食べログを使わないメシ選び

皆さん、日々食べログを使っていますか?
僕も毎週のように食べログを使っていたんだけども、ある日を境に使うのを辞めた。
理由として
食べログを使うと失敗しないからである。
食べログでメシ屋選んだら、まあ失敗しないのな。
高評価の店に行っとけば、それなりに綺麗、美味しい、コスパよし、接客そこそこ。
食べログはメシ屋選びに失敗できない人やデートでの利用がオススメに思う。

ただメシ屋というのは勝手にそこにあるものなんかじゃなくて、誰かが作りたいと思った世界を具現化したものである。
外観、内観、メニュー、食材、料理、接客すべてで、この店主はどんな世界を作りたいと思っているのか?
というのがまざまざと見える。
そして僕はスタートアップ界の住人で、常に自分の手で自分の考えた何かを世界に出したいと思っているからこそ誰かの評価で店を選ぶんじゃなくて、自分の目で見てメシ屋を選びたい。
メシ屋選びこそ「誰かの作りたい世界」を見る手軽な機会だと認識している。

街を歩いてて気になる外観の飲食店を見つかる。一見客が入れない感じであれば店名をメモる。
外観はいわゆるキャッチコピーである。うちのお店はこんなお店でんねん。というノンバーバルなインフォメーションである。何か感じるところがあればメニューを見る。外観とメニューの一貫性を確認する。もし内観が覗けるなら内観を見る。この3つの主張(外観・メニュー・内観)が衝突していなければ、店に入ることにしている。

もちろん訪問した店が美味しくないこともある。
ただこれは、村上春樹が言うように

「気持ちよく生きて、美しいものだけを見ても。感受性は身につかない。
世界は痛みと矛盾に満ちている。それでも美しいものを見たい。そのためには痛みに満ちた世界をくぐりぬけて、はじめて美しいものが見える」(井上解釈)

ということだ。

すなわち、
「矛盾の体験をくぐりぬけて、はじめて最高の体験が見える」

鶏もも肉を頼んだはずが、あれ?俺ササミたのんだっけ?(パサパサすぎる・・・)みたいことはよくある。
ただ美味しくないメシ屋に入ることは失敗ではない。
真の失敗は同じようにパッケージされた店で何も感じないことではないか。
美味しくなくても、少なくとも自分は良いと思った店に入った経験となり、誰かが考えた世界に触れることになる。
いやわかる、入ってみて、えーー。おでんもやってたんっすか!みたいなこともわりとある。

でもそれが楽しいのだ。
その事業家が理想の世界を作れなかったとしても、店内にその思いの残滓はあらゆるところで確認できるはずだ。
もしかして、この人はこういう世界を作りたかったのかもしれない。
でも色んな人の世界に触れた数こそが、きっとあなたのいつかの世界作りに役立つはずだ。