雑感-仕事をしている理由

スティーブ・ジョブズがシリコンバレーの存在理由は「世界を変える」ことだと言ったのだけども、ボクはシリコンバレーに何ら縁は無いのだけども、ボクも可能であれば一助を担いたいなと考えてる。根源的な動機として。それが仕事をする理由だ。

make

人はなんのために生きてるのか?というのはモラトリアム男子のテンプレなる問いだと思うのだけど、改めて、そういうことを日々意識しておかないとマズイんじゃないか。バカにしてると焦点を欠いたボヤっとした人生を送るのではないか?そう考えるようになってきた。日々生活してるとどうしても忙しさで易きに流れる。改めて日々なんのために仕事をするのか?を考えてきて思うことは「生きる目的は固定された事じゃなくて、動機に対して移りゆく自分の様式の差異にあるんじゃないか」と。すなわち、動機に対して日々全力を尽くす心の遷移に求めるべきことなんじゃないかと。思いに対して行動して、仮説を立てて、修正して、行動する。それが手応えを生み、充足を生み、充実に繋がる。その日々が続くとつくづく幸せだと思うし、続かないととても疲れる。

当然ながら「善き事」というのは、とても移ろいやすく不安定だ。
世にある凶悪な事件や戦争のいくつかは善なる動機からスタートしたというのは歴史にある通りだ。

だからボクはもっとシンプルに「誰かにとって良い場所をつくろう」と考えてる。
誰からも必要とされない人生を生きるのはとても辛い。誰かが誰かに必要とされるような場所を作りたい。
そして可能であれば、場を通じて報酬を回す仕組みを構築したい。認められて報酬が回る仕組み。

先日iqonの金山社長から「hideki陰ながらめちゃめちゃ応援しています!!!」とTwitterから言ってもらったのだけど、可能であれば同じことを考えてる人たちのムーブメントに我々もコミットしたい。まだまだ力不足にも程があるのだけども。それでも。

気づけば、我々のチームも10人近くになってきて、コーディネーターを含めると60名を超える。
とても大きな人数でありチームだ。そして今水面下でコソコソ練ってるのは、それを加速させる大きな動き出しで、とてもエキサイティングな試みだ。
ただそれと同時に大変な試みだという事も全員が理解してる。

それでも、生きる目的は自分が正しいと思うことにコミットすることだ。そう信じやっていきたい。
それに全力を尽くせるかが人生のクオリティに強く影響するはずだ。
今までもそれにコミットしてきたけど、あらためてきちんとコミットを表明しておきたい。

「make the world a better place」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。