日々-ブログを書く日々ふたたび

われは企業家である。
もちろん、それはJ.シュンペーターが言った
「企業としてどう展開していくかということまで見据え、よりアクティヴに経営を進めていく精神を持つ人」と定義したが、その企業家の定義としてわれを認識いただいて結構である。

その精神を有するモノがわれである。

そんなわれであるが、この数年ほとんどブログを更新していなかったのである。
われのブログを定義付けるなら「人として、自分の人生の展開なんて全然読めないけれど、そんな転びまくる苦戦しまくる様子と感情を言語化しウェブに投下する」とする。ここ数年、それがさっぱり無いから、自分でもあの時、めっちゃ苦戦したけど、その様子って今となったら良い思い出じゃんね。みたいな過去補正美化モードになっておる。ここ数年全然良い思い出なんかじゃない。思い出しただけで、うぇーみたいな中華丼リバースモードな日々なのに、それがリバースされずにふかひれあわび丼旨かったなあになるってそれ残念であるし、その時の心持ちってさ、そのときしか無いやん?われでもそうやん?というわけであって、それをきちんと書き残しておきたい。

というわけで、更新の日々、復活である。
この企業家としてどう展開するかを見据えに見据えたわれのブログ、アメリカに行けば多くの人から「where do you point of View?」と聞かれるわれのブログ(mean is blog)定期的にブログを更新するのである。
要チェックである。カミングスーンでチェケラーである。サンサンタウンからナウオンセールである(尼崎の塚口の商店街)。まあさ、このわれという人称で文章を書き始めてしまって、こんな文章になっちゃったけどさ、次回から何事も無かった顔してさ、普通に更新すっからさ、またブログ見に来てくれよな。
スタートアップという魑魅魍魎が跋扈する世界において、普通の人が戦々恐々と腰引きまくりながら戦っていく様をありありと世間に露呈してやんぜ。世界中の人の頭の中の「及び腰」って概念をアップデートするブログにすっから、また覗きに来てくんろ!