雑感−凄く言いたいことと、少し言いたいこと。

本日弊社のサービス「ファッションレンタルleeap」がヤフーニュースのトップに掲載され(AERA様の掲載記事経由にて)、ウワサのYahoo!砲を体感しています。

そこでYahoo!経由にて本ブログにお越し頂いた人も居るはずで、

スクリーンショット 2017-02-27 18.06.48

このYahoo!のビッグウェーブに乗って一言言いたいことがある。

それは

Maggie Rogersめっちゃ良いってこと。
今年のフジロックに出るアーティストを全部検索して聞くという荒業をしてるときに見つけた。
このフィジカルに訴えかける肉的な音楽にノックアウトされ、最近よく彼女の音楽を聞いている。
民族的というか原始的なリズムとテクノロジーが融合され、そこにスウィートで張りのある声が乗り、一見軽いけれども、芯に残るズッシリと来る、最近のお気に入りであります。

というわけで一言言いたいことは言えたので、ちょっとだけ言いたいことも書きたい。

ヤフーニュースに当サービスを掲載頂き、本当にありがたく。
ただ特にシェアリングの波に乗ろう、メディア受けを考えてサービスを立ち上げたいというのではなく、紆余曲折を経てレンタルにたどり着いた。
とても泥臭い道のりだった。とはいえ淡々と書きたいので、以下。

▲leeap立ち上げまでの流れ
・3年前にコーディネータhideki(アゴが割れたキャラクター:興味あるなら検索してちょ)というサービスを運用。
・hidekiはオサレな青文字系女子(三戸なつめちゃんのような。)の古着コーデ一式を丸ごと買えるサービス。
・買い手もオサレコーデで嬉しい、青文字系のオサレな人も収入になりというビジネスモデルを立ち上げ。
・青文字系女子にはある程度認知されるも、モデルになってくれた子の毎日の生活にコーデ作りを組み込めず、コーデ量産の手を色々と考えるも古着一点もの&量産が難しいところでモデルとしての限界を感じる。わりに絶望期であり、おりに暗黒期であった。
・そこでコーデを丸ごと売るんじゃなくて、コーデを丸ごと貸そうと思い、レンタルに変更。
・あわせて女子はあまりコーデ丸ごとの需要が無さそうと思い(hidekiの男性版無いの?という声多し)メンズチャレンジ。

という流れにて立ち上がったサービスです。

そしてhidekiでもleeapでも立ち上げの基底に流れる想いは
「この世に無い価値を提供したい」というのがある。

leeapを運用し、お客さんより「ファッションを変えることで、自信が出来て、彼女が出来た」というご報告は既に何人も頂戴している。
以外にも「奥さんとの会話が増えた」「娘からカッコいいと言われる」「ファッションに興味が出てきた」という声も多く。
そういう声を聞くと、ついガッツポーズが出てしまうことがある。
人に見られると恥ずかしいので、小さな小さなガッツポーズだけども、そのガッツポーズひとつひとつにお客さんの声が乗っている。お客さんからの声で小さく拳を握らせて頂いている。

ついついスタートアップをやっていると足元の数値を追ってしまうところはあるけれど、僕としては、数値を横目では見つつ、一番はお客さんの声にきちんと向き合いたい。
コストももちろん大事で、オペレーションの効率化ももちろん大事なんだけども、お客さんが喜んでくれるためには何をすればいいのかというところを一番に考えたい。

そして今その想いを一緒に持ったメンバーが集ってくれてきていることが何よりも楽しい。
僕は出来るだけ前に出ずにみんなが楽しいような環境を作るところにコミットし、みんなが力を発揮し、お客さんに今まで無かった価値を提供したい。
もし想いを一緒に、仕事でガッツポーズがしたい。そう思う人は、ぜひ僕までご連絡ください。

大変なのは間違いないけれど、きっとガッツポーズが出るような仕事になることを約束します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。