日々-文章を書くこと

昨日のエントリーでヒマがあればブログを書きたいと書いたのだけど、文章を書くというのは良いエクササイズに思う。

日々ビジネスの世界で生きてて、毎日ビジネスライクなやり取りが続く。何度も何度も繰り返し続く。大体の構造も理屈は似てる。そういうビジネス的な枠組みから思考を少しでも外に置いておきたいからというのが文章を書く理由だ。
自分が資本主義のシステムの中で貨幣を媒介にした交換システムだけで毎日を過ごすと、意識も思考もどんどんプラクティカルになる、効率的になり、合理的になる。
その思考は思考でとても大切だし、もっと研ぎ澄まさねばというところがあるが、ただそれだけの一本槍な日々が続くと、それはそれで単調だし、自分としても飽きる。

なんというかもっとどうしようもない文章を書きたい。ベトナムに行ったこと無いけどベトナム旅行記を買いたり、読んだことないけど火花の読書感想文とか書きたい。初対面で童貞かどうかを当てる3つの質問とか書きたい。歯医者に行って歯科衛生士に舐められない3つの方法とか書きたい。そういう適当な文章を書いてるとプラクティカルになりつつある自分の意識を自分の地べたに結ぶことが出来る。

その文章は、できるだけ感覚的でフィジカルな文章がいいと思う。
腹が立ったら腹が立ったことを(お客さんが見てるかもなんて気にしない)嬉しかったのならば嬉しかったことを(優れたリーダー論なんてどうでもいい)、悲しかったら悲しいことを書く(ウィークポイントぐらい開けっぴろげでOK)。
そして安易に一般論化はしない、何かにカテゴライズしない、出来るだけ相対化させていく。まとめずに、決めつけずに、整理しない。

そうすることで意識の安定の重しになるし、自分の意識がクリアになる。
これが僕の文章を書く理由であり、休みに大量の時間をどっぷどっぷとテキスト作成に勤しむ理由に思う。
それが自分の休息となり、自分の安定となる。うまくいけば(うまくいかないことがほとんどだけど)。

そしていつも文章を書いた時は書き残しも書き過ぎもないように思うが。あとあと読むと、センチメンタルに寄り過ぎたり、文章がダメすげて落胆するのだけど、そういう当時の心持ちに気付けるのも文章を書くメリットである。ノッてる時はノッてる文章になるし、心が冷えてる時は冷えた文章になる。それを読み返すと当時の心の様子がありありと思い出される。
毎日のエクササイズとして。岩盤浴やヨガや座禅や写経でも、エクササイズだと思われる行為のひとつにテキストエディタに感情を直書きも入れても欲しい。とても有効な回復手段に思うのだけど。

日々-いましたいこと

いまブログを書きたい。まとまった時間を作って、無駄記事を書くにどっぷどっぷと注ぎたい、なんだったら1日休みを使って10記事ぐらい書きたい。自分の中で日々アウトプットの量が多すぎて、思考がフロー状態でグビグビ流れてるような感覚がある。その流れ落ちる状態に抗うように少しでもアウトプットをためておきたい。一旦、立ち止まって色んな事を古めかしいテキストエディタを使って、大量のテキストで画面が真っ黒になるぐらいの文字量でエディタを埋めたい、
卒業式に、グラウンドの隅に深い穴を掘って、みんなで使った落書き帳とか写真とかそんなのを投げ込むみたいに、いま思うことをブログスフィアの片隅に投げ込みたい、いまの思考プロセスを経るのはいまだけに違いないのだ。そういうホットな心持ちをほかほかの状態で保存したいと思う。
でも本当に休みが今1日貰えたら1日寝てるようなきがするので、結局そんなに爆裂にブログを書く状況になるのは、今の状況が一段落するのが先だ。すなわち多分1ヶ月後にはブログを書く日々を取り戻してるだろう。1ヶ月後には毎日うふふ言いながら大量のテキストファイルを排出してるはずだ。何が言いたいのか?それは1ヶ月後の11月24日に新サービスがリリースされるってことだよ。ったく。
新サービスリリースまで1ヶ月を切りました。引き続き粘ります。粘りに粘って、なんとかサービスをこの世に産み落とします。みんなの努力でなんとか。少々の難産で苦戦してますが。今しばしお待ち頂ければ幸いです。そして今も既に頭が回ってないので、このエントリーがまともな日本語で書かれてるか不明ですが。まあしつこさには定評があり、まあ粘ります。

雑感-墓の近くに住むメリット

photo-1441155472722-d17942a2b76a
できれば人生を通して色んな所に住みたい。
そのため今までも出来るだけ以前と違う住環境を選択していて都会から山に住んだり、川の近くに住んだり、湖の近くに住んだりしてきてのだけど、折々の四季が毎日の移動やランをカラフルに彩ってくれてとても楽しかった。一度の人生で4度美味しいみたいな感じでとても楽しい。
今まで住んでみて2回りぐらいの四季を見て、ようやくその土地の少しの腹落ちがあるような気がする。ここってそういう土地なのか。という。
ちなみにだけど、そのなかでもういちどどこに住むかと言われたら川の近くかもしれない。1日で川の流れを見るのはホッとする時間で、まあぼちぼち頑張ろうかなという気持になる。

さて今、どこに住んでるのかというとタイトルのとおり墓の前であります。
本当は海の近くに住みたかったが、仕事が忙しく、移動が無理めで諦め。
以前も墓の近くだったんだけど、今はもう墓の近くというか、目の前が墓であり、目の前だけじゃないな180度パノラマで墓が眼前にひろがる。目が覚めたら墓で、寝る前も墓である。
そんな墓ライフ。そんな生活をご紹介。

メリットとかは色々あるんだけど(家賃は安い)
一番は「諸行無常感」を感じることである。
そうか、みんな毎日ニコニコ話してるけど、結局は誰もが終わりを迎えるタイミングが来るんだなあ。どんなふうにやっても、やらなくても、何かを成し遂げても成し遂げなくても、まあみんな結局は終わるんだなあと体感する、視覚的にというかフィジカルに生々しく体感する。
そして50年も経てばざっくり半分の人がこの世から居なくなって、100年も経てば、ほぼ全員の人がこの世からいなくなることを思う。全ての人が一巡して、全ての脳がリフレッシュされる。
ちなみにそんなことを思ってると、他人から自分ががどう思われるかが、あまり気にならなくなった。
だって、どうせ100年後には何を思っても、誰もそのことを覚えてないんだろうと。

ただデメリットは、何か悪いことはしにくい。
悪いというかさ、日々、ランニングしてると、腸が刺激されるのですね、すなわち、言わなくてもわかると思うけど。オナラが出そうになるのね。
でもお墓でおならをしてもいいのかな?ってのが毎度思う。こんなに大量の人が寝てる前でおならしてもいいのかなと。
まあ、それを考えても、結局するけど、なんだったら何回もするんだけど、わりに気になるもんであります。
ただおならぐらい自由にさせていただきたいと思う人には墓ライフはちょっと向かないかもしれない。

あとよくあるのは。霊的な話でしょうか。僕は皆さんと同じく霊を信じないタイプの人間なのですが、いや信じないというより、
正確に言うと、どっちでもいいと思ってて。別に居てもいいし、居なくてもいい。僕に悪戯したり、足を引っ掛けたりしてこないならどっちでもいい。
居るかどうかは死んでから考えようというスタンスで(考えられるんですかね?)まあ何か見えるのか?と言われるともちろん見えず。見えるのは星の綺麗さだったり、墓を駆けまわる猫だったりぐらいのもん。

ただスピリチュアル大好きな人から言われたのは、墓の近くに住むというのは良いことらしく、特に金運がよくなるらしい。
まだその金運の兆しは全然見えないけど、こんなにその兆しって見えない?ってぐらいに見えませんが、まあ運が良くなるのであれば文句を言う筋合いは全然ない。しっかりとそのアドバイスを吸い込みたいなと。

そんなお墓ライフでありますが、とても静かでオススメ。
色んな人から色んなことを言われますが、よろしければ。

Tips-忙しいときの心と行動の遷移パターン

photo-1431538510849-b719825bf08b

皆さん、日々お忙しいですか?
僕は忙しかったり、ヒマだったりと色々です。
煩忙のビッグウェーブが月単位で来たり、来なかったりするのだけれど。
そんな日々だからこそ忙しい時期の心の機微や行動の変化を感じやすいもので、そんな心的な遷移模様をお届け。

忙しいレベル1
1、会社の隣の人の仕事量を確認する(お願い出来そうかな?と考える)
2,電車で化粧してる人を見て、それを俺が視認することで、
俺の脳のリソース消費する現状の迷惑は定量化出来るのか?と思索する。
3,ブログを書く際に、忙しいけどヘッチャラみたいな枕からテキストを書き始めちゃう。
4,ネットサーフィンが増田と夕刊フジのみになる。(ヒマな時はここにYahoo!とスタートアップ系メディアと小町とゲームニュースと教えてGoo)
5,飲み会のお誘いを受けると、忙しいけど何とかしましょう!と恩を着せつつ冒頭から参加する。

忙しいレベル2
1、会社の隣の人の仕事量を考えずに、大きな声で元気よく仕事を依頼する(大きな声でお願いすればやってくれるかもしれない)
2,電車で化粧してる人に同情する。
彼女も、毎朝上司に「パワポの文字サイズの違い」をミスとして指摘され、後輩からは「あー、はなりたくない」と言われ、友達から「彼氏が祝ってくれたサプライズパーティー」についての話を夜中1時に聞かされ、親から「選挙行け、そして帰りに実家に寄れ」というかわし不能の日曜コミット確定電話があり、Facebookで「うちのプロフを子供写真に変えたから見てみて」とLINE経由の既読からイイねという一連の既読スタートからの否応ない商人フローに巻き込まれし(ソシャハラ問題)、ふと自分の結婚相手の条件は働いてたらOKからフリーターもアリに変化した自分の条件に思い当たり愕然とした彼女に同情する。
3,ブログを書かないが、ブログの存在は忘れたわけじゃないぞ!と思うが特に誰にもそれを言わない。
4,ネットサーフィンが夕刊フジのみになり、それも野球の記事しか読まなくなる。梨田監督なあ。
5,飲み会のお誘いを受けると、無理ですわーと言いつつも、乾杯から参加する。

忙しいレベル3(忘我)
1、隣の席の人に気づかない
2,電車で化粧してる人に気づかない。
3,ブログを思い出さない。
4,ネットに繋がないので何も見ない。
5,飲み会のお誘いを受けると、少し考え、そして静かに頷き、開始時間10分前に参加。ビールを頼み、喋らずニコニコとみんなの話を聞く。

大体こんな感じが僕の忙しさの遷移における変化に思う。
皆さんの忙しさの心的遷移はいかがだろう。僕は以前まで途中に呪詛が入ってたのだが、それは入らないようになり、これが2015年の一番の成長。

仕事-ハードワークは必要か?

photo-1429032021766-c6a53949594f

日々、色んな所で仕事をしてるがハードワークの是非についての話は多い。
大体の意見は集約すると以下である。
否定派「能率が悪すぎる」
肯定派「こんなにチャンスがあって頑張らないのは意味が分からない」

否定派「大事なことがあればやる。ハードワークやってるのが偉い感じがウンザリ」
肯定派「時間しか投下出来ないんだから、時間を投下せよ。」

みたいな感じである。

何か色んなところでこんな議論になるので、一度ハードワークについて考えてみたい。
ハードワークは必要なのか。

まずは自分の話からすると、
現在僕は3つの新規事業をやってて、
リーダー職(経営者)がひとつ
フォロワー職(営業リーダー)がひとつ
参謀職(アドバイザー)がひとつ。
3つやってて「ハードワーク出来ません」では話にならない・・・って言いたいけど
別に3つやってても土日休みぽよ♪というのも可能かもしれない。何事も決めつけてはいけない。

僕としてはハードワークかどうかなんてどっちでもいい話だが、こういう環境だとハードワークに為らざる得ない理由がある。

まず第一に「新規な事業なのでどうしても知らないことが出まくる」というのが大きい。
朝一にルーティンこなして、新たな仕事にとりかかって、知らないことに一杯気づいて、夕方から打ち合わせが始まって、夜になって知らなかったことを調べる。そして翌日新しい知見をもってチャレンジする、そして知らないことがまた大量に出てくる。
気づけば間に合わなくなって朝7時に起きて知らないことを知るための時間を取るみたいになっていく。仕事ばかりだと思考が偏るので適当な書籍も読んでると気づけば睡眠が減って、飲み会が減っていく。

ただ逆に言えば
・知らないことを知らないままでいれば、別にハードワークしなくても大丈夫。
ということになる。

だもんで、僕は長い時間やってるけど、それってハードワークの問題ではなくて好奇心の追求だもんで、自分としてはそれは勉強ではなく娯楽である。
テレビや映画やゲームと同じ娯楽で、しんどいじゃなくて息抜きに思う。
だもんで別に飲みに行って楽しいならそうすればよく、飲みにいって経験を得るのも可能で(新たな知見でも営業に役立つは多いにある)それに人生(時間)を張れば良い。何に人生(時間)を張るかの話だ。テレビを見てるだけだと打ち手として勝ちにくそうぐらいであって、テレビ見てリフレッシュして明日から頑張るでも良いのかもしれない。

ただですね。いくつかハードワークのメリットってのがある。
そんなことご紹介。
・効率を追い求めやすくなる
というのもハードワークというのは、自分で仕事を見つけてきてしまうので、終わらないのですね。そうなると自分で圧倒的な能率と効率と効果配分を考える必要がある。

昨日の話なんだけども、あと45分で新サービスの説明パワポ(25ページ)を作るというのがあった。
きちんと作れば無理である、もちろん。
そりゃ綺麗に作りたいけれど、そんな時間は存在せず。
そうなると「良いパワーポイント」を作るのが目的じゃなくて「面接に来た人にサービスの良さを伝える」のが目的であり、
その人に向けた内容を精査して概要をまとめる、ならばこのクオリティで、この精度で、ここは転用してと大体の配分が見える。
これはハードワークしてると「必要な内容」が見えてるので概要さえ作ることが出来れば1ページ30秒の感覚で大きなテキストと写真が中心でまとめる。そして大事なのは流れで、空いた10分で練習を何度かする。そして流れを整える。これは物量をこなす必要があるように思って書いたが、能率的に働く人でも出来るのかもしれない。ひとつのメリットなのにどっちつかずで申し訳ない。

・仕事を人に無茶振りするのが上手くなる
終わらないから誰かに任せる必要がある。
ただ、任せるときは必ず仕事の目的はきちんと伝える。どんな成果が欲しいのかを明確にする。
プロセスをキミに任せるが目的だけは間違わないでね。という依頼だ。すなわち無茶振りである。プロセス欲しい人はごめんね。の心境で依頼する。ただそれらを何度か繰り返すと、僕がやるよりも良い仕事をみんな出来るようになる。暇だとつい自分でやっちゃうので、ハードワークこその無茶振り力アップである。

・改善の回す速度が早くなる
ハードワークというのは=打席に立つ機会が多いとも言えるので、凡人の俺としては技術が上がる確率は高まる。
もちろん打席に立つ機会が少なくても、そこは反省時間や次どうすればいいんだろう?と考えたりと濃密な時間を過ごせば別になんてこと無い。ただここはハードワークのデメリットでもあるのだけど、打席に立つ回数を増やすのが目的になりつつあるということだ。
目的は技術を上げてヒットを打つ確率を高めることだ。目的がついつい入れ替わってしまうので、そういう注意は必要である。一般論で言えば打席に多く立てば改善を多く回せる。次こうやってみようかなと。

ハードワークのデメリットもあって一般的なデメリットを箇条書き。
・友達減るリスク増大
・ビジネスしか知らない脳になる恐れあり
・若いころはこうだった。みたいなオジサンになる恐れあり
・なんでおまえらやんないの?とイライラな日々になる可能性。
・空気を読めない人になる可能性あり。
・婚期のがす率高し

などなど対人力の減衰がハードワークのデメリットでしょうか。

とか言いつつスタートアップでハードワークをしないリーダー(俺)というのは
・仕組み化をしてない
・仕事を見つける能力がない
・ルールを作らない
・未来が見えてない

のどれかなようにも思ってまして。決して本エントリーはハードワークをしない理由付けではありません。
サービスロンチ、ロンチ後の運営含めて、引き続き頑張ります。以上所信表明まで。