「素数」なんて最高(ウソ)
感覚としては卓球のラリーみたい(ラリー続いたことないけど、多分そんな感じだろう)
もしかして禅なんかと同じ作用があったりして、帰りの満員の電車なんかでもリフレッシュになる、オススメ。ただ物凄く音楽に乗っちゃうことがあるので注意が必要だ。部下に満員電車で縦ノリを見られたら日には部下からの定年まで懐疑の視線を頂戴必定である。ご注意あれ。

harder better以外にはjusticeのD.A.N.C.E.何かもそうなんだけど、

テンポが早すぎてついていけず。俺の脳パフォーマンスでは対処出来ません。まあちょっと違うんですけどね。もう少し無機感欲しい。

何がいいのかな。もしそういう音楽ご存知でしたら共有して欲しい。
当然ながら男女男男を求めてるわけじゃないので、ご理解ください。あれはルイージが最強だと思ってます。

日々-大きく出ない

今年の後半ぐらいから心がけてる事がある。
それは、「大きく出ない」ことである。
大きく出ることによりメリットよりも(例えば大きめ案件が受注できるとか、業界で注目される)よりも、大きく出ることで自分も相手も疲れるということが多い。

自分の仕事のやり方は、目標だけはブレない(ビジョンでも何でもいい)ようにしつつ、目の前のことをコツコツやる。プロセスを楽しむ。(プロセスが楽しくないならやりたくない。続かない)というような考えだ。あれー気づけば、わりと進んでんじゃん。みたいなのが好物である。
仕事としてプロセス自体が楽しいので、責任者として数値は見るけど、ベースの考えは、そんなのである。まあ今まで仕事で頑張った経験なんてあまり無いのだ、もともと。大体毎分毎秒プロセスをコツコツがベース、である。

そこに大きく出ちゃうと、とっても疲れるのだ。経営者ビッグマウスは飲むと言っちゃたりするので、これを無くそうとコツコツやってる。

ちょっと以下の写真を見て欲しいのだけど。

IMG_1287

IMG_1340

これは東京にてコツコツやってる新規事業であり、
もう大きく出ないホトトギスってなもんで、超静か。

つい大きくは出たくなるポテンシャルを秘めてるとしても、こころ静かに。
見てる人から言えば、知ったこっちゃない。というのは大きい。建築現場?ぐらいが反応だろう。

あとね、大きく出ないもうひとつのメリットとして、新規事業としても自分の本領が出てきて無くて、何かペースもまだ出せてなくて、モヤモヤが続くが、それもやっぱり仕事へのエネルギーなんですよね。大きく出ちゃうと、それを言っちゃうことで、まだ何ら達成もしてないのだけど、満足しちゃう弊害もあり。大きく出ないことで、そういうモヤモヤを心に抱えつつ、コツコツとやるのが大事なように思う。特に自分にとっては。正解じゃないとしても、性格として。

いや、ほんと何が言いたいのか分からないエントリーなんだけど、俺はコツコツ目の前のことを。長いレンジでモノを考えつつ。ひとつずつ。

写真-近所の動くモノ

緩めエントリーでも。
一軒家@わりと田舎の2014夏についての総括。
色んな動くモノたちがが日々、狭きで色々アタックされて、飽きない。
苦手な人には辛いけど、平気ならわりと楽しい。

まずは

IMG_1499

クモ。
これがデカイ。ただクモは行ける人は多いはずだ。
見てると、この網を張って待つ感が、何か応援したくなる。
ピタリとも動かずに罠を張り、ただひたすら待つ日々を見てると、この我慢強さ、仙人感、逆張り感がたまんない。
ただガタイがデカすぎるので、家に潜入されるとイヤなので、侵入がお断りしつつ、眺める。

IMG_1498

あと気づいたら蜂の巣がいくつもつくられ、まあ凄くおとなしいので良いのかなと思いつつ。昼間は動く動く。
(他の家の迷惑になるかもで巣を壊すのが正義なのか悩みつつ)
多分足長蜂で、何だか気が弱そう。

IMG_1496

家にある木が金木犀と判明。
秋と言えばで、今が良い感じな。匂いがわりと強いのだけども。
そしてこの下にも蜂の巣。木の下に自転車を止めているのでビビりながら。
そして色んな動くものをうちに抱える木。樹の下にもカニやら蛙やら色々。家に蛙は嬉しいが、鈴虫同様わりにウルサイ。

IMG_1501
動くといえば、風鈴も、そのひとつ。
今年の夏も全然暑くなく、京都の夏を毎年潜ってるが、みんな京都暑い暑い言い過ぎな気もするので、わりと大丈夫である。
寒さはガチだが、アツさは平気。そんな認識でOK.ただ寒さはマジでガチ。大阪や兵庫と体感4度は違う。比叡山のせいと思ってるのだけど、真偽不明、動けない地域。

IMG_1502

あと朝一、近所でパンを買って、動く野球を見るのも、わりと行ける。
今回見てる試合は、最後四球満塁からの逆転さよならという激的勝利。
子どもたちより父母が乱舞。

IMG_1470

あと我が家の動く代表。
毎日元気で動いてますよと。