雑感-学びに関して

人が何かをきちんと学ぶには、ある程度痛みを伴う必要があると最近考えるようになった。
日々生活をしてて、毎日こんなに色々あるのだなあ(棒)というほどに色々な出来事がある。精神的にググっと来たり、肉体的にググっと来たり様々なグラデーションや強度で問題と痛みは存在する。そしてその出来事の中で、大体が強い痛みがあることから何かの気づきを得てる気がする。

そんな痛みの中で、最近学んだことは「大事なことは誰も知らない」である。
文字にするとシンプルだし何ら捻り無しなんだけど、いろんな末に感じたことであり、なかなかテキストで書くとふーんという感じで。難しいところではありますが。まあ痛みの末に得た学びだ。

でもですね。こう自分で痛みこそ学びと思ってはきてるのだけど、あわせて僕はドイツのオットー・ビスマルクが言ったことを思い出す。
「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」ってやつですね。
この格言に習えば、その思いは、おもいっきりの愚者思考でありまして、井上残念な気づきでありますが。
歴史から学んだだけで人はそのリスクを回避出来るのかなかなかに謎であります。

本当に人は他者の経験によって学べるのか?非常に難しい問題で、他人の失敗でも歴史的大失敗でも誰かの不倫でもそれらのディティールをいかに細かく説明され、人からの失敗の変遷を聞かせれても、それによって自分は同じ過ちをしないだなんて言い切れない。枝は違えど幹は同じみたいなこともありそうである。
そんなことを思ってたので、ブログを書くにあたり、ビスマルクさんの格言を細かく調べてみると、
正確なテキストはこうであった。
「愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている。私はむしろ、最初から自分の誤りを避けるため、他人の経験から学ぶのを好む」
これなら分かる。

それであればそうだと思う。出来るだけ人の経験から学ぼうとし。学ぶことを辞めないのだけど、それでも痛みは避けられないというのが真実なのかもしれない。
そして我々はそれで手痛い失敗をしてから、ようやく「そうだ、これはあれと同じなんだ」とそれらの失敗を自分の血肉として経験に置換できるのかもしないという気がする。
あと、そういう痛みを受けると同じカテゴリに属する経験についての理解を深め、その後も同じパターンの失敗は認識できることが増えていくようになる。以前までは何ら気付きを得なかった事象や出来事からも何かを読み取れるようになったりする。そういう方法であれば他者の経験からも学ぶことは可能だ。

あとさ、思うのは、痛みによって学ぶ。というのは、別の意味で言えば、痛みって抜けると、もう痛くないんだよね。ってのも真実である。
今になってみるとみたいな。
そしてある種の痛みはその後もずっと記憶に残るので、それら含めて経験となる。いやはや大変である。

Tips-知らない仕事の取り組み方

仕事をしてると知らない仕事が降り掛かってくることが多い。
毎日がそうとも言えるし、とはいえ違うように見せかけて実は大体同じ仕事とも言えるような気がする。
その仕事自体は初だけど、大枠で言えばあれと同じだなみたいな事ですね。

そんな時に自分の仕事の取り組み方をご紹介。
役に立つといいんだけど、わりと独自にやってるので。

俺が最近やった自分の経験的に得意じゃない仕事というのを紹介しよう。
それは新規事業の広告まわりの仕事である。
成形ユニットという新規事業であり、そのなかの広告や営業が年末の仕事としてはボリュームであった。

そのなかであまりやったことがない仕事が連発して、
多くがサイト周りで、
・展覧会用のパンフレット作成
インタビューページのテキスト校正
動画作成(ページ最下部)

というのがあった。
まあ不得意ジャンルの仕事である。
自分が得意とする仕事は別のところであって(なんだろう?)、不得意なのは「デザイン」である。(綺麗に作るとか、ミス無くやる@経理などもあわせて不得意である)
何らかのデザインが必要とするところがあり、こういうのは不得意仕事であり、明らかに時間が掛かるであろう仕事である。

とはいえ新規事業のチームメンバーは僕よりももっとデザインが苦手そうなので、仕方ないので僕がやります。ということで全部の仕事を引き受けることになった。

こういうときのポイント3つある。
新しい仕事で外さないポイント3つ。

まずひとつめ
1、いきなり着手しない。

経験が無い人やら、スキルレベルの低い人がいきなり慣れない仕事に着手すると間違いなくドン臭いことになる。
かと言って構成を作ろうとかプロットだーとか言ってもやっぱりドン臭いことになるので、やらない。
まずは、それに掛けられる時間を考えることにしてる。
大体人間というのは自分を過信する生き物であって、慣れない仕事の場合、算段が付かないので2時間掛かると予想してると4時間掛かったりみたいなことがしょっちゅう起こる。
なので時間を予想するんじゃなくて、掛けても良い時間を決定する。
まずその算出方法はシンプルである。
この仕事によって、上がる利益という数理モデルを適当にモデリングする(でっちあげる)
と言っても難しい話じゃなくて、超アバウトな話である

例えば今回の展覧会は2万人MAXの会場で、そのうちブースに来るのは500人程度。
そのうちパンフを受け取ってくれるところまで行くのは90人。
そこから最高のパンフなら4人が注文、ダメなパンフでもテキストだけ抑えておけば2人が注文だなと考える。
すなわち客単価が1万にて粗利が5000円なら、このパンフに掛けて良い時間は3000円分だな。みたいなことを勝手にでっちあげる。(例えばですよ)

ならば俺が(俺様が)投下して良い時間は70分なり。
みたいなことを考える。
そうなるとできる事は、
・伝えるメッセージをひとつに絞る。(絶対抑える)
・それをメインに持ってくる。(そこだけ読ませれたら成功)
・裏面はテキストメインの形式にする。それで装飾をあわせる(体裁を整えるだけ)

ということぐらいしか出来ないなとなって、あとはそれをもとにどっかのテンプレートにあてはめていけば完成する。
んでそれのA案とB案をクライアント(もう一社一緒にやってるので)に出して、どちらかを選んでもらう。この選ばせるのがミソで、これで相手の納得感は十二分に上がるのだ。
人は絶対的な評価よりも相対的に評価するもので、、、とか書いてるとまずそうだし辞めよう。

んで後はデザイナーに修正依頼を掛けて完成なり。掛かった時間は30分、デザイナーやり取りがちょっと長引いたので+70分ぐらい。
なお完成したデザインは自分でも、70点ぐらいかなーという出来であり、まあ完成である。
次回からパンフはもうワンレベル早く出来る自信があるので、次からは35分となる。
これをもう3時間掛けたところで得られるのは、ひとりプラスの注文なので(100点のパンフなんて作れないし)頑張っても仕方がない。
というよりそれで1回出して反応を見て、再度細かい修正をする(出来れば新規事業リーダーが)という方がクオリティが上がる気がする。

2,自分で考えない
何というかマネる。そもそもデザイナーじゃないので、一から考えるにしても何か参考にするしかなく、それならもうマネするのが一番早い。出来れば2つのモノから真似るのが良い。
まず昨今、記憶力の価値が下がって久しい。記憶するよりも何が必要なのかを検索する力が重要だ。
検索せよ。そしてパクれ。そこから自分たちのエッセンスを付与せよ。
なら道は開かれん。

こういう仕事をグリグリやってると思うのは、今の時代の思考の価値というのは「考えること」が大事なのではなく、「考える必要があることだけを考えること」が重要に思う。
え?そんなこと考えてんの?という所で人は悩んでたりするので、これは明らかなリソースの無駄使いである。そして既に答えがあったりするので検索のが早い
上述したでっちあげ数理モデルを使って、一番係数として伸びるポイントを考えるべきに思う。

3,結果を共有しとく。

これは事前と途中と最後にて結果を仕事仲間と共有する。
まずは事前に「この動画は取り付け方がわかればOKなんですよね」をして、途中で一度見せて結果を確認する(これでOKと聞きつつ)という感じである。
上記の動画なんて超ロークオリティであるが、作成20分であります。初めてのビデオメーカーだったので苦戦したがそれぐらいである。
商用OKのフリー素材の音楽を拝借させていただきまして、テンプレートに沿って動画を埋め込むだけ。あとはロゴで締めればOK。という。
変に装飾すると仕事がどんどん長引くのでやらない(んでやっても結果に繋がらないのだ。ディティールに神が宿るとか言ってるのはプロダクトに限る話だ。パワポのディティールなんて汗と工数しか宿らないのだ)

という点が新しい仕事の3つのポイントかなと思う。
コレは成果にコミットしてるからの仕事のやり方であり、上司に評価される立場の人は思考の後のが大事なのかもしれない。そういう場合も上司の思考の癖を見抜いてそれにそって、高速で仕事を仕上げるのが大事。仕事の結果と同じぐらい仕事の成果の見せ方もとても大事であります。多くの仕事は誰かの評価によって成り立つので(お客さん含め)そういう見せ方も大事なので、そこらも上手くバランスを取っていって、空いた時間で自分の強みをもっと強みになるようやってくと良いんじゃないかなと思われます。

あとですね。本ブログの締めとして、会議の終わりに僕に対して「ブログ書かない言い訳ばっかり」だとか「新年会よりブログ書け」だとか、わざわざメールで「ブログ更新してないってお忙しそうですね」みたいな嫌味まで頂戴したのだが、想像するに、誰もブログなんて楽しみにしてないのは明らかであり、各自井上を追求したいだけの意図に思える。
とはいえ、書けと言われると来世まで書きませんとか、言いたくなるもんですが、実際あまりに書いてなかったらエントリー出来ないんじゃないかしらんという思いもあり、エントリー化。バタバタエントリーですが、わたくし慣れない仕事の連発ですが日々頑張ってますよっと。
というわけで極寒の自宅からは以上です。

日々-寒さと文章

会社に行こうと思うも、ちょっと雑用を思い出し寒いパソコン部屋の全然触ってないパソコンを起動。そして雑用も終わり、そろそろ向かおうかなと思うもさすがにブログ書いてないなと。

今の俺の状況として
・仕事がしたいので早くブログを切り上げたい。
・寒いので早くブログを切り上げたい
・天気が良いので早く外に出たい

というところだ。
すなわち躊躇なしの3行ブログを更新となるが、3行だけで軽くオチをつけられるようなエントリーを今持ちあわせていない。
俺の手持ちの脳内エントリーと言えば、かれこれ半年以上煮こまれ続け具だけを追加されてるおでんのようにギトギトに凝縮されたお題のみだ。多分気軽に昼飯に食べようってモノじゃなくて、おし!おでん食うか!みたいな気合の居るものと推測する。
それでも緩めの持ち合わせから、「面白いゲームとは何か」を選び、まとめようかなと考えるも4000字は超えそうに思え断念。

以外のエントリーとしても、最近の日々の生活で若い男女と話す機会が多く、最近の若い人が彼や彼女をほしいと思わないについて書きたいと思うのだけど、これも結論が無いので、ひとつひとつ仮説を積み上げるとなると1時間コースである。とても今の状況にそぐわない代物だ。

あと何があったかなと考えてみるも、昨日は昼過ぎに家のカレンダーが無いことに気付いて、急いで近所の雑貨店にカレンダーを買いに行ったのだけど、これもなんとういうか書きたいことは多いのだ。カレンダーの種類による人生の変化についてとか。カレンダーのインターフェイスのありかたとかね。こういう自分のような、いちいち書きたいことが多いというタイプの人生はまあ大変なのである。ちょっと箸休めのキンピラなんかは存在せず。常にトンカツであり、カレーライスであり、豚骨チャーシュラーメンであります。

仕事に関して書こうかなと思うも、最近の仕事は初めて尽くしの事が多く、簡単には終わらなさそうなエントリーである。
そして俺がこうブログを書きながら、今何かを思ってるかというとこうダラダラと書いてたら、何らかの良き帰結なり結論なり後がよろしくなったりするのではあるまいかと。ただ現状、何らそのシルシは見えない。光明が見えないどころか。ドンドン薄暗い森の奥に歩いてるような気がする。

多分僕はここでタイプを辞めて、光の有る外に飛び出すべきなんだろうという気がする。ごきげんな音楽を聞きながら電車に乗って、昨日買った世界に影響を与えた10台ゲーム機という文庫本を読んで、そして会社について脇目も振らずにガツガツ仕事をして、でもガツガツの割に大して実りのない結果を手にトボトボと家路につく1日を過ごすのがピッタリなような気がする。このままブログを書き続けて、そのエントリーがホッテントリに乗って、2015年初のアルファブロガー(今でもそう呼ぶのかしらん)となる可能性なんて一切ないのだ。

基本的に、人生とは勝ち続けることが出来ないモノである。いつか自分の負けを悟ることが人生の目的と言えるのかもしれない。
それであれば今ここで、タイプをしたがオチをつけることが出来なかった自分の能力に気づくというのもひとつの実りであり、帰結のような気もする。
もちろんこのエントリーをアップしなければ、その負けは誰にも見られることは無い。僕はまだブログでは負けてない、ただ最近忙しくて、ちょっとパソコン部屋が寒いから書いてないだけのオトコとしてのポジションはキープすることができる。

僕がどちらを選んだのか、それは今このエントリーを読んでるアナタだけが知っているのだ。

日々‐ブログが更新できない理由

シンプルである。
家が寒すぎるからだ。
他の部屋はまだしもパソコンがある部屋だけが、段違いで寒い。
寒くてもエントリーをあげようという程に書きたい熱があるわけでもなく。
今は事務所で暖かく仕事ができているので、ブログでも何でも大丈夫だが、事務所だと仕事がしたいという。

ただ書きたいエントリー多い。年末ぐらいに久しぶりに見た千と千尋が面白くて、それの感想も書きたいし。ゲームのエントリーもたまには書きたい。
とはいえ寒さには勝てないので、雪解けを待つ日々。

ただ2015年更新も無いのも生存してるか微妙っぽいので直近の写真にて茶濁し。
家付近写真。本当に寒いですねと。60年以上振りの大雪らしく。

IMG_2080

IMG_2077